名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ゴーギャン 「海辺で」 イヴの創造と蛇神の遺伝子

「人間は巨大な蛇神の食糧」だと名画の中にそのメッセージが隠れている。と言う事の発見のインパクトが自分自身の中で大きすぎて、恐怖感が大きすぎて、なかなかその先に進めない。蛇が人間を喰うと言う事の他にも絵の中に隠されたメッセージがあるはずだからそれを探して行きたい。

ゴーギャンの前回の絵とよく似た点のある絵を見つけた。背景の中に大きな蛇が横たわっている絵である。

f:id:curlchigasaki:20201018220041j:plain

ポール・ゴーギャン 「海辺で」 1892年 ナショナルギャラリー(ワシントン)

前回の「悪魔の言葉」と同じ年に描かれている。「悪魔の言葉」ではイヴが森の中の池のような所にたたずんでいたが今回の「海辺で」では文字通り海辺の光景である。ともに背後にタコノキのような樹が横たわっている。それの形がほとんど寸分たがわない。

f:id:curlchigasaki:20201018220056j:plain

並べてみるとこうなる。左後方の蛇の頭に見える分も右側の木の出っ張りもそっくりである。

f:id:curlchigasaki:20201018220119j:plain

似ている部分だけを線描きで示す。蛇に見える部分の形、画面左側に散らばったオレンジ色の泡のような物、水の中のオレンジ色の線虫っぽい物、画面上方や右側に散らばった白い物。森の中・海辺と舞台は違うが、込められたメッセージは同じではないかと推測する。

f:id:curlchigasaki:20201018220141j:plain

画面下端は例によって生贄の人間の姿が折り重なっているのが隠れている。人間同士は性行為をしていたり、出産していたりする。人間を喰って減らしても繁殖させて増やせば良いだろうとの考えらしい。オレンジ色の泡も小さな人間で、蛇がそれに食らい付いている。

f:id:curlchigasaki:20201018220200j:plain

大きく描かれたこの人物は男に見える。髪が長く乳房らしきものも見えるが、額の隆起や顎が長い事、乳房の描き方が平面的でそれらしくない事がその理由である。

f:id:curlchigasaki:20201018220220j:plain

腰に巻いた布を脱いでこれから海に入ろうとしているのだろうか。画面の真ん中近くに描かれたこの辺り、何か別の意味が有りそうである。

f:id:curlchigasaki:20201018220234j:plain

この女(?)の部分をイラスト化しながら細かく見てみると、やはり人間の身体が幾つもその体内に組み込まれている。総じて名画の中の人物は人食い巨人族たちなのだ。この巨人も以前に喰った人間の身体で構成されている。頭の上(髪の毛に見える)や胸の前(乳房に見える)にまだ食べていない小さな人間を付けている。その他腰にも手先にも人間を持っている。

f:id:curlchigasaki:20201018220253j:plain

向かって左側の女(?)は海に飛び込んでいる所なのだろうか。しかしその割には髪の毛が少しも乱れていない。どうやら画面を横切る大蛇に左手を噛まれている、つまり大蛇に襲われている様子を描いてあるらしい。巨人族も蛇に喰われるのだ。

f:id:curlchigasaki:20201018220314j:plain

この女(?)の口から白っぽい何かが飛び出ている。口の周りは血の赤色に染まっているから、小さな人間を喰っている事を示している。

f:id:curlchigasaki:20201018220331j:plain

画面上部に描かれているのは、モリを手に持って漁をする男? いやこの人物には顔が無い。生贄にされ人間の身体がここに組み合わさって人間っぽく見えているだけだ。顔の所で蛇が小さな人間を喰っている、右手の所でも蛇が人間を喰っている、その他下からも背後の海からも大きな蛇が人間を喰っている。

f:id:curlchigasaki:20201018220409j:plain

画面全体で見ると人間の繁殖を促すこんな隠し絵が見て採れる。横たわった樹は男(青)であり、海の中に女(赤)が尻をこちらに向けてしゃがんで男の生殖器を受け入れている。女の足先が男の尻の下から出ておりそれが見えている。と同時に女の尻から二人の人物が生まれ出ている。

f:id:curlchigasaki:20201018220428j:plain

この絵はこんな風にも見えた。

大蛇に腰掛ける人物は何かを女の中に入れている。手先から流すように出している。画面下端の前面のピンク色の部分は女の子宮か培養池を表しており、巨人の遺伝子がその中に入る。画面右側の大蛇の下腹部の出っ張りは大蛇の生殖器であり、そこから線虫のようなオレンジ色の物が流れ出ているが、そいつと腰掛ける人物が流す液とが子宮内(培養液内)で混ざり合っている様子が描かれているのではないか。つまり巨人の遺伝子と蛇神の遺伝子が合わさっている。そしてその結果左側の海に飛び込む人物が生まれ出ている事を表しているらしい。生まれ出たこの人物も大蛇に左手を呑まれていると言う事は人間の創造は蛇神の遺伝子操作で行われ、その目的は自分たちの食糧確保であるとここでも言っている。

大蛇に腰掛ける巨人の腰布の黄色い模様はまるで人間のあばら骨のようにも見える。聖書の記述通りこの絵はアダムののあばら骨からイヴを創る様子を描いてあるのかもしれない。

前回の「悪魔の言葉」でも仮面の男(蛇神の化身)の流す遺伝子が混ざってイヴが産まれる様子が描かれていたのだ。

イヴの創造はそれまで単一生殖だった巨人族を繁殖力を強めるため、多様性を持たせる為、より免疫力を持たせる為の物だったと思える。その為に蛇神の遺伝子を混ぜたようだ。すなわち人間には宇宙起源の蛇型生命体の遺伝子が混ざっている。