名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

マネ 「小さな肖像画」 肖像画の背後の巨大蛇

地道なトレース作業を続ける。

f:id:curlchigasaki:20210212213603j:plain

エドゥアール・マネ 「小さな肖像画」 1861~62年 カールスルーエ州立美術館(ドイツ)

肖像画と言うものの背後には必ずと言ってよいほど巨大な蛇の正面顔がある。今にも大口を開いて絵の人物を呑み込もうとしているような巨大蛇がいる。

この絵の男の子は大人の乗馬服のような物を着てポーズを取っている、一見愛らしい絵である。だぶだぶの服を着、右手には鞭と何か知らないが馬具を持っている様だ。

f:id:curlchigasaki:20210212213616j:plain

整った顔立ちの、上流階級っぽい感じの、目の大きな子だ。

口の左側はどうなっているんだろう。唇とは色の違う、何かを咥えているのだろうか。ここだけが血のように真っ赤だ。

f:id:curlchigasaki:20210212213630j:plain

拡大してイラストしてみるとこんなになった。上方から来る蛇たちが人間を襲う図が至る所に隠れている。口の左端の血の色の部分はよく分からないが、吐き出した血でも表しているのだろうか。

f:id:curlchigasaki:20210212213647j:plain

帽子も黒い蛇数体で構成されている。少年の耳の後ろ辺りの人間に左右とも喰い付いているようだ。

f:id:curlchigasaki:20210212213704j:plain

首と服の襟の境目に赤い色が置かれている。この少年は多分首を切られている。もしくはこれから切られる運命にある。向かって右の白い襟の下端にも血の色があり、左肩に損傷を与えられている事を示している。

f:id:curlchigasaki:20210212213720j:plain

左手の途中から恐らく喰い千切られてだろう、骨が見えている。白いのはワイシャツの袖でその下に手らしき物が描かれていると見る人もいるだろうが、マネと言う有名画家がそんなボヤっとした手を描くはずが無い。右手との釣り合いも保てない。

f:id:curlchigasaki:20210212213735j:plain

右手に持つのは鞭ではなく蛇だろう。その下にあるのは小さな人間を体内に取り込んだ大蛇。小さな人間を口から喰っている最中である。

f:id:curlchigasaki:20210212213811j:plain

人物画の立像としては足の表現が弱々しすぎる。こんな不明確な描き方では人物が地面に立っている事を見る者に納得させられない。少年の顔に焦点を当てた絵だからそこ以外はわざと雑に描いているとも考える人もいるだろうがどうだろうか。

f:id:curlchigasaki:20210212213826j:plain

絵の上半分。背景に何やら怪しげな隠し絵が見えて来る。少年の着た服にも何かが隠し込んであるらしい。少年の胸から腹に掛けて後ろ向きの人間が見える。この人間の左手も少年と同じように途中から損傷していると見えるのだがどうだろうか。

f:id:curlchigasaki:20210212213841j:plain

下半分。弱々しい足は小さな人間数体で出来ている。上から来る大蛇に喰われている。

f:id:curlchigasaki:20210212213900j:plain

全体図。少年の身体は大蛇数体で組み立てられている。胸から腹に掛けてはここでは肩から垂れ下がり、足の人間を喰う大蛇になっている。両袖も大蛇である。一つの部分が数種類の隠し絵を兼ねているからややこしい。

f:id:curlchigasaki:20210212213917j:plain

こんな風にも見える。少年は生贄の石の上に立つ食糧として存在する。それを喰いに来るのは巨大な蛇の姿を持つ生命体。人間など一呑みで呑み込めるような大きな口を開けて喰おうとしている図である。この絵では上方と下方に二匹の巨大蛇が迫って来ている。

f:id:curlchigasaki:20210212213936j:plain

別の見方をすればこんな隠し絵が見つかる。長い時間集中して画面を見続け、目を細めたり視点を変えて見たり色々と試行錯誤の後にこんなイラストが描けた。

上方と中央に二組の男女が性行為をしている。女の股からまた男の股からも子供が生まれ出ている。(人間が作られた当初は多分男女の区別が無かったに違いない。)(こういう隠し絵の性行為が常に背交位なのはこれが普通だったからだろう。)つまり繁殖・増産をしている。

画面下端にも人間が一人いる。うつ伏せで尻をこちらに向けている。子供を産んでいる。しかし産んだ子供もうつ伏せた人間も共に左から来た巨大蛇に喰われようとしている。画面上方部・中央部でせっかく増殖した人間もまた下端のように餌となるのだ。