名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

フェルメール 「窓辺で手紙を読む女」 大蛇に呑まれる女

この絵は「不気味でおぞましい絵」と題して2年ほど前に調べた。今回はその一部分に注目してみたい。

f:id:curlchigasaki:20201215175948j:plain

ヨハネス・フェルメール 「窓辺で手紙を読む女」 1659年頃 ドレスデン・アルテ・マイスター絵画館

f:id:curlchigasaki:20201215180012j:plain

フェルメールの絵には理解しがたい不必要と思える物が大きく描かれている。右手前のカーテンがその一つである。この部分を縦に縮めるとここには逆さ吊りにされた人間が数体ぶら下がっているのが見える。どうやらその頭部は切断されて地面に転がっているようだ(血抜きの為か)。巨大な蛇がこれらにむしゃぶりついている。

ここは前回見た事で、今回注目したのはここではない。

f:id:curlchigasaki:20201215180031j:plain

フェルメールの絵に度々登場する厚手のテーブルクロスである。まるでペルシャ絨毯のような布地のそれがここでもくしゃくしゃにされている。桃のような果物の入った皿も傾いて一部こぼれ落ちている。通常では考えられない形での布と容器、これは中央に描かれた女性を注目させる為の(美と醜の対比・整理と乱れの対比)作為なのか。またはこの絵の主題の「手紙を読む女」の手紙の内容による女の心の乱れを暗示しているのだろうか。フェルメールが不可解な画家とか謎の画家とか言われる所以はこの辺だろう。

お腹が大きくなった女がその原因を作った男からの別れの手紙を受け取って、窓辺の明るい場所で読み、信じがたい現実を確認している・・・・と言う風にも見えたりする。

f:id:curlchigasaki:20201215180058j:plain

ただこの布、蛇がのたくっているようにも見えないだろうか。

f:id:curlchigasaki:20201215180122j:plain

椅子の上に乗っているのは何だろう。拡大してイラスト化してみるとこんな風に見えた。小さな人間の形が見えた。その他テーブルの上の皿や布もこう見えた。

f:id:curlchigasaki:20201215180144j:plain

さらに画面左下隅の布の中にこんな隠し絵が見えた。大蛇に両足と片手を咥えられ、仰向けになっている女の身体である。その頭部がはっきりとは捉えられない。恐らく首が無いのだろう。

f:id:curlchigasaki:20201215180203j:plain

画面左下の部分はこんなになっているのではないか。大蛇が小さな人間を襲っている場面である。皿に見える部分も蛇で、果物は人間の頭部。手紙を読む女は腰から下を巨大な蛇に咥えられており(スカートではなく)、上体は別の人間の下半身である。その尻の上に女の頭部だけが乗っている。つまり女の首から下は既に無い。女の後の運命は大蛇に喰い付かれ呑み込まれる事である。

f:id:curlchigasaki:20201215190434j:plain

或いはテーブルクロス全体が一匹の大蛇であるか(イラストでは赤)。