名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

マネ「草上の昼食」 蛇神への生贄にされる人間たち

巨大な蛇神による人肉食が全ての有名絵画の隠された主題ではないかと思っている。その証拠のひとつをここに掲げる。

エデゥアール・マネ 「草上の昼食(水浴)」1863年 パリ・オルセー美術館

f:id:curlchigasaki:20181027094037j:plain

裸の女が、神話でなく現実の世界で男と森の中で昼食をとっている絵で、発表当時世間からの非難が噴出して、サロンにも落選したと言ういわくつきの作品である。素っ裸の女と一緒に黒服の紳士が二人くつろいでいる。後方には川で水浴するもう一人の女がいて、画面手前には昼食のパンや果物が入ったバスケットが転がっている。裸の女の衣類もある。空のガラス瓶も転がっているから酒も飲んだのだろうか。

この絵は随分有名だから昔から知っていた。西欧の金持ちは金で雇った女を連れてこんな風に遊んでいたかと思っていた。有名な絵だから価値があるんだろうなぐらいに思っていた。最近になってネット上で「Google Arts & Culture」等の詳細な画像を手に入れて精査してみると、この絵がとんでもなく残酷な絵である事が分かった。  

f:id:curlchigasaki:20181027094106j:plain

画面左手前のパン・バスケット・衣類等のある部分。バスケットは横倒し、パンは地面に落ちており、衣類もまとまりがなく散乱しているような感じで、どうも理解しがたかった。男と商売女の不道徳な関係をこれで表しているのか。

この散乱した物の中に肌色の物体がある。バスケットの左後ろである。これが人の足に見えた。足とするとその膝小僧の周りに黒い帯が丸く囲っている。

f:id:curlchigasaki:20181027094135j:plain

他にも衣類の起伏を辿って何かが隠れているとみて、イラスト化してみたらこんな風になった。人間の手や足が切断されて転がっている。

絵の手前に蛇神への供物としての人肉を配置するという表現は今までよく見てきた。フェルメールの「牛乳を注ぐ女」・ゴーギャンの「我マリアを拝する」・ルノワールの「二人の姉妹」・横山大観の「龍興而到雲」等である。よく見ると人肉らしきものの周りには衣類や地面に擬して大蛇の絵が隠されていて、その口が付けられている。

f:id:curlchigasaki:20181027094156j:plain

手前の地面にも何か肌色に近い色の何かが散らばっている。人肉か、骨か。うっすらと地面に描かれた大蛇が口の中にそれを入れている。

f:id:curlchigasaki:20181027094219j:plain

画面右の男の左手下に、バナナの皮のような形の物が落ちている。大蛇の口がこれを囲むように集まっているからおそらくこれも人体の一部(手先か)なのだろう。

f:id:curlchigasaki:20181027094248j:plain

裸の女の足がおかしい。尻の手前にもう一本足があるように見える。これは何か。

f:id:curlchigasaki:20181027094312j:plain

僕には切断された人間の足首に見えた。切断面をこちらに向けている。この切断面、横倒しのガラス瓶の丸い蓋では無い(瓶の口は左を向いている)。地面に隠れた大蛇がその断面の下半分を口の中に入れて隠している。足首の上に青い蛇が這いずり回っている。足の指先も別の蛇が呑んで隠している。

f:id:curlchigasaki:20181027094333j:plain

後方の女、背中から下をデカい蛇の大きな口に呑み込まれている。そのデカい蛇はより小さな蛇の集まりにも見る事が出来る。背中に張り付いた蛇は女の本来の輪郭を外側に広げて膨らんだように見せている。わずかに見える二本の足はおそらく大蛇の擬態した物だろう。ある種のイカやタコの様に皮膚表面の色や質感を変化させることが出来るのかもしれない。この両足と左手の手先以外の部分は無くなっている。女の外側全てに(川面部分に)大蛇が隠れていて女に喰い付いている。

f:id:curlchigasaki:20181027094356j:plain

全体をイラスト化してみるとこうなる。空から巨大な蛇がたくさん降りて来ている。四人の男女が蛇たちの中心にいるが、既に彼らの手足は大蛇に千切られ満足な身体ではなくなっている。

奥の女は両足・左腕・胴体が無い。

手前真ん中の男は両足・両手を失っている(そこに大蛇がその部分であるかのように擬態して存在している)。女の後ろで地面に付いた右手は異常に長いので、おそらく見えている手先部分しか無い。裸の女の右足下に出ている二つの足先はこの男の物か。

右の男の左足がこれまた異常に長い。右足先も描かれて無い。これらも千切られているのだろう。

左の裸の女の左足・左手が無い。

画面左手前に供物の様に人体の部品が重ねて置いてある。四人の物だろう。そこには小さな蛇が上に這い、より大きな蛇が喰い、さらに上方から来た巨大な蛇が喰い付いている。

力の弱い者を強い者が喰い、それをさらに強い者が喰うのが自然の摂理。そんな食物連鎖の頂点にいるのが人間だと教えられてきたが、そうではないらしい。人間には知らされていない隠れた存在がその上にいた。人間を食糧にする蛇型爬虫類人たちである。彼らは人間より知恵があり、その存在を人間に知らせずに極秘裏に喰っている。人間には地球を支配するのは人間であると教え、いい気にさせている。そして有名絵画にこんな隠し絵を仕込んで、真実の一部を開示している。「人間は食糧にすぎない、俺たちの家畜なのだという真実をこんな絵に表して教えているじゃないか。愚かな人間はこんな事も気付かないのか。」とあざ笑っている。

f:id:curlchigasaki:20181027094418j:plain

蛇神によって作画技術を得た画家は嘘は描かない。必ず真実を描き込んでいる。

マネのこの絵の人物たちの表情、どこか恐怖の色を感じる。自分より圧倒的に強い大蛇どもに喰われている、抵抗しても無駄なのだ、死への恐れが表情の中に描かれていると思う。蛇の眼に威嚇され催眠状態であるのかもしれない。痛みに耐える苦痛の表現が無いのが不思議である。