名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

レンブラント 「ペルセポネーの略奪」 これでも蛇が見えないか。

ここに写実的に描かれた蛇の絵がある。

f:id:curlchigasaki:20211206195419j:plain

レンブラント・ファン・レイン 「ペルセポネーの略奪」 1631年 ゲメルデガレリー(ベルリン)

この絵(再掲だが)、一目見て蛇の横顔が大写しで描かれていると発見できる人もいるだろう。しかしそう見えてもさすがにオランダの誇る大画家レンブラントの絵なのだから、それはあり得ないと自分の目を否定してしまうのかもしれない。教育が邪魔をしてしまうのだ。素直になって見える通りの反応をすれば良い。ここには大口を開けて何かを呑み込む蛇の横顔が描かれている。

詳細に見れば、ギリシア神話の「ペルセポネーの略奪」が絵になっていると言われればそうも見える。確か話は、ゼウスが女神ペルセポネーに横恋慕し、妻のヘラそっちのけで子供を作ってしまう話だったか。確かに馬車の上で男が女に抱き付き、無理やり犯している図ではある。しかし御者たちは振り落とされ、馬も暗すぎてどうなっているのか分からない。これらの登場人物や馬車・森・空・雲などをうまく使って蛇が何かを捕食する場面にしてある。

f:id:curlchigasaki:20211206195434j:plain

絵を小さくして、明るくしたり、色を抜いたり、ぼかしたりと色々画質調整してみた。蛇が餌に飛びついて咥えた瞬間の絵が実に写実的に描いてあるのが分かるだろう。これでも蛇が見えないと言う人は、学校教育やテレビや新聞等に洗脳されて自分の目で物を見るのをやめてしまっているのだろう。

レンブラントは、いかにも重厚な絵を多く描くので人格者のように思われているかもしれない。しかし実体は蛇(悪魔)に支配され、その命令にただ従っているだけの、人間としての意思を持たない弱い存在であろう。絵の技能を努力無くして得、地位や名誉のために悪魔に魂を売った、または悪魔と契約書を交わした情けない人間であろう。

f:id:curlchigasaki:20211206195444j:plain

2年ほど前に描いたイラストに少し手を加えて見やすくした。僕にはこう見える。茶色っぽい蛇の咥えているのは人間である。また別の巨大蛇も上から降りて来て馬にも見える人間を襲って喰っている。

f:id:curlchigasaki:20211206195455j:plain

こんな風にも見える。画面の中いたる所で巨大な蛇どもが人間を襲っている図である。

蛇型の生命体のようなおぞましい者が人間を支配しているとは思いたくない。しかも奴らが人間を食糧にしているなどとは信じられない。世界中の誰からもそんなことは聞いた事が無い。微かに龍神伝説・ドラゴン伝説等神話の中に語り続けられている話と結びつくのかと想像するだけである。はるか昔の龍神伝説が現代の世界でも実在するとは驚く。そして生贄の儀式は現代でも秘密裏に行われているらしい事もこれら名画の中の隠し絵を見る事で教えられる。

この絵の馬は石の祭壇の上に置かれた生贄の人間に見える。空から降りて来た巨大な蛇神たちがそれを喰っている図である。