名画の隠し絵

美術館にある名画には隠し絵がある。それは蛇の形をしており、人間を喰っている。

ルノワール 「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」 可愛さの奥に恐ろしい隠し絵

山田五郎のYou Tubeチャンネルでこの絵を題材にしていた。この絵は僕も何年か前に調べて、三本指のレプティアン少女だと言ったりしていた。少なくとも現存する人間の少女とは別物であるとの思いは今でも変わらない。

山田五郎は名画に関するゴシップ的な周辺情報を面白く伝えるのが得意なのだが、絵その物に関しての評論に乏しい。この絵に関しても少女の肌の質感が非常に巧みに表現されていること以外言ってない。身体・髪の毛・背景部分は雑に描いて顔をその分際立たせているくらいしか言ってない。背景が何故こんなにもうっそうとした木の茂みなのか、髪の毛が尋常でないくらいに、実生活では邪魔になって仕方ないだろうと思えるくらいにぼうぼうと膨らんでいるのか、などの事は説明しない。

良く見てみればもっとおかしな部分があるだろうに。気付かないのか。

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」(可愛いイレーヌ) 1880年 ファンデーションEGピエールコレクション

鑑賞者は少女のあまりにも可愛く美しい事に心を奪われて。他の部分は全く見ていないのかもしれない。

今言った事に他に、肩の位置が下すぎる。尻の所に白いリボンがあるようだがそこに変な白い膨らみがある。頭に青い魚の形の髪留めがあって何か不思議だ(日本では生臭そうなので、こう言う物は無いだろう)。背もたれの無い椅子に腰かけているのか。

白い肌はただ白いだけではなく、所々に赤い斑点が見える。血管が透けて見えるのか、そばかすのような物が見えるのか。

下唇に付いている赤い色は何を意味しているのか。

閉じた口から何か赤い物が飛び出している? 

暗い背景でも唇から何か出ているらしい事が分かる。

血の滴るような生肉を喰っているのか。小さい人間が見えるようで見えない。頬に付いているのは飛び散った血痕ではないのか。

イラスト化しながらより良く観察して行くとこんな絵になった。顎の際に沿って流れているのは血なのだろう。こういう微妙な陰影の表現は、決して偶然筆先で生まれるものでは無い。どういう技法かは知らないけれども、少女の顔を表現しながらまた別の画題を重ねて表現している。作者の意図は少女の可愛さ・美しさを表すと共に「人間は蛇型生命体に喰われる存在、巨人族には実際喰われていた。」事をも表す。

三本指の手。トカゲやニワトリと同じである。

何年か前に調べた時のイラスト。解像度の低い画像しかなかったのでこれ以上の事は見られなかった。

今回、WIKIPEDIA COMMONSに高画質画像が発見できたので、イラスト化し直した。指の一本一本が蛇で出来ており、その蛇の口先に小さな人間は咥えられているのが見えた。

爬虫類生命体の思考法が分かりにくい。一つの絵での中で、二つ三つの主張を同時に描き込んであるから。ここでは少女の手を描きながら、その指一本一本が蛇や小さな人間で構成されており、、これは少女が有機生物を食糧としている事を説明している。そしてその蛇が口先に小さな人間を咥えているのは、蛇自体が人間と言う有機物を食糧としている事を表現している。少女の手の中に蛇が含まれ、その蛇の中に人間が含まれる。食物連鎖のような事を絵の中に同時に重ね合わせて表現している。

豊かすぎる赤毛の髪にはこんな画像が隠れていると思う。少女の肩の膨らみが隠された人間の尻の膨らみである。人間は四体ほど見え、上二体と下二体がそれぞれ交尾をしていると思える。

少女の下半身、スカートの部分にも同様に四体ほどの人間が後背位で交尾しながら存在している(僕にはこう見える)。ちょうど少女の両手で押さえつけられて捕まっている状態である。

画面向かって右上、背景の木の繁茂の中にこんな絵が隠されていた。

向かって左側には少女の顔に齧り付く巨大な蛇が見える(こうは見えない人も多いかもしれないが、僕にはこう見えた)。

全体図。少女の前方、後方に巨大な蛇がいて、彼女に齧り付いている。肩の所に大蛇がおり、人間の腕を咥えてあたかも少女の手であるかのようにしている。少女は頭も大蛇に咥えられている。実質少女は顔と両手が大蛇に支えられてその位置にあり、それらしく見せている。バラバラに解体され、喰われる運命にある事を示唆しているのだろう。

少女の下半身は本来あるべき所に無いとなれば、何処にあるのだろう・・・・背景の中にあった。少女の右上は上から降りて来る巨大蛇だけでなく、彼女の下半身も表現していた。少女の尻から下の部分が後ろ向きになって吊り下げられている。

もう一体下半身が吊られているのが見える。向かって左側である。想像だがこれは右の彼女の下半身に性交しようとする男の下半身ではないか。他の名画でも、必ず人間の繁殖を促す隠し絵があったから、ここでもそれがあるはずだと思う。

鑑賞者を美しさ・可愛さで虜にしながらその実恐怖の真実を隠し込んである、残酷な絵である。人間を惹きつけてから洗脳(家畜としての教育)を施す・・・・これがいつもの奴らのやり方である。