名画の隠し絵

美術館にある名画には隠し絵がある。それは巨大な蛇の形をしており、人間を喰う姿が絵になっている。

アングル ドーソンヴィル伯爵夫人」 写実の中に隠されたもの

最近AI生成画像なる物が横行している。You Tube動画やそのショート動画などでよく見かける。しかしなんて不自然で気持ちが悪い物なのだろう。

美少女の顔は左右対称で一部の不完全さが無い。現実世界ではお目にかかれない様な顔が多い。老人の顔の皺も一本一本くっきりしすぎている。人物の背景も空気が固く固まった様な非現実的な様子で、すぐにAI画像だと分かる。無理やり作った笑顔や怒り顔はどう見ても気味が悪い物が大半だ。You Tubeで不自然な薄気味悪いAI画像を見ると、僕はその内容にかかわらずに親指が下向きのbadマークを押してしまう。

コンピュータ処理がもう少し進化したら自然な画像になるのだろうか。それとも硬質な冷たい感じは無くならず、自然体の画像は実現不可能かもしれない。

名画において、人物画が不自然なのに気が付いた。身体のバランスがおかしい絵がほとんどなのだ。今日はアングルの絵を観ながらその解説をしてみたい。

ドミニク・アングル 「ドーソンヴィル伯爵夫人」 1845年 ニューヨーク フリックコレクション

美しい夫人であり、ドレスの皺までくっきりと描かれている。ここまで写実的に描けるのは天才画家と認めざるを得ないが、あまりに描写が素晴らしいので、おかしな点に目が行かない。すなわち、手の位置が下すぎる。特に右手は腹から生えているのではと思えるほど下に位置している。絵空事とか言って実際にはあり得ない表現であっても絵画では許されたりするが、この絵で手が下がっている理由が見つからない。100年以上存在する中で鑑賞者は誰もこの事に気付かなかったのだろうか。

アングル 「主人を称える聖処女」 1852年 メトロポリタン美術館

この絵の聖母も右手が左下にずれている。腕を切断しなければ肘がこの位置に来る事は無いと思う。

アングル 「グランド・オダリスク」(部分) 1814年 ルーブル美術館

婦人の背中が異様に長く、右手も長い。左足の位置もどこかおかしい。

アングル 「鎖に繋がれたアンジェリカ」 1859年 サンパウロ美術館(ブラジル)

手足は異状ないが、首の形がおかしい。首の骨が折れて変なふくらみが出来ている。

この様にアングルの絵(他の画家の絵でもだが)の人物は手足のバランスがおかしく、まるで胴体と繋がってない。屠畜場で解体途中の家畜肉のように切断されているようだ。

「ドーソンヴィル伯爵夫人」に戻る。腕の部分だけをコピーペースト、その際縦に縮めて重ねてみた。プリズムを通して見たようなおかしな画像になったが、手の長さ、位置に関しては自然に近くなったと思う。

この女の両手は切られて、その位置に置かれている。

口の辺りを拡大してみると、やはりおかしい。口の端から白い糸のような物が下に垂れている。鼻から垂れているようでもあり、何者かによって画布が傷つけられたようにも見える。それと手の影、人差し指の影がいやに細い。光源が二つあるのかもと思ったが他の部分(鼻の下等)を見ても光源は一つで、もう少し太くなければならない。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「聖アンナと聖母子」では、聖母は口から血を垂らし顔中血で汚れている様子だったがそれと似ている。それとこの唇、右端から何かが飛び出ている。トカゲの尻尾にも見えるし小さな人間の足にも見える。口に何かを入れて喰っているらしい。

左手人差し指で何かを押さえている。僕にはそれが小さな人間に見える。

肉を齧って噛み切れない筋を伸ばしながら喰っているように思える。

後ろの鏡に映った女の姿がまた怪しい。特にこの手指。鏡は女のすぐ後ろにあるのだから、顎の下に当てた手指がこんな風に映るはずが無い。見えないはずだ。

拡大してみると、これは女の手指では無さそうだ。上から降りて来る蛇に喰い付かれる小さな人間が三人ほど見える。

全体図。

女は首、両手だけしか存在しない。その他身体を構成しているのは別の人間たちであり、それが積み重ねられてドレスのように見せている。女の背後の棚の上に切断された人間のパーツが置いてある。画面の右下、左下にも、損壊した人間の身体が山積みにされているようだ。

背後の大きな鏡の中に上から降りて来る巨大な爬虫類の頭が見える。こいつの為に女の身体も、その他の小さな人間も、用意された生肉である。