名画の隠し絵

美術館にある名画には隠し絵がある。それは蛇の形をしており、人間を喰っている。

ルノワール 「森の小道」 人間を喰いに来た巨大蛇

最近Twitterでつぶやき始めた。パソコンブログよりもスマホのTwitterの方が見てくれる人が多そうだから。「Curlmiyabara」と言う名で、一日2回くらい投稿している。今までこのブログで丹念に調べた「隠し絵」の最も分かり易いと思う所を、1ポイントずつ短く説明している。

ブログの方の今回の題材はこれ。

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「森の小道」 1874~77年 バルベリーニ美術館(ポツダム・ドイツ)

一見モネの絵によく似ている。しかしルノワールらしく、木漏れ日を丹念に描き映している様子だ。

元の絵と、明度・コントラストを高めた絵。こうしてみると森の中の小道に陽が当てっていると言うよりも、全体的に見た時に浮かび上がる形の方に目が行く。

大きな爬虫類の頭が大きく隠されている。その口先には人間が二人くらい充てられている。地上の人間を空から喰いに来た巨大な蛇を描いてあるようだ。

さらにこういう風に見る事も出来る。

 

ブログでは引き続き名画の端から端まで丁寧に調べてイラスト化する。そこで発見したところの物をTwitterで日々発表する。(本当はYou Tubeで発言するのが最も効果的と思っているのだが、やり方が分からないのでこんな形になっている。ブログの内容をしっかりとまとめて書籍化するのも良いのかもしれない。)

 

 

ルノワール 「デュラン・ルュエルの娘たち」 神へ血と肉の捧げものをする

観た瞬間は「ああ、いい絵だな。」と思う。人の感性を喜ばせる心地よさがある。しかしその絵を10分、20分と見続けるとまた別の物が見えて来る。普通美術館では一つの絵にそんな時間を掛けずに見るので気付かないが、自宅でネット上の高画質画像をじっくりと見ることが出来るので、絵画芸術の「アラ」と言うか、「根柢の気味悪さ」のような物が見え始めた。

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「デュラン・リュェルの娘たち」 1882年 クライスラー美術館(ノーフォーク・アメリカ)

木陰のベンチで休む少女たち。その白い服には木漏れ日がチラチラと降り注ぐ。夏の日の清涼感のある絵である。左の少女のひざ元にあるのは花だろうか。

「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」は1876年の作品だから、これはその5年後の作品。木漏れ日の表現がより一層強調されてそれがゆらゆらと動いて見える気さえする。ルノワールやモネならではの表現であり好ましい。

丸顔の美人の姉。ただ口がほんの僅かに開いている。歯が見えているのではなく、何か焦げ茶色の物を口に入れているように見える。

背後の森を合わせてイラスト化するとこんなになった。巨大な怪物が彼女を襲おうとしている。そいつの口には既に別の人間が咥えられているらしい。この状態でさらに少女を口に入れようとしているのか。

向かって右の小さめの少女は妹か。口をぴったりと閉じている様子だが、頬が膨らみ何か口に含んでいるのが分かる。

やはり背後には巨大な化け物が見えている。別の人間を咥えながら少女をも襲おうとしている。化け物は恐竜のような爬虫類っぽい。

二人の少女の身体は、微妙にバランスがおかしい。例えば足。二人とも上肢(ひざ)が異様に長いのだ。垂直に下がって来た胴体と足がうまく繋がらない。

姉の手は上腕が異様に長いのか、または肩で切れて繋がってない。妹の手も肩の位置が本来の位置とは違うのではないか。

姉の腹を絞める真っ赤なリボン。リボンではなく、胴体切断の断面が見えているのではないのか。

姉妹の下半身が無い代わりに、別の人間の身体がそこに置いてある。背後の爬虫類への捧げものであるかのように。

左の姉が膝に広げているのは、血だらけの肉塊に見える。右の妹が手で押さえているのは、人体の一部(足?)かもしれない。

イラスト化しながらさらに詳しく見る。姉の膨らんだ腹は腹ではなく、小さい人間のようだ。数体の小さな人間(大きさもまちまちである)を手で裂いて口に入れて喰っているのではないか。

人物が小さな人間を喰いながら、己自身も大きな爬虫類に裂かれ喰われる図になっているのは他の名画と変わらない。絵の中には時間が存在せず、過去も現在も未来も同時に表現される。

画面右下の拡大図。形がはっきりせず、うまく捉えられない。しかし例えばこんな形が隠れているのかもしれない。姉の失われた二本の足が置いてある。地面には人間の肉体がいくつも転がっている。

全体図。

二人の少女は巨大な蛇の頭の上に位置し、その巨大な蛇は画面下方の人間の身体のパーツを喰い漁っている。

蛇神への生贄現場の絵である。

 

ルノワール 「花と少女」 家畜の肉の看板

自分の目に見える物を、正直に他人に伝えたいだけなのだが、相変わらず反響が少ない。僕の目に映る名画の中の隠し絵があまりにも荒唐無稽な、現実離れした事柄だと判断されるからだろう。蛇を好む人も人肉食の話題を好む人もあまり多くないに違いない。僕自身も身震いするほど嫌いだ。しかしそんな状況があえて作られているとしたらどうだろう。人は蛇にかつて襲われた記憶が脳裏に残っているからそれを嫌う。仲間が喰われた記憶があるからそれを恐れる。前世の記憶か、先祖からの言い伝えか、何故龍神伝説や人身御供の話は残っているのか。鬼や悪魔・吸血鬼に血を吸われ、肉を喰われる恐ろしい話が何故こんなに広まっているのか。その疑問の答えが名画の中に隠し絵となっている。その事に僕は気付いてしまった。気付きは確信へと変わりつつある。

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「花と少女」 1888年 サンパウロ美術館(ブラジル)

蛇の形をした神は人間の少女の柔らかい肉が好みらしい。この絵の少女はまるで肉屋の看板のように、奴らの食欲を掻き立てるように描かれている。コックさんの帽子をかぶった豚のマンガと共に「トンカツ」の文字が書かれている看板。昔街中のどこかで見たような記憶がある。それと同じ。マンガの豚の横の吹きだしには、「おいしいよ!」とかの言葉もあったかもしれない。喰われる豚が自分の肉をおいしいとか、全くあり得ない。しかしこの絵の少女は・・・・。

原題は「Girls with Flowaers」とあるので、ひざ元に集められているのは「花」らしいが、何の花なんだろう。ずいぶん地味な花である。花びらがどれか分からない。黄色っぽいのか、赤っぽいのか。少女はスカートのすそをたくし上げて「花」を持っているのだが、その手に赤いひものような物を持っていてそれも何かよく分からない。スカートの縁取り装飾なのか。

丸顔で、目のぱっちりとした可愛い娘なのだが、例によって唇が口紅を塗ったように赤い。ほんの少し口が開いていて、顎の辺りが変に赤っぽい。

口の部分を拡大してじっと見続ける。すると次第に微妙な変化が見え出して来る。イラスト化するとこんなになった。唇の、左側に飛び出ているのは、小さな人間の手か、足か。口の周りが血で汚れている。

スカートの縁と思える赤いひもを少女の両手がしっかりと掴んでいる。蛇を捕まえているとも思えるが、赤い蛇などいないだろう。もしかして彼女自身の腸?

首は本来の位置から少し後ろにずれている。両腕も同じように本来の取り付け位置から上か下に少しずれている。肩ひもが変に赤く、どこかおかしい。

この少女の首、手は胴体と繋がってない。切断されてその位置に置かれているだけではないか(切断面を見せながら)。腹の位置の「花」も「花」ではなく別物だろう。

ラファエロ・サンティ 「ひわの聖母」 1506年 ウフィツィ美術館

洗礼者ヨハネの左足。毛皮の着物のように見せているが、実は足の切断面である。切られた足がそれらしい位置に置かれているだけである。

同じくヨハネの左手も同様に切られて切断面を見せている(こっちは少し分かりにくいと思うが)。ヨハネは口から血へどを吐いている。

ラファエロの絵と同じように少女の手足が切断されている。そしてその背後には巨大な爬虫類の顔が見える。口を大きく開けて少女を丸呑みしようとしている。

全体図。人間の少女が解体され、パーツになって巨大蛇に呑まれる図である。奴らは生を好み、人間のように肉を調理したりしない。呑み込める大きさに切ってそれを丸呑みする。

「花」の部分が小さな人間が捕まっている様子を描いてあるらしいのだが、よく見えない。少女の腹の部分にいる小さな人間を両側から大蛇が喰い付きに来ているらしいのが見えるが、同じところがまた別の見方が出来るのだろうか。

少女の下半身も切断されているらしい。その下半身(イラストでは水色)が少女の服のごとくに首の下に置かれているのかもしれない。

少女は腹の所で切断され、その際周りに飛んだ血しぶきが「花」のように見えているのだろうか。彼女の両手に掴まれているのはやはり彼女自身の赤い血の付いた腸なのかもしれない。

人間から見ればこんな残酷な絵は無い。しかし肉屋の豚のコックさんのマンガ看板を考えれば、家畜がその主人に自分をおいしそうに見せて描くのは、喰う側からしてみればおかしくない事なのかもしれない。

ルノワール 「ミモザのある風景」  この地球の支配者の顔が見える

ルノワールのこの絵では、巨大な蛇の正面顔が画面いっぱいに隠されているのが比較的分かり易いと思う。

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「ミモザのある風景」 1912年 ソウマヤ美術館(メキシコシティ)

ミモザはアカシアの一種だという。春先に咲く、黄色い花が美しい樹だが、山を遠景にしてそれが咲き誇っている情景である。中央に小さく描かれているのは花を取りに来ている少年と少女だろうか。切り花やリースにしたりして飾られる。

ただ収穫済みの花かご等が見当たらないし、少年たちの描写も不鮮明でよく分からない。樹の幹もどこがどうなっているのかまた分からない。

ネットで拾ったミモザの写真。日本でもこんなに大木になるようだ。

右の少年(?)は靴を履くような形でかがんでいるらしい。左の少女(?)はそれを見ているらしい。二人とも手先が真っ赤に染まっているのが異様だ。

人物の背後には必ずそれを狙う巨大な蛇の顔が見えるものだ。ここでもそれらしき物が見え出した。ここには口に何かを咥えた巨大な蛇の顔が三匹ほど並んでいるようだ。

細かい部分で蛇の正面顔が見えないと言う人がいるならば、全体図ではどうだろう。画面を小さくして、コントラストを強めたり、ぼかしを入れたりすることで見えやすくしたつもりである。樹や山の絵と思わずに、単に色の明暗の繋がりだけを追って行けばそこに隠し絵があるのが分かるはずである。半透明な存在。どんな絵画にでも隠されている、この世の支配者の姿。

信じたくはないが、実際に見えてしまうと他の人に見える事を伝えずにはいられない。何故こんな隠し絵がどの絵画にもあるのかと問えば、「これが支配者(人間には神と呼ばせている)の姿であり、それに対して人間がその食糧である。」と言う説明が最もぴったりとあてはまる。逆にそれ以外に説明が付かない。

僕にはこんな風に見えたが、どうだろう? イラストと同じように見えるだろうか。それとも全く別の形で捉える人もいるだろうが、どっちにしろ巨大な化け物の顔が正面から描かれており、その口の中に人間のような形が挟まれているのではないだろうか。

見え方は一つではなく、幾通りにも捉えられるようになっている。複数の隠し絵をコンピュータでモーフィングしたように、複雑な色の明暗が絵を作っている。

画面いっぱいに一匹の蛇の顔があるようでもあるし、三匹くらいの蛇の顔(人の頭蓋骨のようでもある)が並んでいるようでもある。皆口を大きく開け、何かを喰っている。少年たちはその口の中にいる。

三匹の化け物の顔が並んでいる様子をイラスト化した。蛇が大口を開けて威嚇している様子でもあり、人間の頭部が腐敗して頭蓋骨になって行く途中の恐ろしい様子でもあるかもしれない。人間に恐怖心を持たせたいらしい。その者を支配するためには恐怖心を抱かせるのが一番手っ取り早い。

画面中央から右下あたりの部分図。こんなイラストが描けた。少年たちがいるのはまた別の巨大蛇の頭の上である。右下手前に横たわった人間の身体が見える。上から降りて来た巨大蛇に喰い付かれている。ミモザの樹の幹の一つ一つは小さな人間(すでに骨と化した)かもしれない。

しつこく全体図を見せる。最も大きな、画面いっぱいに隠されたこの蛇の正面顔が見えると言っていただければ、それだけでも良いから。確かに名画の中には蛇の隠し絵が存在し、見える人には見えるようになっていると言う事が分かってもらえれば僕としてはそれだけでも良い。何故それが見えるのかについては一緒に考えていただきたい。

 

ルノワール 「浴女たち」 彼女たちは喰い、また喰われる存在

ブログのタイトルその他を変えてみた。これで絵画美術関係のブログである事がはっきり認識されると思う。

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「浴女たち」 1918~19年 オルセー美術館

大きさは110センチ×160センチ。思ったよりも大きい。大きさが何故意外かと言うと、浴女たちのデッサンがあまり正確ではないと見えるからである。38年前にあんなに可愛いイレーヌの肖像画が描けていたのに、なんでこんなに身体の節々が凸凹した、あまり美しいとは思えない裸婦になってしまうのか。特に気になるのが、奥の女の背中の筋肉の異様な盛り上がり、顔が小さすぎる事、腕がたくましすぎる事、手前の女の右ひじの形が変、両腕共に上腕が見えない、顔が不美人すぎる事等である。

78歳の老境にある作者は何を思って、こんなぼやけた、美しくもない女性を絵にしたのだろうか。身体もぶよぶよと太っているし、周りの景色もぼやけて色が濁っている。女性の肌の、血管が透けて赤っぽくなっているのを表現するにしてもここまでふにゃふにゃに描いては魅力が感じられない。女性の肌はもう少しつやつやときめ細かくあってほしい。

絵を小さくし、ぼかしてみると何らかの隠し絵が見えて来ると思う。どうだろう、何か見えただろうか?

僕にはこんな風に見えた。巨大蛇がとぐろを巻いて人間の女を確保し、喰っている図である。奥の女は色が若干違うので、既に喰われてその体内に摂り込まれているらしい。手前の女だけ胴体で巻き付けてそこに口を付けている。左足が既に口の中に入っている。

細かく見て行く。奥の女自身も何かを喰っているらしい。頬が膨らみ、口の中に何か赤い物を見せている。唇以外にも。頬等が赤いのは何らかの生肉を喰っているからだろう。

手前の女も口をもごもごさせている。頬が膨らんでいる。

口の中にあるのは生肉らしいがはっきりとは見えない。

二人の女の間に見えるのは、6個ぐらいの人間の頭蓋骨かもしれない。彼女たちが喰っている物の正体と思える。

女たちの周りには巨大な蛇が数匹見つけられる。彼女たちもまたこの巨大蛇によって喰われる運命にあるのだ。彼女たちの手足は全て胴体と繋がってない。微妙にずれた位置にそれはある。奥の女の右手は肘から上が巨大蛇の口の中に入っている。手前の女の両手の上腕もそれぞれ別の蛇の口の中にある。だからこの辺りでデッサンが狂っており、おかしいと感じるのだ。

画面右上、遠くで水浴している女たちの後ろにまた巨大蛇がいる。訳の分からない、ボヤーッとした表現はこういう隠し絵の為なのである。樹だか山だか空だか雲だか判別できないけれども、全く別の視点で見るとこんな物が見えるようになっている。

全体図。女たちの足先を口の中に入れて喰っている蛇もいるようだ。

もう一度全体図を小さくしたり、ぼかしてみたりする。

今度はこんな絵は見えて来た。カエルの顔にも見える、唇の厚い爬虫類の正面から見た顔である。

やはり最初に見えたとぐろを巻いた巨大蛇の方が捉え易いか。今度は女二人とも捕まって喰われている図にしてみた。奥の女は咥えられて血で赤く染まっている。

いろんな風に見えるようになっているらしい。

こんな風にも見える。二人の女は生贄の石の台に寝かされていたのを、蛇神に一人咥えられてしまった。

 

しかしどんな名画の中にも同じ主題・・・・「人間は巨大蛇の家畜であり、食糧である。」・・・・が見られるのだが、なぜこんなに発見し易く隠してあるのか。見つけてほしいのかとさえ思ってしまう。奴ら(知能の優れた巨大蛇型生命体)は自らの存在がばれてしまえばそれでもう今まで通りには生存できないのを知らないはずはないのに・・・・。