名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

2020-07-05から1日間の記事一覧

ムンク 「泣く裸婦」 生贄の女の姿

残酷な表現と言うのは真実をそのまま露骨に表しているともいえる。人間は家畜の肉を食べるのにその家畜の殺害現場・と殺現場を見る人は少ないだろう。 エドヴァルド・ムンク 「泣く裸婦(Weeping Nude)」 1913~14年 ムンク美術館(ノルウェー・オスロ) 赤…