読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

魂の存在

幽体離脱?
幽体離脱? posted by (C)カール茅ヶ崎

これも昔の話だ。

僕が十代の頃、不思議な体験をした事がある。あまりにも不思議だったので、今でもはっきり覚えている。

生家で寝ていた時だったんだろうか、いつしか僕は家の外の空中にいて、家を見下ろしていた。地上5~6メートルの空間に存在していて、空をフワフワと飛んでいた。

その時はその事が不思議と思わず、もっと飛んでみたくなり、別の場所に行った。

今度は起伏のある野山の地面近くを、低空飛行し始めた。地上1~2メートルの超低空飛行だった。もっと高く飛びたかったが、それ以上高くには行けなかった。

たったそれだけの経験で、以降は覚えていない。

あれは夢だったのだろうか。それとも「幽体離脱」というものだったのだろうか・・・・。

 

幽体離脱があるとすれば、肉体と魂は別の物であるらしい。人間とは魂だけの存在かもしれない。肉体はこの3次元の地球に存在するための単なる入れ物なのかもしれない。肉体が滅んでも(死んでも)魂は生き続け、より高い次元を目指し、必要ならまた地球人に生まれ変わり、修業を積み、いつか全宇宙の統合生命体の様な物との一体化を果たすのかもしれない。

 

だから自分の魂だけはいつもしっかり把握しておきたい。現世の地位・名誉・財産・快楽等と引き換えに、魂を悪魔に売るような事だけは避けたい。

現在の政治家・売れている歌手・漫画家・大企業の社長等はたいてい悪魔と取引をして、魂を売る契約をした連中らしい。手で悪魔サインをしたり、三角の中に目玉の気味の悪いサインを表したりする。

 

魂を他の者にゆだねては、明日は無い。

 

 

爬虫類人?

金縛り?
金縛り? posted by (C)カール茅ヶ崎

あれは何だったんだろう。30年くらい前だったか、金縛りにあって、何者かに捕まれ、運ばれそうになったことがある。

生家に帰省し、昼寝をしていた時だった。気付くと両手両足首を手で捕まれ、持ち上げようとする者がいる。僕は霊感が強い方ではなく、他に別次元の存在を把握することは無かったが、この時だけは夢見心地の中でしっかりと感じた。

この時「僕はまだ死んではいない!連れて行くにはまだ早いぞ!」と心の中で強く叫んだ。そしたらすぐに捕まれていた手は離れ、僕は起き、手足は自由になった。

生家の一番広い8畳間(死んだ父も母もここで寝かされて通夜が営まれた)で北枕で寝ていたので、先祖の霊が勘違いして連れて行こうとしたのかもしれないと思ったから叫んだのだ。

・・・・強く訴えれば、霊的な存在も引き下がるんだなとも思った。

 

使者の霊・先祖の霊・お化け・幽霊と言うのは、今考えると爬虫類人の仕業かも知れないと思うようになって来ている。人間を怖がらせ、自分たちの存在をその眼に触れさせないようにしているだけかもしれない。人間の恐れる物、また畏れる物、神社仏閣・宗教の神も同じように近寄りがたい存在としてのカモフラージュではないのか。

 

心の中で強く念じるだけで引き下がるなんて、奴らは意外と人間よりも弱いのではないか。

 人間は、奴らの作った幻覚の檻の中から目覚めてその能力を充分発揮すれば、奴らに勝ち、想像以上の世界を見れるのではないか。

畑の隅の花

ニラの花
ニラの花 posted by (C)カール茅ヶ崎

畑の隅に花が3輪ほど咲いていた。葉の形からするとどうやらニラの花のようだ。

この畑にニラを栽培していたのは確か5年ほど前。全て掘り起こして他の畑に移植したのだが、まだ残っていたらしい。4年前から去年までこの花は見かけなかったので、取り残しの小さな宿根が徐々に生長し、5年ぶりに花を咲かせたのだと思う。

植物の生命力の強さに感心する。その間、除草剤を撒き、足に踏みつけられていた所だったのに。

地球人は、爬虫類人が遺伝子組み換えで実験的に創り、彼らの食用の家畜として存在しているという人がいる。それなら地球人が花の美しさに心動かされ、写真や絵にしてみたくなるのは、地球人に爬虫類人には理解しえない感性を持っている証拠に違いない。

UFOを見た

UFO
UFO posted by (C)カール茅ヶ崎

それは今から40年も昔の事だった。

1月10日、小田原市民会館で成人式を終えた僕が、ふと空を見上げると頭上空高くに白く光るものが飛んでいるのが見えた。北から南へ、建物の屋上方向に(この絵で言うと右から左に)動いている。編隊を組んでいる飛行機の様にも見えたが、次の瞬間にそれぞれバラバラに動き出した。飛行機の様に直線的な動きではなく、ある物は右にまたある物は左にと、各個にフワフワと自由に動く。

すぐに建物に隠れて見えなくなってしまったが、あれは間違いなくUFOだったと確信している。

ただ白く丸く輝く飛行物体の編隊であり、円盤型でも何でもないのだが、その動きは一度も見た事のない異常なものだった。

 

人間よりも進んだ科学を持った、UFOを操れる存在が確かに昔からいる。

 

そんな存在の事をネットで調べると、「宇宙人・爬虫類人レプティリアン)・宇宙戦争・光の銀河連邦等々」に関して色々な記事が出てくるが、僕は最近、それらの存在を信じざるを得ないようになって来ている。

 

地球にいるのは地球人だけではない。

久しぶりの投稿

f:id:curlchigasaki:20160304181723j:plain

ほぼ1年ぶり。

就農して3年がたった。少しでも余裕があれば投稿していきたい。

梅の木は生長が早い。苗を植えてから5年でもう4メートルの高さになる。もうこんなに花を付けるようになった。

 

農業従事者は収入が少なく、生活に汲々としているが、それだからこそ見えてくるものがある。世の中はウソ・捏造に満ち満ちている事を。

 テレビニュースで、事故・テロ・災害があったとよく報道しているが、どうやらこれらはヤラセの捏造報道らしいことが分かってきた。ヤラセで無かったとしても自然に起こった事でなく、ニュースで言う犯人とは別に、それを仕組んだ者がいるらしい。

学校で習った歴史も、真実とはかけ離れた物であるようだ。

人間がどこから来て、どこへ行くのかと言う永遠の命題も、どうやら考えてもみないとんでもない所に答えがあるかもしれない。

 

自然を大事にし、花を愛でる事、人や動物や植物を愛する事、こういう事は人間にしかできない崇高なことであり、これを忘れてはならないと思う。

春の訪れ

オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ posted by (C)カール茅ヶ崎

畑の中で、春が来たと思うのは、この小さな8mmくらいの花を見てからだ。

土色の地面の中に、また草葉の中に、清廉な青紫の色がひときわ目立つ。

ナズナトウダイグサ等の花も咲いているが、これにはかなわない。なにしろ清潔で高貴な色が目にしみる。

もう一度ハクセキレイ 

ハクセキレイ2

クセキレイ2 posted by (C)カール茅ヶ崎

ずいぶん胸の筋肉が発達しているものだ。空を羽ばたくためには並みの筋肉量では足りないだろう。

四六時中エサをついばんでいるのは、腹に重さを与えないためか。

そして尻の尾を上下に振り続けるのは、自分で排泄を促して、少しでも体を軽くして

飛ぶ為か。