名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

フェルメールまとめ 人間はやっぱり食糧の為の家畜

調べてみたフェルメールの絵がまだ2点ほど残っている。

f:id:curlchigasaki:20220112205402j:plain

1665~1666年頃 「手紙を書く女」 ナショナル・ギャラリー(ワシントンD.C.)

テーブルクロスの暗い色の中に生贄の人間が積み上げられている。ここでもそうだ。

f:id:curlchigasaki:20220112205414j:plain

女はテーブルの上で手紙を書いているように見せて、実は人間の背中の皮をナイフで切り取っているのか。

f:id:curlchigasaki:20220112205436j:plain

女の口は血で赤く染まっている。別の小さな人間を身体に巻き付け、蛇神の為に人間と言う食糧を準備しているだけではなく、自分自身でもつまみ食いしている。剥いだ皮を喰っているのか。頬も少し膨らんでいる。

さらに女自身も蛇神に喰われる運命にある事を示してもいる。女の手は胴体と繋がっているとは思えない。肩に大蛇がいてそいつに咥えられている。下半身は別の人間の身体で組み立てられており、黄色いコートの下端は血がしみ出して真っ赤である。

テーブルにしているのは女の下半身その物かもしれない(イラストではテーブルの所に人間がそのまま積み重なっているように描いたが、そこは切断された下半身のみ、または皮だけになった下半身が置いてあるのかもしれない)。

f:id:curlchigasaki:20220112205453j:plain

全体図。右上から、左上から、巨大な蛇神が人間を喰いに降りて来ている。生贄の人間を用意した女自身も下半身を血だらけにして喰われる。

f:id:curlchigasaki:20220112205511j:plain

1666年頃「絵画芸術」 美術史美術館(ウィーン)130センチ×110センチ

画家とモデルが描かれているが、手前のカーテンと壁のしわしわの地図が怪しい。意味ありげである。

f:id:curlchigasaki:20220112205524j:plain

いきなり全体図。僕にはこの絵がこう見える。カーテンに見えるのは上から降りて来た巨大蛇であり、人間を数体既に咥えている。画家の奥の地図の中には巨大蛇の頭がある。そいつの胴体が床でとぐろを巻いており、モデルをも巻き込んでいる。