名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ドガ 「赤い衣装の三人の踊り子」 有機物である人間はいずれ他の有機生命体に摂り込まれる。

美術館に大事に保管されている、いわゆる名画と言われる絵の中には「巨大な蛇が人間を喰う」姿が隠れている。僕にはそれが見える。すぐに見える訳ではない。時間を掛けてじっくりとその絵を見続けて、絵を画像処理ソフトに取り込んで明るくし、コントラストを強調したりして次第に見えて来るのだ。物の見方を変える、思考を切り替えるので中々疲れる作業である。この作業の結果がこのブログで、結論はいつも同じ、真実はいつも一つ・・・・人間は蛇の形をした生命体に支配されている。

しかしこの生命体については誰もが知らされてないようで、それを知る事自体がタブーであるらしい。蛇の形をした「神」を騙る者、それが名画の中に隠れている。奴らは自身の存在を隠してはいるが、同時に見える者には見えるようにしてあるのが不思議な所だ。

f:id:curlchigasaki:20211220190124j:plain

エドガー・ドガ 「赤い衣装の三人の踊り子」 1896年 大原美術館(日本)

この絵の背後にも、踊り子に喰い付く巨大な蛇神が隠れている。生贄となった人間を喰いに来た蛇神の姿が描かれている。

f:id:curlchigasaki:20211220190135j:plain

ドガの描く踊り子はひどい顔をしている。まともに眼鼻さえ捉えられてない。ドガにデッサン力が無いのではなく、何らかの意図が込められているからだろう。それは一人一人の少女の顔形では無く、彼女たちの躍動感・生命力のようなものを描きたかったからかもしれない。

f:id:curlchigasaki:20211220190145j:plain

表向きには少女たちの不安な心象風景・・・・舞台へ上がる前の緊張のようなものを感じさせているが、実際の所はどうであろうか。

化け物のような、自分たちよりもはるかに大きな、逆らっても敵いっこない様な強者に捕まった恐怖、これから喰われる恐怖を感じさせているのだろう。

f:id:curlchigasaki:20211220190154j:plain

人によって様々な形に見えるのだろう。踊り子の背後の巨大な蛇は僕にはまずこう見えた。まるで恐竜が人を襲っているような形になっている。ゴジラのようにも見える。奴は口を大きく開けて踊り子を呑み込もうとしている。

このイラストとは違ってもう少し大きな姿にも見えて来た。踊り子三人をまとめて口の中に入れる形で大口を開けている巨大蛇も見えて来た。

右下にあるのは岩か。実際に岩場で練習しているのか、舞台セットの岩か分からない。どっちにしろ僕には人間を咥える大蛇に見える。

f:id:curlchigasaki:20211220190205j:plain

岩の部分は、人間に喰い付く大蛇。今度は顔が横を向いているように見える。

「名画の最下段には生贄の人間の積み重ねがある」との法則の通り、他はことごとく人間の身体である。

f:id:curlchigasaki:20211220190216j:plain

全体図。コントラストを強めると赤い血があちこちに散らばっているのが分かる。

f:id:curlchigasaki:20211220190225j:plain

色の彩度を低めて、少し想像力を逞しくしてイラスト化してみた。中央の踊り子を咥えている巨大蛇の胴体は一旦下に向かうが後方で再び上方に向かい、向かって右方向に下がって、こんな風に顔の周りでぐるっと回転しているのではないか。踊り子に巻き付き、締め付け、呑み込む。手前の岩もその胴体の一部と見る事も出来る。

また岩は別の大蛇の人間を襲う姿と捉える事もでき、とぐろを巻いて絞めつけながら人間を喰っている図にも見える。

f:id:curlchigasaki:20211220190239j:plain

隠し絵はいつも二重三重になっていて、こんな風に見る事も出来る。最も大きな、画面いっぱいに表された蛇神の親玉である。

右上から巨大な蛇型生命体の頭が降りて来ている。その額の上、もしくは神の脳内に三人の巨人族の踊り子がいる。彼女たちはこの三次元世界で神の食糧を狩り集める協力者である。彼女たちが集めた小さな人間たちが、手前に山積みにされている。右側の上に出っ張った所も(大蛇ではなく)人間の身体で、岩は全て人間で出来ている。

蛇神は次元の違う別世界(普通人間には見えない世界)に住んでいて、時々人間と同じ三次元に現れて栄養物(人間)を摂取しているようだ。奴の身体も有機物で出来ているらしく、摂り込むのも有機物(人間)である。言い方を変えれば、有機物である人間はいずれ他の有機生命体に摂り込まれる。