畑・生き物・美術

畑にある命・美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

ドガ 「水浴する人々」 まさに人喰い爬虫類

エドガー・ドガ 「水浴する人々(Bathers)」1890~1895年 ダラス美術館

ドガ水浴1
ドガ水浴1 posted by (C)カール茅ヶ崎

ドガの作品には前回の「ベレッリ家の肖像」の中の片足の子供や、「舞台上のリハーサル」の中の生贄場面に見られたように、残酷な表現がさりげなくされている。

この作品は女三人が水浴をしている場面を描いているだけに一見見えるが、三人とも大蛇に喰われている。しかも手足のどれかが無くなっている。

ドガ水浴2
ドガ水浴2 posted by (C)カール茅ヶ崎

第一に目立つのはこの女。泉の畔だろうか、たぶん岩に裸で腰かけて、非常に長い髪を前に垂らして櫛を入れている。顔が全く見えない状態の女を画題に選ぶのもどうかと思うし、美しくとも何ともないポーズである。それに左足の付け根の表現が稚拙すぎる。左足先も書き直しているが、何の必要性があって描きなおしたのか。

ドガ水浴3
ドガ水浴3 posted by (C)カール茅ヶ崎

この栗色の長い髪は大蛇である。女の頭全体を後ろから咥え込んでいる。その大蛇の口から別の蛇が出てきて、その蛇の口からまた別の蛇が出てきて連結して長く垂れている。蛇の連結は右の列と左の列に分かれているようである。またこの同じ髪が下から登って女の顔から咥え込む巨大な蛇にも見えるように描いてある。

ドガ水浴4
ドガ水浴4 posted by (C)カール茅ヶ崎

女の左足は、先の方で地面にいる巨大蛇に喰われている。巨大蛇の口から少し小さな蛇が顔を出していて、そいつに足を呑み込まれているので、足先は見えていない・・・・と言うよりもこの左足自体が女の体を作っている蛇とは別個体の蛇らしい。その付け根の蛇っぽいカーブの所には蛇の眼がある。女の左足は無くなっており、この蛇どもが成り代わっているのだろう。

ドガ水浴5
ドガ水浴5 posted by (C)カール茅ヶ崎

髪を鋤く櫛を持った手。蛇がこちらに向かって迫ってくるように見える。

人間の体を形作る蛇どもと、それとは別の外部から来ている蛇との区別が付き難い。この女も体全体が蛇で構成されているからだ。これは内の蛇・外の蛇どちらだろうか。

ドガ水浴6
ドガ水浴6 posted by (C)カール茅ヶ崎

尻を向けて足を洗っているように見える女。背中が盛り上がりすぎている。左足がどこにあるのかはっきりしない。右足のふくらはぎが裂けている。

精査すると、背中には蛇が張り付いていた。左足は多分真っすぐ下に降りていて内ももが見えているらしいが、どうも遠近感の表現がおかしい。内ももの方が手前に見える。これは髪を鋤く女の頭に噛み付く蛇の頭だろう。その眼と口がうっすらと描かれている。またこの部分はその位置から男性器のようにも見える。

右足は泉の水のような布のような不思議な表現の物に囲まれているが、これは大きく口を開けた巨大蛇だろう。青い蛇が口を開けてその中から白い大蛇が出ている。その白蛇の口から小さな蛇がたくさん出ている。女のふくらはぎはこいつらに齧られ損傷している。また女の頭もぱっくりと黒蛇に咥え込まれている。

ドガ水浴7
ドガ水浴7 posted by (C)カール茅ヶ崎

手前の女は寝転んで何をしているのかと思ったら、巨大な蛇に上半身を呑み込まれていた。女のへそに見える所が巨大蛇の眼である。女の右わき腹が異様に出っ張っており、デッサンが狂っているが、蛇がかぶさって体の線をおかしくさせているのである。右尻も異常に出っ張っているがここにも蛇が齧りついている。

両足とも先の方を地面にの大蛇に齧られており、上にあげた右手も先の方を咥えられている。左手は・・・・切断されているように見える。

ドガ水浴8
ドガ水浴8 posted by (C)カール茅ヶ崎

改めて全体図を見ると、上空から巨大な蛇が垂れ下がってきて、人間たちを襲い、喰っている。どこもかしこも巨大な蛇だらけである。画面左上の馬のような形はこの絵の中で最も巨大な蛇の顔の一部である。頭だけで3メートルはあるだろうか。蛇の額が馬に見えている。

女たちは生贄の対象であり、現在喰われている真っ最中である。手足が喰われて無くなっている場合は小さな蛇どもが協力してその部分の代わりをするが、手前の女の左手のように切断されて血を流している所をさりげなく表す場合もある。このように画面の隅に暗く、分かり難く隠してある。