名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ゴーギャン 「死霊は見ている」 神の食事処 生贄の祭壇

神への生贄には決まった形式があるようだ。聖書の「イサクの犠牲」のように祭壇を築いて祈るように、いわば儀式的に決まりきった形でそれが行われる事が多かったようだ。人類誕生から聖書時代以前の長い期間、それは石の祭壇で行われるのが普通だったようだ。それが名画の中、特にゴーギャンの絵の中によくうかがえる。

f:id:curlchigasaki:20211019182046j:plain

ポール・ゴーギャン 「死霊は見ている」 1893~94年 埼玉県立近代美術館

タヒチでは暗い中で眠っていると「死霊」が迎えに来ると信じられており、女たちは暗闇では眠らないのだとか。この絵でも右上に黒い「死霊」らしき影が部屋の中に入って来ている。女は布団の中で恐怖に身体を丸めて「死霊」の方を見ないように手で顔を覆っている。

ただ僕にはこれが皿の上に乗った食材としての人間にしか見えない。豚の丸焼きの様だ。

f:id:curlchigasaki:20211019182058j:plain

イラスト化しながら細かく見て行くと、画面全体に巨大な爬虫類が大口を開けて女をベッドごと丸呑みにしようとしているのが見える。女は女単体ではなく、石の祭壇の上に置かれた人間の複数体の組み合わさった物である。所々小さめの蛇に巻き付かれている。石の祭壇上に蛇神の為の人間の肉を捧げている。

f:id:curlchigasaki:20211019182108j:plain

「死霊は見ている」 1892年 オルブライト=ノックス美術館

同じ画題で何枚もの作品が描かれている。この絵ではよりはっきりと生贄の祭壇が見えるだろう。青いベッドがそのまま石の台になっている。女の下の白いシーツには小さな人間たちがたくさんいて、女が人間たちを押さえ付けている図になっている。

f:id:curlchigasaki:20211019182120j:plain

「未開の物語」 1902年 フォルクヴァンク美術館

ゴーギャン54歳の死の前年に描かれた作品。二人の男女が石の祭壇の上に座って死を待っているのか。左上の男が「死霊」にも見える。画面いっぱいに描かれた巨大な蛇の中に全ての人物が取り込まれる。

男女が手に小さな人間を持っている。石の台上に小さな人間の肉片が散らばっている? 「死霊」の男が小さな人間を口に入れている。この事からこの三人は蛇神に人間を捧げている協力者でもある。

f:id:curlchigasaki:20211019182129j:plain

「悪魔の言葉」 1892年 ワシントン国立美術館

混沌とした沼からイヴが生まれ出る。女(?)の誕生には背後の大蛇が関係している。蛇が精子を放出させている。

・・・・とも見えるこの絵だが、同時に「死霊」に導かれ、石の祭壇の上で生贄となる人間をも表しているとも見える。

人間はその誕生から死まで、悪魔(背後にいる蛇)に支配されている。

f:id:curlchigasaki:20211019182139j:plain

「ブリターニュの入浴者」 1887年 アルゼンチン国立美術館

川辺の岩棚に裸の人間が立っている。その足元、手元には別の人間の肉体らしきものが見えている。画面いっぱいに描かれた巨大蛇の顔が人間の肉を喰いに来ているのが見える。

f:id:curlchigasaki:20211019182148j:plain

「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこに行くのか」1897~98年 ボストン美術館

f:id:curlchigasaki:20211019182157j:plain

ゴーギャン最大のこの作品にも生贄の祭壇が描き込まれている。右下の灰色部分と、左下の茶色部分である。右下には生まれたばかりの赤ん坊、左下には老いて死を待つばかりの老婆が描かれている。上空には巨大な蛇神が乱舞している。人間の生から死までをこの神(悪魔)たちによってコントロールされている。中央の青年はマンゴーの実を収穫しているのではなく、小さな人間を上空の神に捧げているのであり、人間は喰われるべき存在である事を示唆している。或いは青年が神に己が心臓を捧げていると見ても良いかもしれない。意味は変わらない。家畜として働き、神に盲目的に従うのが良いと言っている。

f:id:curlchigasaki:20211019182204j:plain

右下の赤ん坊。眠っていると言うよりも、すでに死んでいるのではないか。もし死んでいるのならばこの世の苦しさを味わう事が無いので幸いかもしれない。別のもっと良い世界に行った方がよい。

f:id:curlchigasaki:20211019182212j:plain

左端の老婆は「死」を恐れているのか。未知の世界に行く事は誰でも恐怖である。「我々はどこに行くのか。」誰も教えてくれない。自分で考え、その時に備えるしかない。それは突然やってくるかもしれないし、なかなか来ないかもしれない。苦しいかもしれないし、そうでもないかもしれない。意外とあっさりとした移行かもしれない。必要以上に恐れる事は無い。

我々は生贄の祭壇に備えられた供物のようなものではないか。名画の中に見られる生贄の食事風景ほどではなくとも、労働し税金を納め家族を作りそれを守り、身を粉にして働かなくてはならないのは血と肉を提供するのとあまり変わらない。この絵のような生贄の現場を一生知らずに生を終えても、労働用、繁殖用の別の役割が与えられているだけである。

f:id:curlchigasaki:20211019182219j:plain

奈良県明日香村 石舞台古墳 

「古墳」と言われているが、これは生贄の石の祭壇ではないのか。これに土をかぶせて「円墳」だとか「前方後円墳」だとか言っているが、これらは神が降りて来て食事をする為のテーブルではないのか。

「古墳」にしても「神社」にしても元は同じ「神の食事処」だと思う。

ルノワール 「アルジェリア風のパリの女たち」 この絵にも蛇神の姿が見える。

この絵を調べるのは二回目だが、以前より深く見る事が出来るようになったと思う。

f:id:curlchigasaki:20211015210303j:plain

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)」 1872年 国立西洋美術館

画面全体を大きく見ると、女たちを呑み込む巨大な蛇が見えた。

f:id:curlchigasaki:20211015210320j:plain

右下の鏡を持った奴隷に喰い付く巨大蛇である。女奴隷はその尻の下に半ば白骨化した人間を敷いている。また彼女自身の身体も上半身と下半身が別の人間で組み立てられている。首は上半身で逆立ちした人間の尻の上に置かれているだけで、胴体と繋がってない。女奴隷は生贄の集合体で形作られている。

f:id:curlchigasaki:20211015210330j:plain

中央の女。巨大蛇の目と目の間にいて、自身の身体に小さな人間をいくつもくっつけている。腰の周りに纏っているのも人間であり、これを左手で押さえるようにしている。蛇神に人間を捧げる役目の女であろう。

f:id:curlchigasaki:20211015210338j:plain

鏡を持った女奴隷。よく見ると下半身部分に子供を産んでいる女がいるようだ。巨大蛇神に喰われながらも子孫を残そうとしている人間である。

f:id:curlchigasaki:20211015210346j:plain

向かって左の女奴隷も、上半身、下半身で違う人間がいる。女奴隷の尻の形が不自然なのは、別の人間がそこにいるからである。この女も生贄の人間の集合体であり、背後に見える巨大蛇に喰われる存在であろう。

f:id:curlchigasaki:20211015210354j:plain

主人のブレスレットを修理しているのだろうか。

右乳の下、脇の辺りに見えているのは、上半身を形作る人間の尻から生まれ出る子供の顔か。ルノワールの絵には不気味な部分が多々ある。

f:id:curlchigasaki:20211015210403j:plain

奥の女は大蛇に襲われている。大きな尻に見える部分は身体に巻き付く縞模様の大蛇で、こいつの頭は真っ黒で、女の頭をぱっくりと呑み込んでいるのか。女の本当の身体は左側の巨大蛇に呑まれているらしい。その巨大蛇は上から降りて来て頭を再びもたげて女を喰っているのだ。

f:id:curlchigasaki:20211015210412j:plain

全体図。この絵はパリの女たちにアルジェリア風の衣装を着せて、ドラクロワをまねたと言う表面的な説明では説明しきれていない。この世の支配者である蛇型の神の姿が垣間見え、神の使いの蛇に満ちた絵である。

女たちは身体を蛇に巻き付かれ、襲われている。中央の女だけが足元の蛇を踏みつけている事からすると、蛇神支配のこの世界では地位が高いのだろう。この女だけが巨大蛇神の目と目の間、脳の位置する所に描かれている。

f:id:curlchigasaki:20211015210422j:plain

巨大蛇神は幾通りにも重ねて描かれている。右上から、左上から、降りて来ているが、一番大きな蛇神はイラストでは青で表したものとなる。この蛇の頭の脳の位置に中央の女が座っている。

蛇神は半透明に描かれるので異次元の存在である事が示唆されている。人間と言う有機物を食べるので有機生命体である事は間違いない。あるがままの姿では地上で食事をしにくいので地球上での協力者が創られている。それが巨人族であり、小さな人間を狩り、捕まえて山積みにして神に提供しているらしい。

現在は巨人族はいないようだ。その代わり神(悪魔)の協力者がいてそれは巧妙に隠されている。神の遺伝子をより濃く持っている者は王族であり、一部特権階級の人々だろう。

国の中のごく一部の特権階級の人が国民をうまく騙し家畜化・奴隷化し、知能を発達させないように注意しながら眠るような状態にして置き、分からないように行方不明者を集めて神に捧げているらしい。

ワクチン接種は強制されないとか言っておきながら、一方で変異株が発生とか、未接種者が脅威となり得ると別の人に言わせて、議論を左右に揺らしながら、ワクチンパスポート・マイナンバーカードへの接種履歴記入(健康保険証を兼ねて)とか、都合の良い方向に持っていっているようだ。マイナンバーカードやスマホでは他人に悪用されやすいので心配な人はマイクロチップにして体内に埋め込むことを推奨する人がいづれ出て来るだろう・・・・より一層の家畜化がすすめられるようである。巨大蛇神の頭の上に乗った協力者がそれを推し進める者である。

ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」 蛇神の食事会

見える人には見える。見えない人には見えない。

絵画は自然物を二次元に写し取った物であり、写真同様の物であると思っている人はそれ以外の見方が出来ない。視覚は脳を通して認識されるものだから、脳での思い込みしか無い人には見えない。学校でよく教育された人ほど思い込みが激しい。NHKテレビで洗脳がよく施された人には絵画は教養として身に付けるべきものとして受け入れさせられる。何も考えずに、自分の目がどう見えていようとも、この絵はこう見るのだと教え込まされる。いやテレビや画集や何かの評論には、その作品の内容に関してはほとんど説明されない。作品の由来・作者について・技法はこうであるとの説明があっても、何故その作品が美術館で大事に保管され、オークションで高値取引されるのか、その理由が説明されない。解説者はただ「この作品は良い。感銘を与えられた。」とかの感覚を言うばかりで根拠を示さない。

美術館で大事に保管されている名画は、それを鑑賞者に見せる事で人間を支配しているのである。人間の感性の受け入れ安い部分に働きかけて、脳内の深い所にこの世の残酷な真実を示している。宗教と同じように、最終的には「自ら考える事をやめて私に従いなさい。」と服従させる事を目的としている。

f:id:curlchigasaki:20211011202008j:plain

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」 1876年 オルセー美術館(パリ)

この絵の中にも、この世の支配者の姿が隠れている。

f:id:curlchigasaki:20211011202022j:plain

中央の美人二人が際立っていて、男たちの視線もこの二人に向けられている。それゆえに他におかしな描写がある事に気が付きにくい。

f:id:curlchigasaki:20211011202032j:plain

上図左は、画面手前の椅子に座る男の背中。木漏れ日を浴びた自然な描写と見る人が多いだろう。僕も昔家族で山梨のブドウ狩りによく行ったので、ブドウ棚の下の木漏れ日はこんなもんだったなと一瞬納得しそうになる。しかし木漏れ日がこれほど規則的に並ぶのはおかしいのではないか、木漏れ日が立体的にボコボコしているように見えるのもどうだろうか。

上図右はこの男の奥。少年の顔が意味ありげにこちらを振り向いている。頭の後ろから何かわけのわからない茶色い物が被さっている。また少年の顔の前に別の紳士の肩があるのだが、そこに日があたっているせいか変な形が浮かび上がっている。外套を被った死神のような者の顔が見える。さらに手前の婦人の頭の上の丸い帽子、ひどくはっきりとした紺色で、形も黒豆のように丸い。自然な描写ではなく、何か意図的なものを感じる。

f:id:curlchigasaki:20211011202042j:plain

画面左側三分の一に、こんな形が見える。普通に見ていると、ベンチに座る少年と少女、踊りを踊る男女の姿ではあるが、絵を色と図形だけで見、人物を無視して捉えると別の物が見えて来る。ダンスを踊る人の地面は何故か雲の上の様で白く描かれているのだが、その白っぽい地面の輪郭を辿って行くとイラストのような蛇の頭を上から見た形になっているのが見える。この部分図を遠くから見たり、目を細めて見ると見やすいかもしれない。

この巨大な蛇の右目は少年の顔で出来ている。少女の頭は巨大蛇の中に入り込んでいて、その表情に生気が無い。

f:id:curlchigasaki:20211011202053j:plain

画面の真ん中にはこんな巨大蛇の頭がある。奥の少年の顔が左目、手前の娘の顔が右目を形作っている。椅子に座る男を口に入れているようだ。

f:id:curlchigasaki:20211011202106j:plain

画面に右端にはこの巨大蛇が見える。手前の若い男二人を喰っている。

f:id:curlchigasaki:20211011202117j:plain

全体図で見るとこうなる。三匹の巨大蛇が上から降りて来て人間を襲っている図になっている。違った見え方をする人もいるだろうが、一応僕の見え方を示した。また僕自身も同じ絵を何回も見直すと、見直す都度違って見えたりする。実際今イラスト描いている時には見えなかったより巨大な蛇の頭(左上から斜めに降りて来ている)が見え始めたりしている。

またこの同じ絵が、人間男女の交合図になっているのも以前示した(検索してもらうと過去記事が出るはず)。

名画と言われるものには必ず複数の隠し絵が重ねてあるので分かりにくい。

ルノワール 「海岸の子供たち」 蛇神の頭がよく見える

この世は人を喰う蛇型生命体によって支配されている・・・・などと誰に言っても信じてもらえないだろう。陰謀論にのめり込んだ頭のおかしな人間の言う事だと一笑に付されるのが落ちである。

しかしこれはどうだ。名画の中にはっきりと見える蛇の頭の形、その口先には隠し絵で人間の姿が有り、喰われているように見える。これを何と説明するのだろうか。

相変わらずアクセス数が伸びないが、めげずに探求して行こう。

f:id:curlchigasaki:20211009202119j:plain

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「海岸の子供たち ガーンジー島にて」 1883年 ボストン美術館(アメリカ)

フランス北海岸にある島、ガーンジー島での海岸で水遊びをする家族の光景らしい。岩場にいるらしいが背景がはっきりしない。青い部分は海の水だろう。その中に他の海水浴客らしき姿が有るような無いような・・・・随分と省略した描き方をした物である。四人の家族を目立たせる為にあえて他の描写を不明確にしてあるのか。

f:id:curlchigasaki:20211009202131j:plain

全体図の中にいきなり巨大な蛇の頭が見えた。色を無くしてみると見やすいかもしれない。登場人物をぱっくりと咥えこむ巨大蛇の姿である(他の部分に蛇の頭が見える人もいるかもしれない)。

f:id:curlchigasaki:20211009202142j:plain

画面左上の部分図。海水浴客がいる? それにしても雑な描写で、どうでも良い感じで描かれている。それよりも青い部分だけを抜き出してみると、大きな蛇の頭が見えて来るのが気になる。こいつは小さい女の子の頭に口を付けているようだ。

f:id:curlchigasaki:20211009202154j:plain

ルノワールのいつものモデルだが、帽子の所に黒い蛇が巻き付いている。また、首の所の色が変わっていて、ここだけ赤っぽい。首が切られている事を示唆しているのか。

f:id:curlchigasaki:20211009202206j:plain

母親の姿は縦に長すぎる。特に手と足が異様に長く蛇っぽい。この手足は胴体と繋がっているのか。腰の所に大蛇の頭が見え、そいつが足を咥えているらしい。この女自身も背後の大蛇に襲われて喰われそうだ。女の肩やひじ辺りに小さな人間が捕まっている。向かって左の少女も、ここでは捕まえた食糧なのだろう。つまり蛇神に捧げる生贄である。

f:id:curlchigasaki:20211009202218j:plain

母親の右手は明らかに蛇の形に変わっている。そいつが少女の右手を咥えて捕まえているようだ。母親の左手も蛇であり、指に見えるのはそいつが咥えた小さな人間の足であろう。右手の蛇も少女の手以外に、小さな人間を数体咥えている。

f:id:curlchigasaki:20211009202228j:plain

この少女自身も小さな人間を左手で押さえ付けている。腹が突き出ているのはその為だ。

f:id:curlchigasaki:20211009202241j:plain

画面右の少女は口から何かを飛び出させているように見える。唇が血のように真っ赤で頬も赤いのは何故か。

f:id:curlchigasaki:20211009202254j:plain

この少女の口先にも小さな人間が見えたりする。左手に小さな人間を握っている。ただ母親と違って身体全体が人間の身体で構成されており、身体の外側に大きな蛇の形が見える。この女は大きな蛇に呑まれるべき存在である。

f:id:curlchigasaki:20211009202308j:plain

画面の下端には、他の名画がそうであるように、生贄の人間たちが山積みになっているはずである。確かにこの絵の四人の人物たちの足元に踏みつけられている人間がいるようにも見える。ただはっきりしない。こういうはっきりしない表現の場合、複数の隠し絵が重ねてあるのかもしれない。

f:id:curlchigasaki:20211009202320j:plain

少年の顔は主要人物にしてはぼやけている。まるで生気が無い。よく見るとイラストのようになっている。すなわち身体が逆立ちした人物で出来ている。両手が両足であり、肩が尻である。右太ももの所に顔がある。左手は左足に隠れた所にあり、右手は左太ももと見える所にある。下肢は左右とも別の小さな人間である。

f:id:curlchigasaki:20211009202329j:plain

全体図。上空から巨大な蛇神が降りて来ている。絵の中の四人の人物は巨人族であり、小さな人間を捉えて来て足の下や手の中に捕まえており、蛇神に喰わせている。人間の創生当時の姿がここに描かれている。人間とはこういう存在なのだと繰り返し見せつけている。

f:id:curlchigasaki:20211009202339j:plain

巨大蛇神の頭は画面のあちこちに見えて来る。どれも半透明であり、奴らが異次元の世界の住人である事を示しているのだろう。

上から来る一番大きな蛇に人物たちが喰われているが、母親だけは巨大蛇の頭の真ん中で(目と目の間、蛇の脳内で)蛇の食事の補助をしているように見える。西洋画では聖母マリアに当たる存在が必ず描かれる。人間に自ら進んで生贄になる事を指導する存在である。

この巨大蛇の口の下に黄色っぽい岩場があるのだが、ここにイラストのような人間の男女の性行為図が隠れているように見えた。

 

ルノワール 「カフェにて」 テーブルの上の人肉

「ゴッホ展」にはこの作品も来ているそうだ。

f:id:curlchigasaki:20211003190523j:plain

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「カフェにて」 1877年 クレラー・ミュラー美術館(オランダ)

印象派のこの時代は、カメラの発明と発展普及の時代と重なる。この絵はカメラのスナップショットのようにカフェ内の一情景を切り取って見せている。中央の娘二人は顔が重なっているし、後ろの紳士の視線も定まらない。右上の群衆に至ってはその動きにカメラが追い付かずにぶれている。婦人の前のテーブルらしき物も、その上にある物も何だか分からない。ただそこに見えるがままの形を絵にしてある。

f:id:curlchigasaki:20211003190531j:plain

はっきりと描かれているのはこの三人の顔だけ。

f:id:curlchigasaki:20211003190540j:plain

紳士の目は虚ろで、口の周りが赤く汚れている。顎下の首あたりにも赤いものが張り付いている。鼻の下や顎の髭にしては赤すぎる。

娘の口から何かが飛び出ている。口からタコの足のような赤いものが出ている。奥の娘の口も同様で、うどんをすするよな形で赤っぽい何かを食べている。奥の娘の顎下に髭のような物が見える。

こいつらも小さな人間を喰う巨人族ではないのか。

f:id:curlchigasaki:20211003190548j:plain

中央の女の身体がどこかおかしい。全体的に見ると三角のおにぎりみたいな形になっていて美しいとは思われない。イラスト化しながら細かく見て行くとこうなった。女の身体は別の人間の身体が数体積み重なって出来ている。下の方では男女が性行為をしているようで、尻から子供まで産んでいる。その上に尻を見せた人間が逆立ちをするような格好でいて、尻の上に女の顔が乗っている。

女の身体のあちこち、特に左下の尻の辺りの多く、血が付いている。

f:id:curlchigasaki:20211003190555j:plain

右上のピントがずれた数人の人物。イラスト化しながら詳細に見るとこんなになった。

f:id:curlchigasaki:20211003190603j:plain

中央の女の手の先、画面右下部分にこの絵の意味が集約されているのではないか。

丸いテーブルの上で両手を合わせ、白いカップらしき物や茶色い食事らしき物に相対している様子だが実際はどうだろう。

f:id:curlchigasaki:20211003190610j:plain

テーブルの右端にこんな茶色い蛇がいる。茶色いのが二匹、白っぽいのが一匹か。小さな人間の形をした物を咥えている。

f:id:curlchigasaki:20211003190617j:plain

女の右手は左手の上に置いているのではなく、テーブルの上の小さな人間を押さえ付けている。左右の手の色が全く違うから分かる。

f:id:curlchigasaki:20211003190625j:plain

女の手の先にある白く丸いものは白蛇の頭であるらしく、その胴体は左上に流れて行くか、イラストのように真下に降りて行くようだ。

つまりこの絵は女が小さな人間をテーブルの上に広げて置いて、自分でも喰い、蛇たちにも喰わせていると言う図である。

f:id:curlchigasaki:20211003190632j:plain

ルノワールの絵の中には、時々気味の悪い化け物っぽいものの姿が見られる。この絵の中ではこんな所。左二つは化け物の顔。女の手の上に見えるのは人間の横顔。手の右に見える白蛇の頭は人間の骸骨にも見える。

f:id:curlchigasaki:20211003190640j:plain

女の前のテーブルの上は実はこんな風に人間の身体のパーツが置かれているのかもしれない。上空から降りて来た蛇神様が食べやすいように解体しておいたのかもしれない。

f:id:curlchigasaki:20211003190647j:plain

蛇神様が見える。右の紳士の頭と画面上隅の黒い部分を両目とした蛇の頭。もう一匹は右の紳士の頭と左の紳士の顔を両目とした蛇の頭。これら蛇神が画面下半分に描かれた生贄の人間を喰う。

f:id:curlchigasaki:20211003190655j:plain

家畜は喰った分だけ増やさなければいけないので、家畜たちの潜在意識にこんな隠し絵を沁み込ませる。赤い女の尻に青い男が覆いかぶさり、男性器を挿入している図である。性行為と同時に紳士と娘たちの三人が生まれ出ている。

 

ルノワールの絵も結構残酷な表現が採られている事が分かった。