名画の隠し絵

美術館にある名画には隠し絵がある。それは巨大な蛇の形をしており、人間を喰う姿が絵になっている。

ティエポロ 「ヴィーナスとヴァルカン」 神話の世界はかつての人間の悲惨な人生を表す

ギリシア・ローマ神話で語られた物語は、半ば真実の話だったのではないか。

巨人族がいて、神々がいる。神の父ゼウスがいて、美の女神ヴィーナスがいる。彼らが実際に存在していて、小さな人間を狩り集めている。そんな世界が本当にあったのではないか。時間が経ち、想像上の話が加えられたが、基本的には巨人族が「神々」として世界に君臨していたに違いない。人間は小さく弱く、「神々」には逆らえない。ただ指図に従うだけの存在であり、その肉や血を「神」に与えるために存在していたのではないか。

ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ 「ヴィーナスとヴァルカン」 1765年 フィラデルフィア美術館

二人の息子ともども画家であり、18世紀イタリアを代表する偉大な画家と言われている。そのティエポロの描くギリシア神話の一挿話、ヴィーナスが元の夫ヴァルカンに鎧兜を作らせる場面である。鍛冶屋の仕事場らしくかまどがあり、おやじや若者がいる。手前に盾や兜、鎧が置いてある。

画面を明るくしてみる。おやじたちが手に持っているのはハンマーだろうか。地面にも同じ物がある。

この絵でおかしな所は、ヴィーナスとヴァルカンがいるベッドが変に盛り上がっており平たくない事と、二人の背後にいる横向きの顔を見せる、剣を持った女(鍛冶場の使用人?)がいる事である。

ヴァルカンの身体は一見向かって右下に流れているように見える。ヴィーナスは右手を背中に回して一種恍惚の表情をしている。

この二人、セックスをしているのではないのか。

ヴァルカンの左手に小さな人間が数人掴まれている(毛皮にも見えるが)。ヴァルカンの身体はこの下ではなく、ヴィーナスの背後、画面に向かって左側に流れているらしい。ヴィーナスは上体を気持ち前のめりにして尻をヴァルカンの方に付きだしてないか。多分この二人はヤッている。

二人の身体の下には小さめの人間がたくさん積まれている。巨人族に狩られた人間たちが山盛りになって集まっている。人間は「神」の食糧だから、二人の「神」は食糧の上で性行為をしていると言う事になる。酒池肉林のお気楽な世界か。

鍛冶屋のおやじや使用人の若者たち。竈に鉄を入れ、ハンマーで形を整えているように見える。しかしよく見るとそうではない。鎧兜に見える人間たちをハンマーの柄で突き刺しているのではないか。小さな人間たちを棒で突き刺して集めてヴィーナスたちのいるベッドに積み重ねようと言うのだろう。ヴィーナスの背後にいる剣を持った女は、小さな人間をそれで突き刺しているらしい。

小さな人間たちは小さいがゆえに巨人に抵抗する事も出来ず、ただ狩られ、棒や槍・剣で突き刺され、集められて巨人たちの食糧となるしかない。

人間にとってはこれは地獄絵図だ。しかし巨人たちにとっては普段の食事風景でしか無いのだろう。食卓の上に肉料理が並んでいる光景でしかない。今の人間は家畜のと殺を人目にさらす事無く、肉を切り刻んで火を咥えて全く別の形にして器に乗せているが、「神」は生食が基本らしく、その場でと殺し、血も肉もそのまま見える形で喰うらしいから、この絵は彼らにとって御馳走が並んでいるように見えるのではないか。

ヴィーナスとヴァルカンは、蛇型生命体である「神」が自らの遺伝子を加えて地球上に創りだしたものだが、「神」自身の姿も絵の中に隠されている。異次元の存在だから人物・器物の輪郭線・陰影を繋ぎ合わしてやっと見えて来る。

「神」はヴィーナスとヴァルカンを頭の上に乗せて、小さな人間たちを口に入れる。空中に「神」はいくらでもいる。

画面全体で表された最も大きな「神」の姿が見える。天の父なる「神」、神話ではゼウスとか、ヤハヴェとか、天照とか、大日如来とか、色々な言い方で呼ばれる存在である。こいつが地上のすべての有機生命体を吸収して地球を支配している。存在は一つではあるが、無数でもある。恐らくいつかはこの生命体もより大きな地球外生命体(宇宙生命体とでも言おうか)に吸収される時が来るのかもしれない。

 

コロー 「ナポリの浜の思い出」 森の中の神々

膝関節の痛みがなかなか無くならない。鎮痛剤でごまかしながら仕事をしている。そろそろ人生の終盤に向けて準備をする時期かもしれない。

しかしこのブログで得られた知識では、人生は家畜としてのそれであり、一つも希望が無い。この世を支配する悪魔に問うても悪魔的な答えしか得られないのだろう。より上位の存在に問わなければ良い答えは無い。

まずは悪魔の存在を人々に知らしめれば、その存在の上が見えて来ることを期待する。

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 「ナポリの浜の思い出」 1870~72年 国立西洋美術館

フランスの画家コローと言えば、風景画と婦人の肖像画が思い浮かぶが、これは風景画。何度もイタリア旅行に出かけたが、彼の晩年70歳代の頃の作品である。

船の見える浜を遠景にして、二人の女と一人の赤ん坊が手を繋いで森の小道を駆け上がってくる。女の一人は片手にタンバリンを持ち、踊るようにしていて楽しそうだ。

この三人とコローの関係、女同士で手をつなぐ二人の関係は分からない。たまたま見かけた姉妹だろうか。

赤ん坊を抱いた女は口づけをしているのだろうか。隣の女はタンバリンを振り上げていながらスカートが広がるほどに踊っているのだが、手は繋いだままだ。スカートの真ん中に何かがあるらしいが、足なのかどうか分からない。赤ん坊を抱いた女もどういう服装なのか不明確だ。ともかく明るい浜を背景にして三人が楽しそうに歩いている様子が描かれている。

三人の足元は赤っぽく、落ち葉が厚く重なっているらしいのだが、よくその辺りを見てみると・・・・画質調整しながら長い時間見つめていると、こんな風に見えて来た。短時間見ただけでは見えないだろう。全く別物に見える人もいるだろう。一つの絵で何通りにも見えるように形が重ねられていて分かりにくい。僕にはこう見えた。

左端に逆さに転がった赤ん坊、真ん中に仰向けに横たわった女、右側にうつ伏せになった女、である。その他辺り一面に骸骨等が転がっている。

拡大して、丹念に見て行くと、こんな形が見えて来る。見ようとしなければ見えないだろう。まさかこんな隠し絵があるはずが無いと思ってじっくり見ようとしない人には見えないだろう。単なる落ち葉の描写の陰影にしか見えないのだろう。

全体図。

画面下端には楽し気に歩いている三人の変わり果てた姿が転がっている。他にも人の肉が積み重ねられている。ここは「神」の食事処。生贄の現場だ。三人の人間の未来を表している。もしくは人間の産まれた意味、生きる意味を説明している。

縦長の画面には上から降りて来る「神」の姿が隠れている。大きな「神」だけでなく、小さな「神」も同時に隠れている。まるで森の中にいるヤオロズの「神」だ。森羅万象全ての生物に「神」が宿っている事を具現化している。

 

昔僕は、自分が歳を取ったら宗教とかに帰依して極楽行きを願いながら、念仏を唱えながら生きるのかと思っていた。しかし絵画の研究をして行く中で恐ろしい現実を発見してしまい戸惑っている。人間の存在がこんなにも残酷な運命の中にある事に驚いている。

何も知らず、何にも気付かずに、気楽に生きて死ねればそれはそれで良いとも思える。

自分が気付いてしまった事を他人に伝える事に何らかの意義があるのか。人間は「神」の食糧として創られ、そのために家畜として存在し、全員ではないにしても肉と血を「神」に捧げる為に死ぬのだ・・・・。こんな事を言われて不愉快になる人の方が多いに決まっている。拒絶されるに決まっている。

自分の心の中だけにしまっておいた方が良いのか。

 

ターナー 「トラファルガーの海戦」 戦争の勝敗は「神」が決める

戦争には気象が大いに関係する。日露戦争で連合艦隊の打ち出す玉がバルチック艦隊を沈めたのは、波が高く水線下に大穴を開けたからだとされるし、太平洋戦争のミッドウェー海戦で日本の空母が大打撃を受けたのは、当日雲が低く、急降下爆撃機の発見が遅れたからだと思う。その他の条件もあるだろうが、こんな気象に受ける影響が一番大きい。

気象を制御し、戦争の行方を決定付ける者がいる。空の中にそれはいる。巨大な存在で、人間全体の生き死にをコントロールしている。

ウィリアム・ターナー 「トラファルガーの海戦」 1822年 ロンドン国立海事博物館

1805年、イギリス人にとっては国を守った歴史的勝利としてこの海戦があった。ナポレオンの指示で組まれたフランス・スペイン連合艦隊に対して、ネルソン提督率いるイギリス艦隊が船の数が少ないにもかかわらずに勝利した戦いである。王の依頼によりターナーが絵にしている。

中心に描かれた旗艦ヴィクトリー号。撃沈されるフランス船が右に描かれる。手前の浅瀬にボートで避難したイギリス水兵が勝利の雄たけびを上げている。

フランス船が沈むのは海戦の後で、事実とは違う。旗艦に乗っていたネルソン提督はこのフランス船の狙撃兵により命を失っているが、そう言う事は絵には描かれない。

旗艦ヴィクトリー号。イギリス人にとっては知らない人はいないだろう船。日本人にとっての「三笠」のようなもの。東郷平八郎率いる連合艦隊は、この100年後、鋼鉄で出来た船同士の戦いで行われた。ただ海軍はイギリスに多くを学んでいるから戦法は似ている。旗艦が先頭を行き、真っ先に敵艦に突っ込むような所だ。ネルソン提督は敵艦の並びの横腹に一直線に突っ込んで行った。

当時は船の先頭の衝角で敵の横腹を突き刺すような戦いが主であったらしい。横向きの大砲を撃つよりも先に突き当たる。

手前の岩場に上がったイギリス兵。赤い服の陸軍兵と横縞のシャツの水兵は分かるが、他は服装がまちまちでよく分からない。兵以外の一般人も機関部員や料理人としていたのだろうか。

沈む敵艦。敵艦の船体から人がばらばらと落ちている。倒れるマストには狙撃兵がいるようだが倒れている。

メインマストに旗による信号。上から二つが「U」、次の二つが「T」、次が「Y」、次が「終わり」。合わせて英国は各員がその義務を尽くすことを期待する」と言う意味になるらしい。東郷艦隊の「Z旗」、「皇国の興廃この一戦に有り。各員一層奮励努力せよ」はこれを真似た物だろう。

戦いの結果、イギリス側には喪失艦は無かったはずだが、何故か浅瀬にボートで乗り上げたイギリス兵。分かり易く大きな国旗が広げられている。

左下の暗い部分は何が描いてあるのか分からない。船の一部だろうか。

右下部分も暗すぎて何か分からない。

全体図。空に浮かぶ雲の形に注目したい。

空の色が、画面の右側と左側で違っているのが分かるだろう。右側の空には巨大な爬虫類の顔が見え、フランス船を口に入れている。左側には少し明るい色の、やはり巨大な爬虫類の顔が見える。まるでカエルの様に目が上に突き出ているように見える。こちらはヴィクトリー号を大口を開けてぱっくりと呑み込もうとしている。

画面下端の陸地(岩場)は、巨大な爬虫類(「神」)への生贄なのだろう。人間の形がたくさん横たわっている。

戦争は「神」にとって人間を大量に取って喰うには良い機会である。

画面全体を大きく見るとこんな風に巨大な一匹の爬虫類「神」の顔になる。空に浮かぶ雲の中には「神」そのものがいる。

 

ウクライナのゼレンスキー大統領が、戦争の死者が今までに3万人以上出ていると発表した。ロシアでは18万人の死者が出ているとしている。国としての発表だから数に増減はあるだろうが、死者が大量に出ている事は間違ってはいないだろう。アメリカはアラビア半島の敵性組織を攻撃したりして、戦争が拡大して来ているようだ。日本もその内戦争に巻き込まれないかが心配だ。ロシア・中国・北朝鮮が攻めてきたらどうなるのだろう。「神」のみぞ知る。正に「神」が指図しているのだ。国の指導者を誘導し、戦争になったら気象を巧みにコントロールし、どちらかに勝たせる。

 

ウィリアム・ブレイク 「審判の日」 悪魔の支配からの脱却

ウィリアム・ブレイクはイギリスの詩人・画家・銅版画職人として有名。彼の手による預言書「ミルトン」の序詞に曲が付けられてイングランド国歌になっているそうだ。

こんな多才な有名人がこんな銅版画を創っている。ミケランジェロの「最期の審判」を思い起こさせる。

ルドルフ・アッカーマン・ウィリアム・ブレイク 「(墓からの)審判の日」(ロバート・ブレアの詩より)  1813年 メトロポリタン美術館

向かって右側に地獄に落ちる人、左側に天国に登る人が描かれているのは、ミケランジェロと同じ。

墓石の上に腰掛けるのはイエス・キリスト。書記がいたり、歴代の王様が並んでいたりする。左右で本を開いているのは、人々の生前の行いを書き連ねた物を見せているのだろうか。死者の行く所の閻魔大王の役目をここではイエス・キリストがやっている。

イエスは裸ではなく、福々しい身体で着衣、無表情だ。マリアはいない。

イエスの背後に天使が二人、背を向け合って飛んでいる。それが僕にはこんな風に見える。巨大な蛇が背後から襲う様子で、イエスの頭に口を付けているから、この人物は実はイエスでも何でもなく、ただの蛇の餌としての人間かもしれない。

画面向かって右側。地獄に落とされる人々。蛇に巻き付かれたり、鎖に繋がれたりしながら真っ逆さまに落ちて行く(上図左)。地獄の底では戦争の為の鎧兜を付けたまま殺し合い続けたり、獣みたいな化け物に襲われ続けたりする。阿鼻叫喚の恐怖の世界である(上図右)。

向かって左側。火の燃える所から手を差し上げ、上を向く人々。抱き合っている人もいる(上図左)。人々はお互いに助け合って天国に向かう(上図右)。

死者の様子が墓石の下に見られる。真ん中の天使三人は地獄の獄卒としての天使。剣を持って威嚇し、ラッパを吹いて指示に従わせようとする。審判に逆らう事は誰にも出来ない。

イエスの下の墓石が、こんな風に見える。大口を開けて人(三人の天使)を呑み込む悪魔の顔。目を細めたり、絵を遠目で見たりするとこんなに見える。左右の人間たちはこの隠し絵の為には単に陰影を造って協力しているだけだ。

作者は死後の世界、地下にはこんな化けもの(悪魔)が牛耳っていると言っているのか。

また同じ絵がこんな風にも見える。人間の女性が股を大きく広げて女性器を見せている図である。この場合、三人の天使は産まれ出る子供と見ることが出来る。

つまり人間は生まれてから墓場に入るまで、こんな化け物に制御されて最終的には悪魔の口の中に入る。言い方を変えれば、人間がこいつらに喰われる事が目的で生まれて来た。

全体図。

イエス・キリストの下の墓は巨大な蛇型の悪魔。イエスの背後にいるのも、全体的に大きく見て蛇の正面顔に見えるのも、やはり悪魔すなわち「神」の姿。画面最下端の生贄の祭壇上の人間の肉を喰いに来た。

蛇型生命体の支配からの脱却を望みたい。

ここに家族(娘二人と息子)を抱いて上を睨みつける爺さんがいるが、彼の様に望めば夢はかなえられるのだろうか。

 

ドラクロワ 「民衆を導く自由の女神」 人間を狩り集める「神」の手先としての女神

この絵など、見た事が無い人はいないのではないか。フランス国旗を高く掲げて革命軍を導く女神の姿が描かれている。

しかしこの絵にもおかしな点、驚くべき不可思議な点が隠されている。その事に気付く人はいないようだ。

ウジェーヌ・ドラクロワ 「民衆を導く自由の女神」 1830年 ルーブル美術館

暗くして絵をごまかしてあるので、明るくする。

女神は神話上の存在。象徴として描かれているのだろう。実際には胸もあらわにしたこんな女が人々の前に姿を表したのではない。

紳士たちや労働者たちが銃を手にし、剣を持ち、手前に横たわる犠牲者を乗り越えて進む様子が描かれる。子供でさえ拳銃を振りかざして参加している。

背後に火災が起こっているのか、白い煙が立っていて、女神の姿を際立たせる。ドラクロワはこんな劇的、動的な絵を描くのが得意だ。

左手にマスケット銃、右手に国旗を持つフランス国家を代表するマリアンヌの姿。その国歌「ラ・マルセイエーズ」を思い起こさせる。頭にかぶるフリギア帽は自由を表し、むき出しの乳房は国家の母性を表すとされる。

フランス国歌は日本などと違い、戦闘的だ。

自由の女神の顔。こうして拡大して見ると、目を剥いて民衆を見下しているのが分かる。口の中にも何か赤い物を含んでいて、その赤い血は顎の下まで流れている。

259センチ×325センチの作品で、ルーブル美術館で観る人は女神をこれほど拡大して見る事は無いだろうから気付けない。しかも背後の明るい白とのコントラストの為、この目や口は見えないだろう。

女神の目の先には、おびえたような紳士とたじろぐ労働者。革命に向かって進む人の表情とは思えない。

二人の間に鋭い目つきをした男がいる。バグパイプを咥えているらしい。必要な人物なのか。絵の主題に関して何か意味を持たせているのか。

女神の全身をイラスト化してみた。腰から下に、人間の形がいくつか見て取れる。この地位sな人間たちは、女神が「神」に捧げる生贄だと思う。右の少年の足にも同じような小さな人間がくっ付いている。

この女神たちは「神」の為に人間を集めて食糧として捧げる作業をしているらしい。

全体図。

女神の背後に巨大な「神」の姿がある。地面に転がっている人間や、女神が腰に付けた人間を口に入れているようだ。

女神自身はその上半身を巨大な「神」の頭の上に置き、共に人間を食している。

「神」の姿はこんな風にも見えた。右から来る爬虫類神と左から来る爬虫類神。また違った「神」の姿を見る人もいるだろう。いろんな見方が出来るようになっている。

革命の混乱期、戦争中などは人間を狩り集めるのにちょうどよい時期だろう。