名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ダヴィンチ 「救世主」 ワクチンは救世主ではない

ワクチンを救世主のように思っている人が多いのだろうか。新型コロナウィルスの生態・感染の仕方さえよく分かってないからマスコミも政治家も手探りの報道・思い付きの施策をしているにすぎない。同じコロナ型ウィルスである風邪さえも依然解明されていない。変異株が出たと騒ぐが元々変異を繰り返して生き延びて行くのがウィルスの特徴で、今更驚く事はない。このウィルスも風邪と同じように人間と共存し続けるのだろう。促成されたワクチンなど信用が置けない。個々人が元々持っている免疫力しか救う手段はない。

PCR検査はイコール感染ではないのにマスコミは「感染」と報道する。コロナウィルス単体によってもたらされた死ではないのにそれを「コロナによる死」と報道する。盛った報道、もしくは嘘の報道である。騙されないようにしたい。

「救世主」と題された絵がある。

f:id:curlchigasaki:20210415183345j:plain

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「サルバトール・ムンディ(救世主)」 1500年頃

オークションで史上最高額約508億円で落札され、所在が不明になっていると言う存在自体が不可思議な絵である。(現在サウジの王様が所有しているとも言われる。)

修復がされており、何処までが作者の筆によるものか修復跡か分からないが、詳細画像を見つけたので調べてみた。神の子と言われるイエスキリストを描いた物である。左手に水晶球を持ち、右手で意味ありげなサインを表してしている。イエスは真正面を向き鑑賞者を見つめる。

f:id:curlchigasaki:20210415183359j:plain

保護の為の厚塗りニスを剥がしたためかぼんやりした不鮮明な目になっているのか。しかし元々こういう表現だったのかもしれない。薄ぼんやりしたこちらを見つめる目。前回のマネの絵ほどではないが落ちくぼみすぎの病的な目に見える。まるで病んだ催眠術師のような目だ。

f:id:curlchigasaki:20210415183411j:plain

唇は赤くない。宗教画の聖母にしろ聖職者にしろ真っ赤な唇をしているのが常だがこれは違う。ただ口周りや顎が赤っぽい。真一文字に閉じられた口。その口の向かって右側下のぼんやりした表現は何だろうか。口の端から何か出ているのか、修復の失敗か。この辺りをじっと見つめていると形が次第に見えて来る。

f:id:curlchigasaki:20210415183425j:plain

イエスの顔を詳細に見、イラスト化ながらさらに良く見るとこんな風になった。口から小さな人間が何体もぶら下がっているようだ。顎から首に掛けて漠然とした表現であり、ダヴィンチが正しい形を捉えられないはずはないから、ここにはこういう別の隠し絵が含まれているのだ。髪の毛も上から降りて来る蛇、その口に小さな人間、と言う形があちこちに見られる。頬は両方とも膨らんでいる。蛇神の子イエスは人間よりもはるかに大きく、人間を捉えて喰う存在である。

f:id:curlchigasaki:20210415183444j:plain

閉じた唇の間はよく見ると何かがたくさん挟まっている様子が分かる。口の両端に牙があるような・・・・、無いような・・・・。

f:id:curlchigasaki:20210415183459j:plain

この手の形は、指で十字を切り祝福を表すとどこかで解説されていた。しかし薬指と小指の先に何かぼんやりした陰があり、ここに押さえ付けられた小さな人間がいると見た。

f:id:curlchigasaki:20210415183516j:plain

薬指・小指の下方、手の平部分に裸の人間の尻らしき形が見えるだろうか。ここには二人ほどの人間が捕まっているようだ。

f:id:curlchigasaki:20210415183531j:plain

左手に持つ水晶玉と肩から流れる青い衣の部分。ここには不思議な、意味の分からない表現が採られている。上から青い蛇が降りて来ている。その口先には性行為をする人間が見える。あたかも人間の生殖行為に蛇が関与しているかのように思える。蛇の頭にある三つの白い点がちょうど性行為中の人間の腹の中辺りに位置している。

蛇型の神の遺伝子が人間の性行為中に加えられ、知恵のある人間が創造された事を意味するのだろうか。

f:id:curlchigasaki:20210415183552j:plain

画面上半分。イエスの背景は黒色の塗りつぶしではない。画像ソフトで明るくしてみるとこんな絵が浮かび上がって来た。イエスの後ろで巨大な蛇が口を開けている。父なる神か。

イエスの右手の先には神に捧げる為の人間が乗っている。

f:id:curlchigasaki:20210415183611j:plain

下半分。イエスの上半身は少し大きめの人間の身体が作っている。胸は尻、手は足、左肩の膨らみは頭である(こういう表現はルノワール等他の画家の作品にも見られる。こういう手が足になっている表現は、世の中の事柄は全てあべこべが真実なのだと言っているように思える)。右手首の下に真っ赤な輪状の部分があるが、これは足の切断面であろう。左手首の下も赤い。マネの絵同様手足が切断された状態を見せている(このイエスもいずれは喰われる運命にあるのか)。

胸の真ん中つまり尻の真ん中から出ている宝石っぽい飾りは、生まれ出る人間らしい。

水晶球の中に見える白い三つの点、左手の指先にあるハイライトの白い点(四つほど見える)は何か意味が有るのか。七つほどの点で蛇型生命体の生まれ故郷の星座でも表しているのか。よく分からない。

f:id:curlchigasaki:20210415184046j:plain

全体図。神の子イエスは蛇神の子であり、人間の創造主(蛇神)の遺伝子を強く持ち、人間を家畜として地球に放牧し、それを喰う権利がある存在である・・・・とこの絵は言っているようだ。

神の子イエスは催眠術師のようなその眼で人間を思い通りに導こうとする。この絵を見た人間は蛇に睨まれたカエルのように従順にただ従う。

テレビニュースをそのまま鵜呑みにしてはいけない。疑って自分の目で時間を掛けてじっくりと見なければ本当かどうかわからない。

ワクチンは救世主ではない。