名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

マネ 「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」 やはり解体されている

Google Arts &Culture・E国宝・Wikipediaその他を適当に、気の向くまま見て回り、一巡二巡するうちにまた違った見え方がしてくる。この絵などもそうだ。

f:id:curlchigasaki:20210327194721j:plain

エドゥアール・マネ 「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」 1872年 オルセー美術館

上品で綺麗な女性の肖像画である。この絵を見ていると何とも言えない小気味よさを感じる。ルネサンス期の絵のような人物の形の明暗の移り変わり(明るい部分から暗い部分への)筆跡を残さずにのっぺりと描いてあるわけでは無い。写真のように見える通りの客観的な形を写し取った描き方ではない。作者は明るい部分・中間部分・暗い部分を筆跡も構わずに面で描く。写実的客観的ではなく、人間の目で捉えるようなエッセンスのみを抽出してキャンバスの上に残して行く。人間の目は写真機のように全てを捉えているのではなく、自分にとって見たい部分のみをみているから、それだけを繋ぎ合わせて表現してくれていると言う事でそんな絵に共感を覚える。いわばより人間的な感覚で捉えた絵だから気持ち良いのだ。

この女性、眉毛が繋がりそうな形であり、目尻が垂れており、三ツ口気味で、耳が大きすぎるのだが、顔の中でのパーツのバランスが良いので美人に見える。

f:id:curlchigasaki:20210327194737j:plain

大きく見開かれた目、大きな耳、ピンクの唇、はっきりしない輪郭、ごく大雑把な描き方なのだが、遠目には整って見える。ただ大きな目は何かに驚いている様であり、口の中に真っ赤な色を置いてあるのは不自然である。

f:id:curlchigasaki:20210327194750j:plain

例によって口の中には血があるらしい。下唇の下の髭のような物は小さな人間の一部か。顎の下から頬に掛けては血が付いているのではないか。

f:id:curlchigasaki:20210327194808j:plain

胸の真ん中にぼんやりと描かれているのが表題にある「すみれの花束」であるらしい。女性の美しさを際立たせる為に花をこんな風にボヤーっと描いたのだろうか。花の形も葉・茎の形もよく分からない。また首からぶら下がっているのか、服に付いているのか、手で持っているのかも分からない。

f:id:curlchigasaki:20210327194826j:plain

上図右はネットで拾った「すみれ」の写真。確かにすみれっぽい。しかし泥の付いた野球のボールだと言われればそうかも知れないと思えるほどおかしな花束である。

f:id:curlchigasaki:20210327194847j:plain

胸の部分をイラスト化してみた。明るさを増し、コントラストを付けるとこんな風に見えた。首に蛇が巻き付いている(イラストでは緑で描いた。これは誰でも捉え易いかもしれない)。体の中に蛇や人間の形がたくさん入っている。すみれの花束は小さな人間の塊ではないか。それを黒手袋をした手で掴んでないか(この手はイラストのようにも見えるが、骨だけになった黒い手にも見えたりする)。

f:id:curlchigasaki:20210327194905j:plain

このへんてこな帽子、何処がどうなっているのか分からない。黒すぎて画質を明るくしてもよく見えない。手探りでイラスト化してみたが何となく蛇が人間に喰い付く場面が描かれているらしい。とぐろを巻く蛇が小さな人間を襲っているようでもある。

f:id:curlchigasaki:20210327194926j:plain

画質を変えて暗くしてみると背景にある物が見えて来た。裸の人間の後ろ姿、尻を中心にした部分が上から吊るされている。

f:id:curlchigasaki:20210327194948j:plain

全体図。このモデルは一見上半身を中心に描かれているようだが、下半身が背後に吊るされているのも描いてある。両腕も途中で切れているかもしれない。

すみれの花束に見える生贄の人間はイラストのように下から上がる蛇に喰われているか、または骨だけになった黒い手(これも切断されている)で押さえつけているかもしれない。

元絵の黒い服があまりにも黒いために、画面を明るく変えても見えにくい。レンブラントの絵のように暗い部分に非常に微妙な濃淡で隠し絵がされている。今使っている画像処理ソフトがPhotoshop Elements Ver2.0と言う何十年も前の古い物だからか、限界がある。お金をためてもう少し良いソフトを買って使えばもっと見えて来るだろうか。

どっちにしてもマネもドガやフェルメール同様解体された人間を隠し絵にしている。

f:id:curlchigasaki:20210327195009j:plain

大いなる蛇神に捧げられる人間家畜を描く。絵画芸術の主題はこれしかない。

悪魔・鬼・龍・妖怪・レプティリアン・イルミナティ・フリーメイソン・・・・これらは全て真実から人間の目をそらす為の物でしかない。