名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ダ・ヴィンチ 汚れ・描き損じ・未完成は作者の意図的なもの

今まで生きて来て何となくそう思っていた物が実は全く違う物だったりする。美術館に飾られている古い絵画作品の汚れ、破損、変色、退色が実は作者が意図して最初からそこにあったのではないかと思われる物がある。また未完成作品と見られている物だが実はそれも作者の意図だったかもしれない物がある。作者の意図を表すにはそれで必要十分だったのである。

f:id:curlchigasaki:20210726215552j:plain

レオナルド・ダ・ビンチ 「聖アンナと聖母子」1510年頃 ルーブル美術館

聖母の母親アンナと聖母マリアの顔だけを拡大した部分図。

二人とも顔に赤い絵の具が飛び散っている。作品の完成後に誰か他の者によって絵具が付けられたにしては二人の顔に自然に赤色が付いている。口の両側から血を滴らせ、顔中を血で汚しながら生贄を喰っている図であるとすれば納得できる。二人の目が冷たいのも頷けるし、二人の口に小さく牙が見えているのも頷ける。蛇の毒牙のように上唇に二本付いているようだ。

f:id:curlchigasaki:20210726215607j:plain

「モナ・リザ」 1503年~1507年 ルーブル美術館

口だけの部分図。 全体的に絵具のひび割れが見られるが、唇の右端に縦に白っぽい線が垂れているように見える。小鼻から続く線だが、この縦線が僕には先の聖アンナの口の端の血、または生贄の小さな人間に見える。口角が上がって見えるのは口の端に血が付いているからではないのか。よく見ると上下の唇の間に挟まれた何か、または二本の牙が見えているのかもしれない。

f:id:curlchigasaki:20210726215636j:plain

「救世主(サルバトール・ムンディ)」1500年頃 サウジアラビア(?)

髭の表現の中にこのイラストのような絵が僕には見える。頬も少し膨らんでおり、顎から下が血の色である。

f:id:curlchigasaki:20210726215652j:plain

「モナ・リザ」全体図。

下の方が暗く、不明確になっているのだが、特に左手の辺りはニスの光沢が反射しているのか、形がうまく捉えられない。この婦人は身体に大蛇が巻き付いていて、その大蛇が人間の手先を咥えているのが描かれている。だから両肘の位置が本来の位置よりも下になっている。婦人の両手は胴体と繋がっておらず婦人自身が喰われる存在である事を表しているが、さらに小さい人間を両手の辺りに捕まえて押さえ付けている。

左肘の辺りの不明確な表現は、複数の隠し絵を同時に表しているので捉え難くなっているのであって、修復の具合が悪いわけでは無さそうだ。

手指の描き損じに見える部分もそこに小さな人間が押さえ付けられた隠し絵であり、意図的なものであるらしい。

f:id:curlchigasaki:20210726215713j:plain

「荒野の聖ヒエロニムス」 1480年頃 ヴァチカン宮殿

描き始めで放棄された未完の作品とされるが、僕には作者の意図は十分に伝わってくる。この血塗られた生贄の祭壇上の人物はこのように血の赤一色で染められた画面でしか表現できないと思う。

画面手前のライオンは人間の身体で組み立てられている。その他にも人間の身体がそこら中に転がっている。この聖人は自分の心臓をくり抜いて出し、傍らの木桶に血を絞って注いだポーズをしている。彼は神に人間を捧げる補助者である。彼自身をも呑み込む巨大な蛇神も既に描き込まれている。これはこれで完成した作品である。

f:id:curlchigasaki:20210726215732j:plain

「東方三博士の礼拝」 1481年 ウフィツィ美術館

蛇神の化身・半身蛇のマリアが空からやって来て、地上の人間の幼児を捕まえて喰おうとしている図である。この絵も血塗られた生贄の祭壇の凄惨な現場を描いてある。

とぐろを巻く大蛇に襲われた小さな人間たちはほとんど抵抗することが出来ず、ただ喰われるだけである。

f:id:curlchigasaki:20210726215750j:plain

同じ絵をこう見る事も出来る。マリア以外の大蛇が三匹くらい集まって来ており、それぞれが人間に襲い掛かり、口に咥えて呑み込もうとしている。東方三博士はこの大蛇の事であり、喰われている爺さんたちではない。

 

辞書にそう書いてある、学校の先生から教わった、Wikipediaにそう書いてある、とか言っても簡単に信じてはいけない。世の中よほどしっかりと見定めなければ嘘を信じている場合がある。自分の目で見える事が真実であり、他人からどう誘導されようと自分の目を信じ続ける事が大事である。洗脳されないようにテレビは捨てる。絵を見る時はいくら時間がかかっても良いから見続ける、時には模写をしながら多角的に見る。そうすることで次第に真実が見えて来る。

 

ラファエロ 「ロレートの聖母」 幼児の手足をちょん切って呑み込みやすくする。

聖母子の絵がある。若き聖母マリアは自分のヴェールをとり、イエスにかけてやるが、イエスは幼いのでヴェールに戯れてかけさせない。微笑ましい聖家族の光景を描いた作品とされる。

f:id:curlchigasaki:20210722205923j:plain

ラファエロ・サンティ 「ロレートの聖母」 1508~09年頃 コンデ美術館 シャンティイ・フランス

後ろにいる夫ヨセフは、イエスの未来の磔刑を予想してか暗い表情をしている・・・・と解説される。

僕にはこの絵は全く違った絵に見える。食糧としての幼児を捕まえて来たので、今から殺し、皮をはぎ、手足を切断して呑み込みやすくして、蛇神様への生贄とするのだ。

f:id:curlchigasaki:20210722205938j:plain

イエスの眼が懸命すぎる。口の中に血だまりが出来ている。鼻の上に垂れて来ているのは毒薬か。まさに殺されかかっている者の必死の形相である。

鼻の上に掛かっている線は、絵の破損にも見えるがどうも疑わしい。板に油絵で描かれたこの絵の、この部分だけが絵具の亀裂を生じさせていると言うのもおかしい気がする。

f:id:curlchigasaki:20210722205955j:plain

ダ・ヴィンチの「聖アンナと聖母子」(1508年頃 ルーブル美術館)においても絵具の亀裂と見える線が、絵のど真ん中の聖アンナの口からマリアの胸元までにかけて続いていた。これは聖アンナとマリアが口から血を滴らせながら幼児を喰っている事を示すものであった。絵具の劣化・破損ではなく作者の意図した描き込まれた表現であった。

同じ制作年のラファエロの作品にも同じ表現が成されていてもおかしくない。

f:id:curlchigasaki:20210722210011j:plain

イラスト化しながらよく見てみると、上から水っぽい物が垂れて来ているか、鼻水が上に向かって流れているか、または身体を糸で操られているようにも見える。また鼻から魂が吸い上げられているようにも見える。

f:id:curlchigasaki:20210722210028j:plain

若きマリアの張りのある肌。しかしその目は冷たい。口角が少し上がって微笑んでいるようにも見えるが実際はどうか。

f:id:curlchigasaki:20210722210042j:plain

下唇の右側が途中から白くなっている。口の右側から何かが飛び出している。頬が膨らみ、顎の下に赤い血だまりが出来ているので、何かの肉片か皮ではないか。

f:id:curlchigasaki:20210722210057j:plain

夫のヨセフは全く生気が無い。

f:id:curlchigasaki:20210722210115j:plain

ヨセフの辺りのコントラストを強めると顎の下に赤い色が出て来る。この男も何か血だらけの生肉を口にしているらしい。

両手で傘を差すような仕草をしているが、何か自分の首に縄を巻いて首つりをしているようにも見える。または、この男は大工なので何かしらの大工道具を持っているのかもしれない。

f:id:curlchigasaki:20210722210133j:plain

この幼児、手足の付き方が本来の位置とは若干ずれている気がする。左手、左足、それに頭部の付き方もどこかおかしい。バラバラに見える。

f:id:curlchigasaki:20210722210201j:plain

マリアの持つヴェールは、上から降りて来た大きな蛇の頭である(イラストで緑色の部分)。

マリアの左手が持っているのはヴェールだけではなく、何かの刃物だろうか。マリアは幼児にヴェールを被せようとしているのではなく、幼児の皮を刃物ではいでいるのではないか。

f:id:curlchigasaki:20210722210219j:plain

全体図。マリアが何処からか幼児を捕まえて来て、台の上においている。左手に持った刃物でもって幼児の肌の皮をはいでいる(左手の先、中指から小指の先に、服の色とは若干違う赤色の刃物が見える。その刃先が幼児の右手首に食い込んでいる)。その皮の一部は自分でも口に入れている。

マリアの背後にいるヨセフはマサカリ(?)のような物を担いでおり、幼児の身体をバラバラに切断しようと構えている。

ヨセフの口の下には小さい人間がおり、マリアの左手には、別の生贄たちが捕まっている。大きな手がそこに乗っているのは何故だろうか。

f:id:curlchigasaki:20210722210237j:plain

少し分かり易く、単純化してみた。幼児の肩の下にはうつ伏せになった人間がいる。

白いベッドの所には大きな手が向かい合わせになって転がっている。これは何だろうか。ヨセフもマリアもいずれ手足をちょん切られ、呑み込みやすくされてしまう事の暗示か。

f:id:curlchigasaki:20210722210256j:plain

画面いっぱいに描かれた巨大蛇(青い輪郭線)。結局こいつに全てが喰われる。全てはこいつの為である。

人生、思うように事が運ばずに苦しむのも、生老病死全ての苦しみを強制させられるのもこいつがいるせいである。

こいつ以外の宇宙生命体もたくさんいて、地球を見ているはずであるが、人間がこんな悪魔的生命体に支配されているのを見ても何もしない。それは人間自身が魂の次元を上げる事が目的だからであろう。他の生命体に出来る事は無い。人間自身が気付き、変わらなければ・・・・。

 

ラファエロ 「キリストの変容」 奇跡は所詮まやかし、家畜化を勧める為のもの

この作品にも神の姿がはっきりと見えている。

f:id:curlchigasaki:20210716204041j:plain

ラファエロ・サンティ 「キリストの変容」 1520年 ヴァチカン美術館

福音書によると、イエスは高い山に弟子たちと共に来て、そこで予言者モーセやエリヤと共に光り輝きながら語り合う様子を見せたと言う。ラファエロのこの絵には画面の上半分にそれらしき人物が明るい光の中で浮かび上がっている。この絵を調べるのは2回目であるが、蛇神の顔がはっきりとしている物としてもう一度見る。

真ん中のイエスの後ろに巨大な蛇の顔が見えている。

f:id:curlchigasaki:20210716204056j:plain

色を抜いてほぼ白黒にしてみた。イエスの左右にいる予言者たちの片足あたりが巨大な蛇の目になっている。そいつの口元には生贄の石の祭壇があり、捧げられた人間たちが横になっている。

f:id:curlchigasaki:20210716204128j:plain

画面の上半分だけを切り取って小さくしてみた。こちらを向いている巨大な蛇が見えるだろうか。

f:id:curlchigasaki:20210716204144j:plain

イラスト化すると上図右のようになる。

約束のように決まりきった表現方法がある。巨大な蛇神は上方から降りて来て口先に人間を咥えている。生贄の人間は岩棚のような所に置かれている。イエスやマリアのように神の補助をする人物が巨大蛇の頭の上か目と目の間辺りに乗っている。

f:id:curlchigasaki:20210716204211j:plain

生贄の祭壇を作っている岩棚は、ここでは2匹目の巨大蛇神の頭になっている。下方の巨大蛇神は下端の人間を喰っているが、真ん中の女(マグダラのマリア?)が肩に人間を乗せて運んだりして食事の手伝いをしている。

 

テレビやあらゆるメディアが無かった16世紀のこの時代は、教会の祭壇に飾られる絵などにこう言った隠し絵をして人間たちを騙していたようだ。聖書の教えを正しく描き、有難い絵として坊さんたちが説教の道具として使っていたのか。

実際気付いてしまえばもうそれにしか見えない。この絵を見てイエス様は奇跡を起こせる神の子なのだと、信仰心(やみくもにただ信じる心)を掻き立てられる人はもういないだろう。病気が治ると思い、この絵のイエスに願をかけて祈る人もいなくなるだろう。この神の子を信じる人は仮想現実に迷わされた哀れな家畜である。

 

ティントレット 「磔刑」 背後に神の姿が見えている。

信じられないような、信じたくないような隠し絵が、美術館に置かれた絵画芸術作品の中に存在する。僕がこの事をいくら主張してもなかなか分かってもらえないようだ。人は現実に自分の肉眼で見た事しか信じないし、そもそもなぜこんな隠し絵がこれ見よがしに置かれているのか理由が分からない。理解の外だから考えられない。考える気にもならない。たとえそれが真実であってもとりあえず知らなくても良い事だと思ってしまう。

f:id:curlchigasaki:20210716070203j:plain

ティントレット 「磔刑」 1550年 ソウマヤ美術館(メキシコシティ)

イエス・キリストのはりつけ刑の様子を描いた絵だが、イエスの背後にその姿がはっきりと見えている。丘の上に生えた樹々、重く垂れこめた空の雲の表現に見せて置いて実は神の姿そのものを見せている。イエスの父、天から降りて来た創造主の姿である。

f:id:curlchigasaki:20210716070220j:plain

元絵の画質を変えて並べてみた。明るくしたり、コントラストを強めたりしてみる。するとイエスの腰から下の背後に、大きな化け物のような蛇が見えないだろうか。地を這って来て後ろから迫っている。

イエスの足元、兵士たちが小さく描かれているが、この巨大な蛇の口の中に呑まれようとしている。彼ら以外の樹々の中の隠し絵の人間たちがおり、それらも同じく呑まれようとしている。

こんなにはっきりと蛇神が見える絵は多くはない。

f:id:curlchigasaki:20210716070233j:plain

イラスト化するとこうなる。白っぽい巨大蛇がイエスの背後に来て人間の形をした物を口に入れている。背後の空にまでかかっているのでどれほど大きいのか。兵士たちの身長から推測すると、頭の厚みだけでも8メートルくらいはあるようだ。その胴体となるは何百メートルあるのか想像もつかない。

向こう側の景色が透けて見えるので、この生命体は半透明であり、存在する次元が我々人間とは違うのかもしれない。普段は見えないが食事の時にだけこの次元に姿を見せるのかもしれない。しかし有機物を摂取する有機生命体である事は間違いないだろう。すなわち彼らも生命を維持するためには有機物を摂取し続けなければならない。

f:id:curlchigasaki:20210716070247j:plain

地球牧場の羊(人間)たちを指導・教育する役目を与えられたイエスは、人々の罪を一身に背負って身代わりとしてはりつけの刑にされる。何とも恩着せがましい。この男のどこに人々は惹きつけられるのだろうか。

 

f:id:curlchigasaki:20210716070258j:plain

イエスの腰に巻いた布から上に男性器が飛び出している。画面の画質を変える事でより良く見える。勃起しているようだ。こんなチンチン丸出しの男に何を教わると言うのか。

f:id:curlchigasaki:20210716071112j:plain

ダヴィンチの「キリストの洗礼」(部分図 ヴェロッキョ工房作 1470~75年 ウフィツィ美術館)のイエスも全く同じ描き方で丸出しのチンチンが描かれている。こちらには腰布に映る影までが見え、チンチンが真っ直ぐこちらを向いているのが分かる。

ダヴィンチもティントレットも、イエスがまがい物・架空の存在である事をこういう形で表しているのだろう。

f:id:curlchigasaki:20210716070312j:plain

名画の隠し絵は、巨大蛇が人間を喰う図と共に、人間男女の交合図にもなっている。

この絵の場合、イラストでは頭が向かって左側になっているように描いたが、向かって右側になっているようにも描ける。どちらも交合と同時に出産している図になっている。寿命の長い生命体にとって、短い命の人間のセックスと出産などはほぼ同時だとの認識なのだろう。

f:id:curlchigasaki:20210716070326j:plain

画面全体に最大の大きさの蛇型生命体が隠れている。イエスの全身を包み込み、頭の上に乗せているから、巨大蛇の頭脳からの意思伝達が成されているのだろう。

神の中の神・イエスをも創り出した神は、画面下端の人間たちを口に入れる。

これが本当の神の姿であり、人間とはこんな蛇型の神によって創られた、喰われるために存在する家畜なのだと絵の中の隠し絵は言っている。信じられない話である。また信じたくない話である。信じない方が、何も知らない方が幸せだろう。今日も能天気に繁殖の事を考えていたい。

 

ルーベンス 「イギリスとスコットランドの連合」 チャールズ1世 血の継承

医者に処方された薬を真面目に飲んでいると何故か気力が萎えて来る。尿道が閉じないようにするナフトピジルは血圧を下げ、常にめまいがする。前立腺肥大を抑えるデュタステリドは、男性ホルモンが働かないようにするからか力が出ない、気力が湧かない。こんな薬を飲み続けるよりは手術して肥大部分を削り取ってしまうのが良いのだが、手術入院の為の1週間が取れない。農作業がひと段落して暇になる冬までは何とか自分の身体をだましだましふらつきながらやって行くしかない。

f:id:curlchigasaki:20210713180439j:plain

ピーテル・パウル・ルーベンス 「イングランドとスコットランドの連合」 1633~34年 ミネアポリス美術館(アメリカ)

イギリスはチャールズ1世の代になって初めてイングランド・アイルランド・スコットランドの王を兼任したそうだ。スコットランドとの連合を記念してルーベンスにこの絵を描かせたらしい。中央の幼児がチャールズ1世で左右の女性がアイルランドとイングランドを表している。背後の甲冑を着た女性は女神ミネルバで、この三人が王に冠を被せようとしている。手前の天使は武具甲冑に火を付けて燃やし、戦争の終わりを表している。上方の天使はイギリスの国章を掲げている。

f:id:curlchigasaki:20210713180459j:plain

この絵の面白い所は、絵自体がイギリスの地形を模している事である。上図右はイギリスの海岸線を描いた物を重ねてみた物である。赤い服を着た女性はアイルランドの形になっており、黄色い服の女性と女神ミネルバが合わさってイングランド・スコットランドの形を作っている。(Google Arts&Cultureの解説にはこの事が書いて無いので、僕の新発見か)

f:id:curlchigasaki:20210713180525j:plain

チャールズは戴冠して王様になる。唇は異様に赤く、血を含んだように描かれている。

f:id:curlchigasaki:20210713180542j:plain

向かって右の女性、皇太子の手を取り持ち上げて戴冠させようとしているのか。皇太子によって持ち上げられているようにも見える。少し空いた口の中が真っ赤なのは、何かを喰っているのか、血反吐を吐いているせいか。

f:id:curlchigasaki:20210713180555j:plain

向かって左の女性、こんな不自然な姿勢で描かれるのは、アイルランド島の形にしたいが為だろう。頬が膨らみ唇が赤いのは何かを喰っているからか。

王冠の方を鋭い目で睨んでいる。この王冠、とぐろを巻いた蛇にも見える。

f:id:curlchigasaki:20210713180611j:plain

空に飛ぶ天使がイギリスの天下統一を祝福する? 向かって左の天使は顔が見えないし、右の天使は目つきが悪く、とても祝福している様には見えない。

f:id:curlchigasaki:20210713180629j:plain

チャールズの足元にあるのは甲冑・縦・槍・旗であり、天使が持つ松明の火で燃やそうとしている。画面最下端のこの部分がよく分からない。単に武具に火を付けているにしては、松明の火が斜めに走っているのは何故か。武具が何故この位置に置かれているのかが分からない。隠し絵が見えて来ない。

f:id:curlchigasaki:20210713180644j:plain

この兜・甲冑が怪しい。どちらも暗い内側部分に何か出っ張った物があるように見えてならない。

f:id:curlchigasaki:20210713180701j:plain

この兜・甲冑は人間が入ったままであるのか。甲冑の中に輪切りになった人間の胴体があるのか。

f:id:curlchigasaki:20210713180720j:plain

全体図をトレースしてみると少し隠れた絵が見えて来る。チャールズが受け継ぐのは蛇のとぐろ巻きの王冠である。王族と言うのは結局蛇の遺伝子を強く持った者が、その血を薄めないように同族同士で結婚を繰り返す。王族・貴族は蛇神の意志を人間に伝え、蛇神に人間を生贄として捧げる手伝いをする者であろう。人間から見ればいなくても良い存在である。

f:id:curlchigasaki:20210713180738j:plain

人間より遥かに大きな蛇が立ち上がって人間に喰い付いている。画面の右側に青灰色の大蛇、左側に赤い大蛇、チャールズの左右にいる女性に喰い付いている。チャールズは二人を持ち上げて大蛇に喰わせているようにも見える。

青灰色の大蛇が画面上部でアーチを描くように、右の黄色い服の女性に喰い付いているようにも見え、またもっと大きな蛇が皆の上に覆いかぶさっているようにも見える。

f:id:curlchigasaki:20210713180752j:plain

画面下の方に赤っぽい巨大蛇、画面上の方に青灰色の巨大蛇が見える。人の姿をした者は全て彼らに呑み込まれる。

f:id:curlchigasaki:20210713180807j:plain

非常に見えにくいのだが、青灰色部分に男の後ろ姿を見つけた。当然その前には女の尻がある。その尻からチャールズが生まれ出ている。

 

何だかよく分からない絵だったが、作者の言いたいことは一緒だろう。