名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

2019-05-05から1日間の記事一覧

モネ 「柳のある明るい朝」 人間は餌であり糞である?

クロード・モネ 「柳のある明るい朝」 200×1275㎝ 1914~1926年の間 オランジェリー美術館(パリ) 睡蓮の部屋の中の一点 モネの一連の睡蓮作品は生贄の池の絵である。蛇神が餌場で人間を喰っている様子が描かれている。人間から見れば阿鼻叫喚の地獄絵図で…