名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

マネ 「婦人とうちわ」 解体された生贄の肉

マネの絵もなかなか残酷な表現が多い。調べれば調べるほどその感が増す。

およそ人間は映像的には同じ人間の肉体が通常の形態ではなく、損傷・欠損している物に恐れを抱く。赤い血の色が伴っていればなおさらである。切断された手足が絵の正面にゴロゴロと転がっている絵などがもしあったら、作者の理性を疑うし、まずありえないと考えて信じない。この絵はどうだろうか。

f:id:curlchigasaki:20210815174136j:plain

エドゥアール・マネ 「婦人とうちわ」 1873年 オルセー美術館(パリ)

当時の流行りのジャポニズムを反映して、壁に団扇が張り付けられている。ソファーに婦人が横たわる。長く伸ばされた右足の所には、同じ作者の「オランピア」を思い出させるような小型犬(猫ではなく)がいるようだ。

f:id:curlchigasaki:20210815174154j:plain

黒いドレスの部分が黒すぎて足がどうなっているのか分からないので、画面を明るくした。右足を大きく屈折させて左足を真っ直ぐに伸ばしている? 向かって左方に伸びているのは左足か? どうだろう。少し長すぎやしないか。右足の靴は脱げてそこにあるのか? 靴を履いたままであるならこれも長すぎる。それに足をここまで屈曲させると言うのはどうも優雅さに欠ける。「草上の昼食」の裸の女性と言い、この作者の描く女性は普通では無い。

f:id:curlchigasaki:20210815174232j:plain

口の端から何かが飛び出ている。上下の唇の間にも赤い何かが見える。

この女が巨人であり、小さな人間を口に入れて喰っていると言っても信じてくれる人は少ないだろう。この女が巨大な蛇型生命体の為に人間を捕獲し、生贄として捧げている合間に自らも人間をつまみ食いしているのが見えると言っても、精神異常者と言われるのが落ちだろう。

f:id:curlchigasaki:20210815174212j:plain

この女自身も巨大な蛇神に喰われる存在としており、現に彼女の身体はバラバラに解体されている。両手両足、首と胴体が既に繋がっていない。だから足先はとんでもなく遠くにあり、肘も肩も本来あるべき所より若干ずれている。

f:id:curlchigasaki:20210815174256j:plain

全体図。女の周りも全て生贄の人間が置かれている。しかも所々手や足のパーツだけで転がっている。

今まで見て来た名画は大抵そうだったが、生贄の人間は画面の下端に集められている。そして上方から降りて来た巨大な蛇型生命体がその人間たちに口を付けると言う形になっている。

名画と言うのは、蛇神にとっての食事処・食卓であり、彼らは生食を好むので調理をされず生のまま並んでいる。白いソファーだったりベッドだったりしても、それは本来石の祭壇の上に乗せられている。

f:id:curlchigasaki:20210815174313j:plain

空からやってくる蛇神のうち最も大きい者(神の中の神)が画面いっぱいに隠れている。絵の登場人物はこいつの目と目の間、または鼻先にいて、他の人間たちを喰う手助けをしている。

f:id:curlchigasaki:20210815174606j:plain

「レポス(休息)」 1870~71年 RISD美術館(プロビデンス・アメリカ)

この絵ではよりはっきりと生贄の身体がさらされている。 

f:id:curlchigasaki:20210815174624j:plain

ソファーに座る女性の下半身、足の様子が捉えにくい。この点は黒いドレスの女性と同様である。ドレスの中がどうなっているのか皺を辿りながら想像してトレースしてみた。

ソファーのひじ掛けが女性の切断された片足である。切断面から血が流れ出ている。床面にもその血が溜まっている。

f:id:curlchigasaki:20210815174637j:plain

部分図にして明るさ、コントラストを調整すると切断面の肉がよりリアルに見え出す。

こんなにも露骨な形で残酷な表現がしてある。

f:id:curlchigasaki:20210815174657j:plain

「扇子と婦人」 1862年 ブタペスト国立西洋美術館

この作品でも婦人の大きなドレスの中で切断された片足が変な所に置かれている。

生贄の人間たちが白いドレスの形になって見えている。

f:id:curlchigasaki:20210815174713j:plain

「オランピア」 1863年 パリ・オルセー美術館

この絵でも女性の首が切れており、左手・左足も切れている事が分かる。ほんの少しずつずれているからだ。そしてこのベッドは石の祭壇であり、生贄の人間たちが置かれているところである。ここでの食事の補助をすべく、絵の中の登場人物(この女性)は巨大蛇の鼻先に乗っている。

 

これだけ指摘しても見えない人には見えないのだろう。今まで見た事の無い事柄だからまず信じられない。その理由が理解できないから受け入れられない。拒絶するしかない・・・と言う事になる。まず自分の目に見える物を素直に認める事が大事である。見える理由は後から考えればよい。