名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ルノワール 「ピアノに寄る少女たち」 少女の手を掴む手は誰の手か?

比較的誰にでも見えそうなおかしな画像を続けて揚げる。

逆に言えば何故これが見えないのだろうかと不思議に思える画像である。

f:id:curlchigasaki:20201109182206j:plain

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「ピアノに寄る少女たち」 1892年 オルセー美術館

この絵を見た事がある人は多いだろうと思う。この絵の中に不気味な手が描かれているのを誰も気付かないのだろうか。以前このブログで扱ったのだがもう一度言う。

フランスの美人姉妹がピアノのレッスンをしている絵である。姉らしき人が指導をしている。

f:id:curlchigasaki:20201109182219j:plain

不気味なのはこの部分である。ピアノを弾く妹らしき少女の左腕を下から出ている手が掴んでいる。服の皺ではない。この部分図ではコントラストを強めてはっきりさせたが、これに気付けば元絵そのままの画像(この項一番上の全体図)でもそれが見える。これは何だろう? そして何故こんなにはっきりと分かり易く、見つけやすく描かれているのだろう?

f:id:curlchigasaki:20201109182232j:plain

掴む手の部分をイラスト化するとこうなる。(ここでは親指が向かって右側にあるように思ったがこの時点では間違っていた。次のイラストを描いているうちに親指は左側に突き出ているらしいことが分かった。)

f:id:curlchigasaki:20201109182247j:plain

ピアノを弾く妹の下半身に当たる部分はこの少女自身の身体ではなく別の人物の横たわった身体である事が見えて来た。その人物は背を見せて頭を左にして横たわっている。ピアノを弾く少女の腰に付いたブルーの帯の左に横たわる人の目らしき物が薄く描かれている。この横たわる人の右手が右上方に伸びてピアノを弾く少女の腕を掴んでいるのだ。

椅子のクッションに見える赤い部分はこの人の左手である。血まみれになっている。首と肩の辺りに大量の血が付いている。

画面右端のソファーの部分は同じような裸の人間が積み重ねられている。大きさはさまざまである。ピアノの脚にある装飾的なアーチ形部分は横たわる人の尻の所に当たっており、この人が産んだ子供を表しているようである。

その他このピアノを弾く女の上半身はまた別の人の身体で出来ている。少女の両手はこの人の両足である。頭は椅子の背の左下にあるようだ。

こんな風にルノワールの絵の中の人物は上半身・下半身と別々の人間の身体をくっつけて組み立てられている。またそんな隠し絵の人物の手足・首が切断されていたりするのは印象派絵画の中に多く見受けられる。

絵の中の人物が別の形の人間の身体で構成されていると言う事について、作者はこんな事を鑑賞者に伝えたいのではないか・・・・「この世の中は見える通りの物では無く、真実は全く別の物で出来上がっているのだ。」「お前たちは騙されているのだ。」

 

今世の中は新型コロナウィルス感染拡大とか言って大騒ぎしているが、真実はどうなのだろう。このウィルスを他の病気との合併でなく直接の死因とする死者はどれほどなのか。感染しても完治した人をも含めて感染者累計を大仰に発表するのはどうしてか。例年のインフルエンザ・風邪による死者と比べたら大した事じゃないのではないか。どうも騙されている気がする。

ステイホームだとか言われ、密を避けて人との接触を避けろとか言われ、人々は自宅に籠りがちにされる。マイナンバー制度の圧力が次第に強まる。ワクチンが打たれるようになると今度はワクチン非接種者が差別されるだろう。まるであからさまに家畜小屋の家畜になるように誘導されているようだ。