名画の隠し絵

美術館にある名画には隠し絵がある。それは蛇の形をしており、人間を喰っている。

ルーベンス 「聖リビナスの殉教」 聖人の生産と神の鉄槌

退院後の安静療養中。医者からは力を入れる労働はしない事・車の運転は1時間以内とか制限を付けられている。未だに尿に血が混じるので言われる通りにするしかない。

この間にブログの方をどんどん進めるのが良い。人間の存在意義についての研究なので焦ってはいけない。中途で寿命が尽きてしまう事もあり得るが、出来るだけの事はしたい。

f:id:curlchigasaki:20220122154425j:plain

ピーテル・パウル・ルーベンス 「聖リビナスの殉教」 1633~35年 ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館(オランダ・ロッテルダム)

7世紀、アイルランドの宣教師リビナス(リヴィナス)はオランダでを布教活動をしていた所、異教徒が襲い舌を抜いて犬に食べさた。神は怒り、落雷を持ってその異教徒たちを罰した。ルーベンスはこの説話を聖リビナス教会の為に描いたのだと言う。縦414センチ×横347センチの大きな作品である。

画面下方、少し左寄りにいる赤いマントの老人がリビナスであるらしい。人々に押さえ付けられ、後ろの黒っぽい人(イスラム教徒っぽいターバンを頭に巻いている)が手にやっとこを持っていて、舌らしき肉塊を挟んで犬の前に差し出している。

画面上方では天使たちが怒りの表情をして、手にした鋭い光の矢を人々に向けて投げ付けている。人々は馬と共に驚き、混乱し、打ちのめされる様子が描かれている。

キリスト教の神は布教者に加害する異教徒に厳しい。暴力には暴力を持って報復する。そう言えばこの神は人間が自分の気に入らない状態だと、滅ぼしてしまうほどの短気な、怒る神であった。

f:id:curlchigasaki:20220122154441j:plain

この絵の全体図を小さくしてコントラストを付けてみた。次にそれをぼかしてみた。すると上図右端のようなイラストが描けた。空から降りて来て人々をバクバク喰う蛇の形をした神の姿が見える。聖書物語などの画題は関係ない。ただいつもの蛇神による食人の図が見える。

f:id:curlchigasaki:20220122154456j:plain

細かい所を見て行く。押さえ付けられる聖リビナス、口にナイフを咥えている男、切った舌を犬に喰わせる男、喰い付く犬が見える。

ただリビナスの表現が不自然である。足がどうなっているのかよく分からない。舌を切られたのならばもっと口が血だらけになっていても良いのではないか。

犬に舌を食わせている男は天使の鉄槌を与えられていない。絵の中心部で一番存在感が大きい。何ならこの男の方が聖人よりも画題の核心を表す人物であるかのようである。

f:id:curlchigasaki:20220122154523j:plain

上方の青年天使二人、幼児天使二人の表情。聖なる存在、神の使いとは思えない様な厳しい表情をしている。憎しみの感情を隠せてない。

f:id:curlchigasaki:20220122154536j:plain

画面の上半分をイラスト化した。二人の青年天使が光の矢を投げ付けている辺りに巨大な蛇の顔が見える。光の矢(黄色い光線)はその蛇の目から出ているのではないか。蛇の目には、見られた者を催眠術に掛けるような特殊な威力があるから、それを光の線で表しているのではないか。

三本の光線が見える。それらは全て異教の人々と言うよりも聖リビナスに向けて放たれているように見えるのはどうしてか。

蛇の両目からの光線・そして蛇の脳内からのテレパシー、これらを聖人に向けてダウンロードさせて教義を教え込む作業が同時にここに表現されているのかもしれない。聖人の誕生について説明しているようにも思えるのだが・・・・。

f:id:curlchigasaki:20220122154550j:plain

同じ絵をぼかしたり、コントラストを強めたりしてもう一度見る。蛇の目から、脳から光線が出ているのが見えるだろうか。この光線を、異教徒を懲らしめる為の怒りの鉄槌であると単純に見ても良い。

f:id:curlchigasaki:20220122155019j:plain

ミケランジェロ・ブオナローティ 「サウルの改宗」 1542~1545年 ヴァチカン・パオリナ礼拝堂

この作品を思い出している。キリスト教徒を迫害するユダヤ教徒のサウル(後の聖パウロ)が神の声を聴き、一時的に目が見えなくなると言う説話が絵になっている。この絵では神の手から発射された光線がサウルに向けられ、隠し絵の人間の頭脳に当てられていた。神の意志が一瞬でダウンロードされて「聖人」が誕生する瞬間が描かれていた。

これと同じ事がルーベンスのこの絵でも表現されていると思えてならない。

蛇神がどのように人間を洗脳し、支配しているかが表現されていると思える。すなわち地上での地位・名誉・財産を望む故に悪魔と取引をし、その悪魔の知恵を借りると言う事がこの絵の中の神からの光線で表されている。

f:id:curlchigasaki:20220122154604j:plain

「聖リビナスの殉教」下半分。最下段の人間たちを口に入れる巨大蛇の姿がここにも見える。聖人リビナスもここでは単に蛇神に喰われる肉塊にすぎない。悪魔と取引をしても結局は最後にこうなる事を表している。

f:id:curlchigasaki:20220122154616j:plain

全体図。画面全体を占めて大きな蛇神が見える。

f:id:curlchigasaki:20220122154631j:plain

もう一つ、こんな隠し絵が見えてしまうのは、僕の心が汚れているからなのか。性的な欲求が強すぎるからなのか。イラストでは青が男、赤が女である。

多くの名画の中に性的な隠し絵があるのは今まで見て来た通りである。それは人間の男女の性行為と出産か同時に描かれているものであった。神が家畜としての人間に望むのは、「繁殖」であるからそれを促す隠し絵があってもおかしくない。・・・・食糧としての肉を増やす為、「産めよ! 増えよ! 地に満ちよ!」と言う事である。

地上に人間が増えれば、多少見せしめの為に殺しても総数はあまり変わらない。雷で殺しても、戦争で互いに殺し合わせても、ウィルスで殺しても、産ませて増やせば結局同じ事である。