名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ボス 「快楽の園」 神の推奨する現世の在り方

西洋画で「極楽図」・「天国の絵」と言えば、ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂の天井画と共の思い出すのがこの絵である。

f:id:curlchigasaki:20211231141526j:plain

ヒエロニムス・ボス 「快楽の園」 1503~1504年(他説あり) プラド美術館(スペイン・マドリード)

三連祭壇画で、左扉にエデンの園でのアダムとイヴ、中央に現世、右扉に地獄が描かれている。つまり人間の過去・現在・未来が表されている。人間がどうして産まれ、どのように生き、何処へ行くのかをボスの視点で描かれている。

f:id:curlchigasaki:20211231141540j:plain

前景。アダムとイヴ以降、人間はひたすら異性を求め、享楽にうつつを抜かす事に専念して来た。真面目くさった顔で仕事をしていても、結局我が家庭、我が子孫の繁栄のみを願ってそれぞれが繁殖行為に励んできた。

f:id:curlchigasaki:20211231141552j:plain

中景。真ん中の池に美女がいる。男たちは馬等に乗り、彼女たちの周りを駆け巡る。人生は祭りのように楽しければよい。娯楽と癒し、いわば快楽を追求するのが人生である。

f:id:curlchigasaki:20211231141614j:plain

遠景。文明の最先端のスマホやゲーム機器は良いおもちゃである。電車に乗りながら、歩きながら、自転車に乗りながら操作して事故を起こす。ラインやメールを絶えず確認していなければ、ネットに繋がっていなければ不安になる。最先端機器の向こうには何者かによる洗脳がうかがえる。大事なことから目をそらさせている。

f:id:curlchigasaki:20211231141626j:plain

左扉内側。エデンの園。神がアダムにイヴを紹介しくっつけようとしている。その手前では猫がネズミを捕まえる等、鳥や動物たちが捕食活動を盛んにしている。

f:id:curlchigasaki:20211231141640j:plain

左扉内側全体。アダムとイヴをくっつけて繁殖させ、人間を増やすつもりなのだが、その人間を捕食しようと狙っている生物がいる。背後の樹々や丘は大きく見ると巨大な蛇の形をも表しているのだ。捕食されるのはネズミや虫たちばかりでない。人間も捕らえられ、喰われる存在なのだとこの絵は説明している。アダムを作り、イヴを与えたのはその子孫たちを食糧とする為だと言っている。

人間の繁殖を図るため、真ん中の絵で神は快楽に溺れる人間を礼賛する。

f:id:curlchigasaki:20211231141653j:plain

右側扉内側。「樹幹人間」とか「耳の戦車」とかいろいろと名付けられているが、要するに人間の身体の解体である。ナイフや包丁がそれを象徴している。

f:id:curlchigasaki:20211231141705j:plain

快楽の園で享楽的に生きて来た人間は地獄に落ちて身体を切り刻まれる。遠景に見える地獄の業火によって焼かれるのだろうか。手前右下にいる「地獄の王子」が人間を口から呑み込む。

全体的に大きく見るとここにも巨大な蛇がいるようだ。中々捉え難くてイラスト化がうまく行かない。ふわっとした捉え方で、大体こんな感じで巨大蛇の顔が並んでいるのではないかと・・・・。

f:id:curlchigasaki:20211231141736j:plain

真ん中の絵にも巨大蛇の顔が見えている。画面いっぱいの大きなもの、小さめの物、上下縦に並んでいる物等、数匹が重ねて描かれているようで捉えにくい。いずれにしろ画面下端の人間たちを巨大蛇が口に入れると言う約束は守られている。

ここでは人間たちは解体されず生のまま呑まれて食されているようだ。

この祭壇画を見て、巨大な蛇に人間が襲われている図が見えると言う人は僕以外にいなのだろう。美術館の閉館後、暗くなってから見廻りのガードマンがこの絵を見て恐怖を感じる事は無いのだろう。一度それに見えてしまえばもうそれにしか見えないのだが・・・・。

f:id:curlchigasaki:20211231141720j:plain

千手観音像 絹本着色 平安時代・12世紀 東京国立博物館

日本の国宝である。国民皆の税金を使って保管している絵である。この絵など蛇が鎌首をもたげて、人型の化け物(鬼とか悪魔とか言われる物)になっているのがはっきりと見えるではないか。東博の学芸員は夜中に見回りをして、懐中電灯でこの絵を見たら、恐ろしい鬼の顔が見えて驚くと思うのだが・・・・。そういう話は伝わってこない。

要するに西洋のキリスト教であっても、日本の仏教であっても、こう言う蛇に似た生命体が神を騙(かた)って人間をだましているのだ。

 

正月は一週間ほど入院し、手術をするのでしばらくの間ブログは休みになります。