名画の隠し絵

美術館にある名画には隠し絵がある。それは巨大な蛇の形をしており、人間を喰う姿が絵になっている。

ミレー 「晩鐘」 敬虔な農夫婦の収穫の感謝の祈りでは無い。

各時代の画家による代表的名画を一作に絞って隠し絵を探っている。重複しても構わずに、より深く見続け、イラストも時に描き直しながら調べている。

ジャン・フランソワ・ミレー 「晩鐘」 1857~1859年 パリ・オルセー美術館

名画にはやたら暗い物が多い。絵具の経年劣化かもしれないし、この絵などは陽が沈む際の逆光の絵ではあるが、僕にがどうもそれが作者によるごまかしに思えてならない。

画像処理ソフトで明るくする。コントラストを強めてみる。するとより分かり易い。

この絵はジャガイモの収穫をしている夫婦が、夕暮れ、教会の鐘の音に合わせて収穫の感謝の祈りをしている場面を描いてあるのだろう。後ろにある一輪車に乗った麻袋には収穫されたイモが入っており、婦人の足元のバスケットにもイモが少し入っている。今夜の食事に使う分だろうか。

二人の足元にはイモの枯れ枝が散乱している。ジャガイモは枝が枯れてから収穫する物だから何の違和感も無いが、一輪車の上のイモ袋は大きさがまちまちの数袋になっているのがちょっとおかしいと思える。

二人の拡大図。男の方は帽子を脱いだ頭がやたら長い。手に持った帽子の形が不明確。婦人の手は農夫らしくかなりごつい。背中が異様に膨らんでいる。

気が付くのは二人とも赤い色が多く使われている事である。赤色を濃くしたのが土の茶色だから、コントラストを強めれば赤色が出て来るのはおかしくないのだが、まるで血まみれのようだ。

男は顔半分と、両肩に血の色が多い。女は目、口、首に血の色が多い。二人とも目がはっきりとは描かれておらず、目が飛び出しているようにも見える。

足元のバスケット。イモが入っていると言うよりは、小さな人間の頭部が不気味な表情をしながら入っているように見える。

バスケット内部を拡大し、イラスト化してみた。僕にはこんな風に見える。血だらけの人の頭、骸骨、蛇が見える。

男の足元。フォークの下にあるのは、イモの枯れ枝ではなく人間の骨ではないか。特に丸で囲んだ所にあるのは、白骨化した人間の手ではないか。

イラスト化してみた。何者かによって食い散らかされた残り物、人間の手、足、頭蓋骨等が散乱しているように見える。

僕は畑でジャガイモも作っているが、こんな風に枯れ枝とイモ自体を散乱させた状態にする事はまず無い。枝を狩り取ってから土を掘り、イモを収穫するから、イモをそのままにしておかないし、枝と一緒には置かない。それにイモを早く回収しなければ日に当たって緑色になって食えなくなるので、放置してはいけない。

一輪車の上のイモ袋、これが袋詰めにされた子供に見えて仕方がない。目に当たる部分が赤黒くえぐれているし、そこから血が噴き出している。

イラスト化しながら細かく見て行くと、子供の身体は小さい人間の積み重ねで出来ているようだ。子供は頭部だけで、その上に蛇が二匹ほど顔を見せている。

女の後ろの遠景に、教会らしき尖塔が見える。その教会辺りから空に向かって立ち上がる巨大な爬虫類がいる。口に人間(喰われながら二人で性行為をしている)を咥えているようだ。教会(宗教)でもって人間を支配する「神」の姿なのだろう。

全体図。イラストのように、うっすらと画面全体に大きく存在する巨大爬虫類の頭が見える。農夫たちを頭の上に乗せ、画面最下端に横たわった人間たちを喰っている。夫婦の足元のバスケットの中に食べかけの人間の頭があり、フォークの下等には食べ殻が散乱している。一輪車に乗せられた子供は、夫婦が新たに捕まえて来た人間たちで、これから捧げものにするところだろう。

この絵はこんな風にも見る事が出来る。女の下半身が男性器のような形をしているので探って行くと、こんな隠し絵が見えて来た。女の後ろから襲い掛かり、性行為をしている図である。