名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

クールベ 「画家のアトリエ」 人間は家畜にすぎない。

里芋の収穫が忙しい中、大作の分析に取り組んでいる。

f:id:curlchigasaki:20191113092738p:plain

ギュスターヴ・クールベ 「画家のアトリエ」 1854~55年 パリ・オルセー美術館

縦約3.1m×横約6.6mもあるクールベの代表作の一つである。クールベ自身のアトリエだと言う。クールベの後ろにモデルの裸婦、キャンバスの裏に男のモデルがいる。彼自身の解説によれば、画面右側に哲学者・評論家・詩人等の富裕層の人たち、左側に貧困層の民衆たちだと言う意味の言葉が語られている。

違和感がある。非常に大きなアトリエにたくさんの人間たちを入れ、パトロンたちだけでなく貧民層の人たちまで入れて絵を描くところを見せると言うのはどうだろうか。子供や猫・犬までいる。裸婦と男のモデルは素っ裸である。画家の描く絵の中にはこの二人はいない。必要無いだろう。それに画家は筆とパレットは持っているが筆洗や絵具その他の道具を持ってない。女の服は手前の床に雑然と丸めて置かれている。右に窓が有るが、光源がそれとすれば画家の筆先は陰になって見えにくいだろう。画家の描く絵を見ているのは裸婦と子供だけであり、左右の人々は見ていない。本を読んでいたり、うつむいていたり、目をそらしたり、女を口説いたりしていて関心が無さそうである。この絵は何だ。

f:id:curlchigasaki:20191113092816p:plain

細かい所を順に調べて行く。まずは一番目立つ中央の画家と裸婦。

右のイラストのように人間の形が見て採れた。裸婦は小さな人間を手に持ち、口に入れているらしい。画家の不自然に横を向いた髭の下にも人間がいる。拡大して見ると髭部分も人間であるらしい。こいつも人間を喰っている。

また画家の左手は肘の辺りで切断されている。骨が見え赤い血が出ている。パレットの上の指も切断された物のようである。

キャンバスの絵の中には大きな蛇が上から迫ってくる所が描かれているが、同時に人間が性交している所も見える。

f:id:curlchigasaki:20191113092852p:plain

裸婦モデルの足元の布の塊は人間の山積みである。絵の画面の最下段には蛇神への生贄の人間が置かれるのは定石通り。大きさがまちまちの人間が置かれている。

この山積みの背後にも絵が隠れているようである。椅子の下、裸婦の持つ布の中、床の中の陰影をじっと見続けていると怪しげな絵が浮かんで見えて来る。

f:id:curlchigasaki:20191113092929p:plain

不必要なくらい大きな頭上の空間。壁の微妙な陰影を見続けるとこんな絵が見えて来た(上図右)。人間が交接している。後背位である。それが四人くらい連結している。

男女の区別は出来ない(乳房の膨らみも男性器も見当たらない)。背後から覆いかぶさっている人間の尻から子供のような頭が生まれている。男女の区別が無かった時代の描写だろうか。両性具有で、ミミズのように同一の二体が交接して子孫を産む事があったのだろうか。人間の誕生の際には神による試行錯誤があったらしい。最初は蛇神のように大きな巨人族を創り、徐々に小さくして地球に適合させて行ったからこの絵の中の人間も大小様々あるのではないか。

またこの壁には巨大な蛇の顔が同時に描かれている。この部分図全体に大きな頭があり、牙を持った四角い口が左の方にある。右目は黒く左目は白い。貧民層の人間たちに喰い付こうとしている。

f:id:curlchigasaki:20191113093009p:plain

その貧民層の真ん中に描かれているのがこれ。犬の後ろで綺麗な布を持って向かいの男に見せている。アトリエに来て商取引をしているのか。

男の持つ布切れの下に赤く血に染まった人間が尻をこちらに向けて倒れている。向かい合ったこの二人の男、身体が少しおかしい。僕には上図右のイラストのように見えた。真ん中のアメリカ先住民のような赤い男を含めて三人とも口に小さな人間を咥えている。布切れは下の赤い人間を襲う大蛇にも見える。

f:id:curlchigasaki:20191113093052p:plain

画面左側、貧民層の部分全体を見た。大体すべての男が小さな人間を咥えている。また背後の大蛇に頭を呑み込まれようとしている。

それぞれ膝の上や手に小さな人間を持っている。部分図右端の裸のモデルの足元にドクロが置いてあり、赤犬がじゃれついているがその犬の首が無い。ドクロと犬を繋ぐと頭の皮を剥がされた人間がそこに見える。モデルは大蛇に右手の先を咥えられているようだが、よく見ると手首に小さな人間を掛けて大蛇に掲げて喰わせているらしい。絵の中のこの登場人物たちは蛇に小さな人間を喰わせる手伝いをしているらしい。皆うつむいて沈んでいるのは、蛇に人間を喰わせた後自分たちも喰われる事を知っているからなのか。

f:id:curlchigasaki:20191113093133p:plain

今度は画面右側の富裕層。真ん中に綺麗な服を着た女がいてこれが一番目立つ。これのドレスの左下のふくらみが不自然である。時間を掛けて見続けるとこんな風に見えて来た(上図右イラスト)。大蛇が人間を喰っている。

f:id:curlchigasaki:20191113093216p:plain

奥の窓際に描かれているのは、男が顔を寄せて若い女を口説いている場面? いや拡大して良く見ると白いドレスの女が後ろから来た大蛇に人間を餌として与えている場面である(上図右イラスト)。一人の人間の尻を抑えて背中を齧らせている。

女自身も口に赤い人間の足を咥えていて顔が血だらけである。手首にあるのはブレスレッドでは無く、蛇に齧られた跡だと思う。

f:id:curlchigasaki:20191113093307p:plain

画面右側の富裕層全体。ある者は膝の上に小さな人間を乗せ、ある者は背中に人間を乗せ、また頭の上に人間を乗せて上から来る大蛇にそれを与えている。そして彼ら自身も頭を大蛇に呑まれようとしている。

真ん中の女の足元に寝そべって紙に絵を描く子供がいる。遠目には少年は鑑賞者の方を見ているが、拡大して見ると横を向いている。不思議な表現である(近づくと別の物に見えるこの不思議な表現は他の絵でもたまに見つかる。例えばフェルメールの「牛乳を注ぐ女」のポット。中の牛乳が見えないおかしな絵であるが、近づくとポットの中に蛇が入っていてその頭でポットの入り口が塞がれていたりする。凹部分が凸部分であったりする事がよくある)。この少年の首は蛇に咥えられている。紙の上に乗せられた両手はこの少年の手では無く、女の背後にうつ伏せに倒れている人間の足であろう。絵の中の登場人物はいずれにしてもその身体がまともではない。足が手であったり、首が胴体と繋がってない。体の中に別の人間の身体が幾つも入っていて、その組み立てで身体が出来ている。人間を喰うから人間の組成物が体の表面に透けて見えていると言う事なのかもしれない。またこの世は自分たちが思っているのとは違い、あべこべの物なのだと言っているのかもしれない。僕たちは生まれた時から洗脳されて今まで生きて来ている。物事の真実は親や学校から教えられた事とは別物であるらしい。

f:id:curlchigasaki:20191113093401p:plain

これが元絵。明るく調整した物。

f:id:curlchigasaki:20191113093442p:plain

そしてこれが全体のイラスト。何だか汚らしくなってしまったが、上空から来た巨大蛇に巨人族が小さな人間を喰わせている図である事が分かる。上半分の壁の所には巨大蛇神が表されると同時に人間のセックス場面と出産場面が描かれているようである。

f:id:curlchigasaki:20191113093539p:plain

巨大蛇の食事風景と見てイラスト化するとこうなる。新たに蛇に喰われる人間の形が見えて来た。右手の窓のところ、キャンバスのところ、壁の左手にある黒い四角い所、それに左手の床のギター・帽子の所にも人間が隠れていた。裸婦の脱ぎ捨てた服も一人の人間として見ることが出来る。右側の婦人の足元も大きく見れば一人のうずくまった人間である。それらが上方から、横から来る巨大蛇に喰われている。

画面左右下端に正面を向く蛇の顔が見られる。左側はクールベのサインがある所である。クールベ自身が蛇の一族である事を暴露しているのか。それとも蛇の協力者であるのか。いずれにしても人間創造以来蛇型生命体の遺伝子が多かれ少なかれ人間に入り込んでいるのは間違いないだろう。それが多いか少ないかの違いであろう。それが多い者が富裕層になるのかもしれない。

f:id:curlchigasaki:20191113093620p:plain

f:id:curlchigasaki:20191113093701p:plain

上が再び元絵。下が人間の繁殖を念頭に置いて見た場合のイラスト。

左に交接する人間がいる。その尻から丸い子供の頭が出て来ている。真ん中に立ったまま交接する(?)人間。この尻からも子供が生まれている。右側には出産する人間か、もしくは生まれ這い出る赤ん坊かもしれない。絵の中の隠し絵の生まれる子供は大抵こんな匍匐前進のような姿勢で描かれるようである。要するにセックス・出産が同時に描かれている。

人間の繁殖。思い浮かべるのは日本神話の中のイザナギイザナミの話である。黄泉の国で変わり果てたイザナミに驚きイザナギが逃げる。イザナミは人間を100人殺すと言う。ならばイザナギは人間をそれ以上創る・・・・確かこう言う話だった。人間を(喰って)殺した分以上に人間を創って繁殖させる。人間は神にとって家畜であると言っているような神話である。

結局人間は蛇型生命体によってその遺伝子を与えられて創られた家畜なのだと絵は語っている。