名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

ゴーギャン「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」 蛇神側の言い分はこうだ 

ポール・ゴーギャン 「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」 1897~1898年 ボストン美術館

f:id:curlchigasaki:20190214155829j:plain

この作品を扱うのは2度目である。前回は画面の中に無数の蛇がいる事を発見し、この絵は生贄の場面を描いた物らしい事を指摘した。その後より高解像度の画像を手に入れ、他の絵の研究も進めたのでもう少し深く追求できると思う。

横374cmばかりの大作であるこの絵は日本にも来、見に行ったことがある。美術館では人の頭越しであり、良く見えなかった。今回の様にWIKIMEDIA COMMONSの画像で分析した方がよほどよく見える。哲学的画題は絵の左上に文字で描かれているので作者本人が付けた画題である事に間違いない。ゴーギャンが何を思ってこんな画題を付けたのか考えてみたい。

画面は中央にいる黄色い男の他に老若男女様々な人々がマンゴーのような実を収穫し、食べて憩っている所だろうか。犬・猫・ヤギ・アヒル等の動物も一緒にいる。神の石像があり、泉に反射した光を下から受けている。地面の起伏が大きく、果樹の枝も異様にくねくねしている。

人間の生誕から子供時代・青年・老年と老いて行く人生。恋・病気・悩み・死・悲しみ・神への祈り等人生のイベントを描き並べているようである。

f:id:curlchigasaki:20190214155846j:plain

しかしこの絵はただ単に人生を並べて表したものではない。例えば中央少し左寄りの、少女のいるあたりを拡大して精査すると‥‥少女の後ろには生贄の人間の遺体が無数に置いてある(上図イラスト)。肌色の物体はことごとく人体である。赤い翼の鳥の向こうに裸の女と子供が突っ伏している。その手前に緑・赤・青色の人体が折り重なるようにうつぶせている。猫に見える物は大蛇の口から出て来た白蛇で出来た物で猫ではない。ヤギも鳥も蛇で出来た偽物である。

f:id:curlchigasaki:20190214155903j:plain

神の像の向かって左側、拡大するとこんな絵が見える(上図イラスト)。真ん中の黄色い女は小さな少女のようである。その上に覆いかぶさっているのは黄色い人間(ここは出産を表しているのかもしれない)。これらの手前に2体の女(?乳房らしき物が見える)が横たわっている。後方は暗くて良く見えないが僕にはこんな感じに見えた。神の像の右手先には仰向けの人間、頭をこちらに向けている。その下に大蛇に咥えられて顔だけ出している人が4~5人いる。「J」の字に曲がった樹の幹(これは空から降りて来た蛇だが)の左に広い背中を見せる男が逆さに咥えられている。f:id:curlchigasaki:20190214155922j:plain

画面右手に小さく描かれている部分を拡大した。角のある青い怪物が見えるが、そいつの顔の赤や黄色い部分が同時に人の姿に見える。抱き合う男女?下の方にも赤い服の女が上向きに寝ている。その他肌色の部分は千切れた人体のパーツか?水中に漂っている感じで描かれている。モネの「睡蓮」のようである。

上図右は、中央の黄色い男の右上にある木の実の束。マンゴーなどがこんな風に葡萄状に房生りすることはあり得ない。これも人体のパーツであるに違いない。

f:id:curlchigasaki:20190214155938j:plain

この黄色い男はイエスキリストであろう。なぜなら手足や胸に傷口(聖痕)らしき物があるからである。ゴーギャンは「黄色いキリスト」と言う絵も描いている。

そしてマンゴーを捥いでいると言うよりも、神に捧げ物をしているポーズであろう。手に持った物は赤みを帯びた果実に見えるが、右手の後ろにある赤い果実は真っ赤な心臓の色・形をしている。

左手の横の木の実の束も人間の心臓であるとすればつじつまが合う。イエスがその父である蛇神に人間の心臓を捧げているのだ。レオナルドダヴィンチの「聖ヒエロニムス」の場合は自分の心臓を取り出して桶の中に絞り出しそれを神に飲ませていたが、ここではイエスは他の人間の心臓をそのまま神に喰わせている。

f:id:curlchigasaki:20190214155955j:plain

全体図を見るとこんな風になった。生贄の儀式が行われる特定の場所、そこの地面は生贄の人間の遺体や生きたままの人間が集められている。巨大な蛇神が空から降りて来てそれらを呑み込む(半透明の巨大蛇は人間の画像をその中に含めている)。画面いっぱいに広がる超巨大な最上級クラスの蛇神も何となく見える。

エスは蛇神の子だから下半身が蛇の姿であろうと思って神の像の方に伸ばして見たがどうもうまく繋がらない。地面にうねるように縦横に這う大蛇たちばかりが目立つ。

後ろの方にいる胸に手を当てた女たちは心臓を抜かれたのかもしれない。イエスがまとめて神に与えているから。

右手の赤ん坊は病気なのだろうか、もう死んでいるのだろうか、生気が無い。左手の老人はしゃがみこんでムンク「叫び」のようなポーズである。肌の色も悪い。人間赤ん坊の時にはあらゆる病気を一通り経験し免疫を付けて成長し大人になる。活動的な青壮年期を過ぎ老衰するとまた病気の恐怖がやってくる。彼らが画面の端に追いやられているのは食材として相応しくないからか。

子供から青壮年期の健康な人間を蛇神は好んで喰う。血や心臓は大好物である。

 

人間は蛇神が地球生まれの類人猿と他の星から来た爬虫類人を遺伝子操作で組み合わせて創ったと聞いている(われわれはどこから来たか)。その目的は蛇型爬虫類人の地球における食糧確保のためであると言う(われわれは何者か)。人間は地球上に放牧された家畜であり、その事が人間に知られないように少しずつ事故・自殺に見せて誘拐したりして喰っているらしい(われわれはどこへ行くのか)。

・・・・と蛇神側に立っているゴ-ギャンの言い分である。こんなことを人間に知らしめすためにこんな絵を描いた。