名画の隠し絵

美術館にある名画には隠し絵がある。それは蛇の形をしており、人間を喰っている。

ボッティチェリ 「反逆者たちの懲罰」 神を信じない奴は死んでしまえ!

僕の伝え方が良くないのか、人々の生まれながらにしての洗脳が奥深く沁みとおっていて溶けないのか、理解してくれる人は少ないようだ。普通に考えて・・・・この世の支配者は巨大な蛇であり、その食糧として人間が創られ、今でも食べられ続けている。それがこの世である。・・・・などと言う荒唐無稽な説を信じろと言う方が無理があるかもしれない。しかし僕に言わせれば、「ほら、ここにこんなにはっきりと奴らの顔が見えているじゃないか。その口先には人間が咥えられているじゃないか。何故見えないんだ。」・・・・と言う事になる。

なぜそれが見えるのか、理由は分からない。それが真実だとして、なぜ奴らがそれを見えるようにしているのか、それも分からない。分からない事の方が多い。しかし奴らがそこに見えている事は真実であり、奴らの存在を明らかにする一助になるはずだと信じて、この不人気ブログを続けて行こうと思う。

サンドロ・ボッティチェリ 「反逆者たちの懲罰」 1481~1482年 システィーナ礼拝堂

礼拝堂の南壁面にはモーセの物語が有名画家たちの手によって描かれている。多くの人は天井のミケランジェロに見惚れてほとんど見てないだろう。その中のこの絵を選んだのは、この絵に蛇神の顔がはっきりと見えているからである。

三つの場面が一つの絵に同時に描かれている。画面右側には石をぶつけられるモーセが描かれている。モーセに導かれて来た約束の地カナンに入れそうにない事に怒った民衆が彼に石を投げつけている。石を持った手を振り上げる人、怒りに満ちた顔をする人、モーセをかばおうとする人等さまざまである。

この場面の上の空には、雲・木・建物・山で蛇神の顔が形作られている。手前の人間たちをその大きな口で一呑みに呑み込んでしまいそうである。

部分図を小さくし、ぼかしを入れてみた。さらに薄目で見ると見えて来るかもしれない。

初代のローマ教皇を信ぜず反乱したコラの一族は地面に開いた穴に落とされたり、火に焼かれたりして懲罰を与えられた。この部分図の真ん中で手を振り上げているのがモーセらしい。しかし250人もの人を焼き殺したと言うのもすごい話だ。

画面左のこの絵の上方の空にも、蛇神が顔を見せている。空・雲・山・木で作られた神の顔はなかなかリアルではないか。開いた口の中は真っ黒で、下顎は黄色い。建物の向こうから侵入してくる巨大な蛇神が威圧的である。

小さくしてぼかしてみた。建物の隙間から顔を覗かせる巨大蛇。

モーセが火皿を投げ付けているのだろうか、法王を信じようとしないコラ一族を懲らしめている。モーセの後ろでとんがり帽子を被った白髭の人物が初代ローマ法王(今でもシスティーナ礼拝堂で次期法王が決められる)。法王も香炉を手前の男にぶつけるようにしている。教義の事になるとなりふり構わずに相手を攻撃するのは今も昔も変わらない。

画面真ん中のこの部分では、こんな隠し絵が見えた。ドクロである。モーセも法王も自分たちを信じない物は死んでドクロになれと言っているのか(すごい宗教だな)。

全体図。

画面全体を大きく一つにして見るとこんな風に見えた。さらに巨大な蛇の正面顔である。

小さくしてぼかす。こんな風にしても見ようとしない人には見えないのだろう。

また反対に一度そう見えた人には何度見てもそうとしか見れなくなるのだろう。

僕にはこんな風にも見えた。左右の群衆の塊が嫌に繋がりのある線を作り出している事から、この辺に意味のある形が無いかと探ってみたら見えて来た。出産シーンである。人間の女が四つん這いになって子供を産んでいる。そこを後ろから見た図だ。蛇神は人間の死だけでなく、生をも制御していると言う事を示したいのだろう。