名画の隠し絵

美術館にある名画には隠し絵がある。それは蛇の形をしており、人間を喰っている。

ルノワール 「森の小道」 人間を喰いに来た巨大蛇

最近Twitterでつぶやき始めた。パソコンブログよりもスマホのTwitterの方が見てくれる人が多そうだから。「Curlmiyabara」と言う名で、一日2回くらい投稿している。今までこのブログで丹念に調べた「隠し絵」の最も分かり易いと思う所を、1ポイントずつ短く説明している。

ブログの方の今回の題材はこれ。

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「森の小道」 1874~77年 バルベリーニ美術館(ポツダム・ドイツ)

一見モネの絵によく似ている。しかしルノワールらしく、木漏れ日を丹念に描き映している様子だ。

元の絵と、明度・コントラストを高めた絵。こうしてみると森の中の小道に陽が当てっていると言うよりも、全体的に見た時に浮かび上がる形の方に目が行く。

大きな爬虫類の頭が大きく隠されている。その口先には人間が二人くらい充てられている。地上の人間を空から喰いに来た巨大な蛇を描いてあるようだ。

さらにこういう風に見る事も出来る。

 

ブログでは引き続き名画の端から端まで丁寧に調べてイラスト化する。そこで発見したところの物をTwitterで日々発表する。(本当はYou Tubeで発言するのが最も効果的と思っているのだが、やり方が分からないのでこんな形になっている。ブログの内容をしっかりとまとめて書籍化するのも良いのかもしれない。)