畑の生き物と共に

農園の生き物の事を絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業5年生。

柿の樹の下にクリスマスローズが・・・・

クリスマスローズ
クリスマスローズ posted by (C)カール茅ヶ崎

小田原の畑に久しぶりに行ってきた。

藤沢の畑の借地権設定が出来たので、全部で30アール(3反)ばかりの耕作を今年から始める事になったのだが、こうなるとほったらかしの小田原の畑が気になってきて、今日は荒れ放題になっている所を刈払機で草刈し、耕耘機で浅く耕してきた。ここではサツマイモを作るつもりだ。

作業をしていると近所に住むというおばちゃんが話しかけてきた。「クリスマスローズを分けてほしい。」と言うのだが、初め何のことかわからなかった。よく聞いてみると畑の柿の樹の下に50センチ四方くらいに生えている小さなヤツデの葉っぱみたいなものがそれだと言う。

知らなかった。帰って来て調べるとその花は冬から春にかけていち早く咲く人気のある花らしい。写真を見るとそんな花が咲いているのを過去に見たことがあるような無いような、うつむき加減で可憐に咲く白い花を見た記憶が無いようなあるような、どうも記憶がはっきりしない。

この畑は20年ほど前に両親の死後遺産相続でもらった土地で、しばらく他人に貸しておいた後兄嫁に使ってもらっていた場所だから、その兄嫁が植えた花だったのかもしれない。彼女は昔花屋に務めていて、畑の周囲にアジサイやフヨウ・スイセン・ハナモモ・コニファー等をいろいろ植えて中央部分で野菜を作っていたから、その時の物らしい。

3年ほど自分で耕作しながら気付かず、他人に問われて初めて気付くとは情けない。

結局クリスマスローズは、そのおばちゃんに全てあげることにした。自分としては柿の樹の下は綺麗にするつもりでいたので、知らないまま雑草と一緒に刈り取る所だったから惜しくは無い。花にとっては大事にしてもらう人の所に行った方がいいと思った。