名画の隠し絵

美術館にある名画には隠し絵がある。それは蛇の形をしており、人間を喰っている。

ボッティチェリ 「聖母子と天使」  恐怖心と洗脳

名画の中に隠された絵は、なんて恐ろしい絵なんだろう。鑑賞者に気付かれずにその脳内に潜入してくる。人間に恐怖心を起こさせる絵をまた一つ発見してしまった。これもこの世界の真実を伝えるが為に隠し絵となっているのだろうが、それにしてもなんて恐ろしい絵だろう。そしてなんて生きにくい世の中に生まれて来てしまったのだろう。

サンドロ・ボッティチェリ 「聖母子と天使」 1465~67年 捨て子養育院美術館(フィレンツェ)

ボッティチェリがフィリッポ・リッピの工房で修行中の、20歳くらいの時に描いたと言う。一見普通の、清潔そうな聖母子と天使の絵である。

この絵、コントラストを強めてぼかしを入れて見ると、別の物が見えて来る。聖母やイエス・天使と個々の人物を見るのではなく、絵全体を一つの明暗・陰影・形の連続とみなし、薄目でわざとぼんやりとさせて見ると見えて来る。

ルーベンス 「キリストの降架」 聖母マリア大聖堂

この絵には全体的に悪魔のような角の生えたドクロのような化け物の顔が見える。

ルーベンス 「キリストの埋葬」 アムステルダム国立美術館

ほくそ笑む蛇に似た顔が画面いっぱいに描かれている。

千手観音像 平安時代12世紀 東京国立博物館

この絵などは離れて見ると、少し鳥っぽいが化け物の頭がはっきりと見える。、所々蛇が飛び出している。左右の千手の形で目が形作られ、観音の足の衣の襞で口が形作られている。その口から蛇の舌のような物が出ているので、全体的に見ると鎌首をもたげた大蛇のようではないか。

ボッティチェリの絵に戻って、ぼかした元絵をイラスト化してみた。斜め横を向いた骸骨に見えないだろうか。

上図右はアニメ「進撃の巨人」の巨人である。ネットから拾ってきたが、これが非常に良く似ている。

小さくしてさらに左右逆にしてみたりした。

細かい所も一応調べておこう。地道なトレースが新しい発見に繋がるかもしれないので付き合ってほしい。

聖母の顔はどの画家が描いても皆性格の冷たさが表情に出ているものだ。そして口が赤く汚れている(元の絵が低画質なのでこれ以上はよく分からない)。

紺色のマントの形が何となく蛇っぽい。手前の椅子の手すり(?)などは別の白蛇に見える。

聖母子のイエスは大抵その辺で捕まえて来た人間の幼児であり、生贄にされる存在である。この子も右目にあざが出来ているようだし、口から血を吐きだしそうだ。頭の後ろでマリアの左手が掴んでいるのはこの子の髪の毛か。

身体のバランスが悪い。上半身と下半身が離れすぎている。これは恐らく、切断された身体を蛇が巻き付いて隠し(布のように見せながら)ているのではないか。もしくはマリアの右手の指が幼児の身体に深く食い込んでいる事から、マリアが手で離れた身体を押さえて繋がっているように見せているのだろう。幼児の首・手・足は全て切れていると思える。

これも天使では無く捕まった人間の少年であろう。顔に打撲の跡がある。ダヴィンチの「キリストの洗礼」に描かれた少年と同じだ。口の中が真っ赤だからこれも口内が血まみれなのか。

翼の所と肩の所に蛇が這っている。左腕は不明確でありここに描かれているのは少年の手ではないのではないか。右手も両足も描かれて無いので恐らく既に喰われてしまっている。この絵の中のどこかにそれは隠れているのではないか。それはマリアの身体の中に含まれてしまっているかもしれない。

全体図

全体図にすると今度はこんな大蛇の姿が見えて来た。マリアはやはり大蛇の化け物であり、幼児と少年を一呑みに呑み込んでしまっている。

さらにその背後に大口を開けた巨大な蛇神がこちらを見ている。聖母マリアやイエス・キリスト、天使の存在などは、この巨大な蛇型生命体が人間を騙すために創作した茶番劇上の登場人物なのだろう(ただ実際には蛇神の遺伝子を伝える類人猿とのハイブリット巨人族は存在していたらしいが、それとマリアの関係はよく分からない)。

人間に恐怖心を抱かせると指示に従わせやすいのかもしれない。人間に骸骨・血・内臓等死をイメージさせるものを見せると怖がるだろう。ウィルスで死ぬぞと脅かされ、ついワクチン接種を望んでしまうのでは奴らの思うつぼだろう。

マイナンバーで一人一人番号で管理され、街中や乗り物内の防犯カメラで個別に認識され、収入もさほど得られなくなり、これからどうなってしまうのだろう。貧乏になった若者が軍隊に志願して入り、戦争で人がどんどん死ぬ世界が来るのだろうか。人は皆ワクチンを打たれて知能が働くなり、ゾンビのようになってしまうのだろうか。