畑の生き物と共に

農園の生き物の事などを絵日記風に書いてます。自身も土と共に生きたいと思って転職した中年農業6年め。

ゴッホ

フィンセント・ファン・ゴッホ 19世紀オランダの印象派の画家。生涯でただ一枚の絵しか売れず、世間に認められずに弟の支援のみに頼って孤高の芸術作品を作り続けた偉大な芸術家。キャンバスに絵具を混ぜずに直接乗せてその発色を保ち、物の形にこだわらず己の情熱を表した作品には感銘を受ける。僕も彼の生き方には心の奥でいつも参考にして来た所がある。

それが、セザンヌ・モネに続いて調べてみると、「やはり同じだ。ああショック!」絵の中に隠し絵があり、得体のしれない者が描きこまれている。

タンギー爺さん
タンギー爺さん posted by (C)カール茅ヶ崎

タンギー爺さん」1887年秋 ロダン美術館

爺さんの左手のコブが変だと思ったら・・・これは勃起した男性器ではないか。両手の前腕の所にも・・またあちこちに爬虫類っぽい・恐竜っぽい顔が見て取れる。

- ーーーー(このブログの画像をクリックすると「フォト蔵」に飛び、そこの画像をまたクリックすると拡大できます)---

種播く人89年
種播く人89年 posted by (C)カール茅ヶ崎

「種まく人」 1850年 ボストン美術館

ミレーの同名作の模写と言われているが、随分色んなものが描き込まれている。まず左手で握っているのは勃起した男性器、しかもでっかい玉袋がぶら下がっている。右肩に変な丸い形があるがこれも玉袋、腕が竿になっている。空にも男性器。種袋の口のしわしわは女性器になっている。あちこちに恐竜のような顔をした悪魔レプティリアンが人間を監視している。

ゆりかごを揺らす女
ゆりかごを揺らす女 posted by (C)カール茅ヶ崎

ルーラン夫人 ゆりかごを揺らす女」1889年1月 シカゴ美術館

背景の花柄は先日のボッティチェリの少年達と一緒の聖母マリアの画像にあった、少年たちをぐるぐる巻きにしていたニシキヘビの柄とそっくりだ。その下の方を拡大してみるとまさにウロコが観える。夫人の下半身は異様に太く丸まっているので多分とぐろを巻いているのだろうと思って観てみると、スカートの皺はまさにそれを表しているかのようだ。夫人の左手が3本指になっている。親指に見えるのは鉤爪(恐竜や鶏に見られる物)だろう。口元を拡大すると、右左の頬に赤いシミがある。唇もいやに赤く光っている。手にした黄色い縄は何を意味しているのだろうか。子供を締めて食べた所の図?

アルルの跳ね橋
アルルの跳ね橋 posted by (C)カール茅ヶ崎

「アルルの跳ね橋」1888年3月 クレラー・ミュラー美術館

この有名な作品に何かあるかと思って何分間かじっと観ていると、橋の煉瓦壁の右側の所にうっすらと恐竜の顔が見えてきた。それの首は長い。陸地の方まで伸びている。どうやら蛇のようだ。洗濯している婦人方の後ろに何やら口を開けた骸骨っぽい顔が並んでいる。川の中に大きく骸骨の顔の様な物が人間を見ている。よく観ると跳ね橋の後ろの空にも何か恐竜の顔っぽい物が人間を狙っている。

種まく人88年
種まく人88年 posted by (C)カール茅ヶ崎

「種まく人」1988年11月 

この男も自身の男性器を握っている。玉袋も丸出しだ。脚は右足を前に出しているのかと思ったら拡大してみるとX字型に交差している。おしっこを我慢しているような脚の形だ。その真ん中からチンチンを出している。右の前腕も首から頭も男性器になっている。右手の平に丸い物が2つあるがこれはタマタマ。川沿いには巨大なそれ、さらに樹に着いた花っぽい物もそこここで玉付き男性器となっている。樹は上方コブの所が牛の頭になっていて、人を凝視している。その下には樹の表面に化け物がいくつか張り付いている。

ひまわりミュンヘン
ひまわりミュンヘン posted by (C)カール茅ヶ崎

「ひまわり」1888年8月 ノイエ・ピナコテーク(ミュンヘン

億単位の高額で取引されるひまわり連作のひとつ。昔何度か見た事があるはずだ。しかし、レプティリアン関係の本・ブログ・YouTube動画を知った今は別の物が見える。

画面中央のくすんだ色の花は骸骨のようだ。骸骨が右の花を齧っているようだ。その右2つの花の種の部分が目に見える。2つの目の下に大きく開いた口も見える。まるで骸骨に齧られて目を見開き、口を大きく開けて苦痛の叫びを上げている人間に見える。その上にも恐怖におののく顔がある。左の骸骨の頭の上の顔は、瀕死の人間(目の周りに隈が出来ている)・一番左のどす黒い顔の人間はもう死んでいる(白い点2つで使者の目を表している)。この骸骨、よく観ると胴体が蛇のように長い。花瓶の口の所で胴体が一周しているのか、または両腕を犠牲者に巻き付けて逃さないようにしているのか。この絵もやはり、爬虫類人が人間を食べる所を隠し絵にした物だろう。

 

自画像87年デトロイト
自画像87年デトロイト posted by (C)カール茅ヶ崎

「自画像」1887年春 デトロイト美術館

ゴッホの自画像の向かって左、右肩の後ろにうっすらとレプティリアンが描かれている。これは悪魔とも呼ばれる者で、ゴッホはこいつに支配されていた。

偉大な芸術家・歴史上の偉人・英雄・政治家・タレント・裁判官・警察官等々、トップに立つ人は皆悪魔に支配されているのか。昔から尊敬していた印象派の画家たちでさえこうなのだから、今回改めて確信が深まった。

モネもやっぱり・・・

散歩、日傘をさす女
散歩、日傘をさす女 posted by (C)カール茅ヶ崎

クロード・モネ「散歩、日傘をさす女」1875年 ナショナルギャラリー(ワシントンDC)

「ああモネよ、お前もか。」と言いたい。モネは一番好きな画家の一人だった。学生時代、その明るい光の織り成す色に目を奪われていた。その晩年不自由な手に絵筆を結び付けて最期まで絵を描き続けた生き方に感動していた。しかしセザンヌ同様何かあるのではと思い、画像の詳細を改めて観てみると、まず勃起した男性器が見えた。レプティリアンが見えた。また上空に三角形をしたUFOまで見えるではないか。セザンヌ同様物の形にまたがって、隠し絵で人間に変な物を見せ付けている。

・・・・(上の画像をクリックすると「フォト蔵」に飛ぶので、そこで出た画像をさらにクリックすると拡大画像が見れます。)・・・・

プールビルの断崖の上の散歩
プールビルの断崖の上の散歩 posted by (C)カール茅ヶ崎

「ブールビルの断崖の上の散歩」1882年 シカゴ美術館

この絵にも巨大なペニスが・・。海の上の雲はWikipediaの拡大画像を見るとこれも巨大な蛇が、ヤマタノオロチのごとくこちらを見ている。右手の岩の影は洞窟であって、中に人間を狙って今にも出てきそうなレプティリアンが顔を覗かしている。 

エトルタの嵐の海
エトルタの嵐の海 posted by (C)カール茅ヶ崎

「エトルタの嵐の海」1883年 リヨン美術館

画面いっぱいに男性器が右下から左上に向かっている。断崖の中央に、牛の頭があり、悪魔の様な眼で人間を睨んでいる。その他波の形・雲の形に模した様々な宇宙人が描かれている。地球上には映画「メン・イン・ブラック」の様に様々な宇宙人いて、空から監視しているそうだから、それを表しているのかもしれない。ただ、この牛頭は悪魔宇宙人の化身だ。右下の骸骨の様なのも人間を食おうと狙っている。

陽を浴びるポプラ並木
陽を浴びるポプラ並木 posted by (C)カール茅ヶ崎

「陽を浴びるポプラ並木」1891年 国立西洋美術館(東京)

左下に竜の頭がある。Wikipediaの拡大画像で観るとそれが恐竜か蛇の頭である事が判る。蛇状の胴体をトレースしていくと、途中に小蛇もいる。樹に巻きついているのもある。巨大蛇の顔の下にうっすらと人間が2人いる様に見える。人身御供としての人間を食べている所かもしれない。

ルーアン大聖堂 日没
ルーアン大聖堂 日没 posted by (C)カール茅ヶ崎

ルーアン大聖堂、日没(灰色とピンクのシンフォニー)」1892~94年 カーディフ国立博物館

モネはこの大聖堂を時間を変えて何枚も描いている。日没の夕日を浴びたその光の印象が素晴らしい・・・・とか思っていたがとんでもない、今改めて観るとこれは悪魔の巣屈の入り口、大悪魔が大口を開けて人間を飲み込もうと待っている。

モネもやっぱりセザンヌの様に、悪魔と契約を交わしている。サロン落選が続いたからか、悪い画商に洗脳されたか、この世の真実を見てしまったのに違いない。人間を性欲のとりこにし、次元上昇させないように、人間は家畜で食糧である事を知らせないようにする為の手先となっている。その使命の遂行と引き換えに人並み優れた絵画技法を授けられたのだ。

俵屋宗達が教えてくれる事

風神雷神図
風神雷神図 posted by (C)カール茅ヶ崎

俵屋宗達風神雷神図屏風寛永年間(17世紀中期)頃 京都市建仁寺

風の神が台風の渦を巻いて強風を起こす。雷の神が雷鳴轟かして稲妻攻撃をする。そしてそのどちらの神も巨大な蛇に乗っている。

俵屋宗達のこの絵に蛇が見えた。それは雲の形を模しているが頭がはっきりわかる。爬虫類人ぽい顔に長い長い蛇体が所々巻きながらクネクネと続いている。

風神は、これはまるで現代の気象衛星画像そっくりに渦巻いている。渦の巻きの方向も間違ってない。渦を表すために風神の左足は関節を無視して曲がっており、足の裏がこちらを向いてしまっている。

雷神は手足が稲妻のように伸び、手首足首もカクカクと折れ曲がっている。不自然に裏返った右手に持っているのは何だろう。太古のバチにしては小さい。・・・・これはギリシャ神話に出て来るゼウスの持物の雷霆(らいてい・ケラウノス)ではないのか。ゼウスは雷を武器とし、「この雷霆をゼウスが使えば世界を一撃で熔解させ、全宇宙を焼き尽くすことができる(Wikipedia)」。雷の太鼓が円状に並んでいるが、これは最近スイスで研究されているCERN(欧州原子核研究機構)を表しているように見える。(これが太鼓だとすれば非常に叩きにくい太鼓ではないか。)CERNは地球を滅ぼしてしまう恐ろしい研究施設だという人もいる。風神の左手にあるのは、「(ゼウスは)万物を切り刻む魔法の刃であるアダマスの鎌も武器としていた。(Wikipedia)」とあるのでそれなのか。

台風・雷・地震・大火事等の災害を起こしているのはこの蛇(龍?)達なのか。草津白根山の水蒸気噴火・阿蘇熊本の大地震・さらに電車の架線ショート事故・最近多い火事もこの蛇たちが異なった次元から原因を作っているのか。

またこの絵は台風の多い日本その他の有色人種圏の神と、西洋の白人種圏の神との戦いにも見える。島原の乱直後の寛永年間に宗達が、攻め寄せるキリスト教国と守る仏教国の戦いを描いたとしてもおかしくないのではないか。異次元空間での戦いはその頃から現在でも続いている。地球上での最強の爬虫類人同士・欧米と日本が世界を股に掛けてしのぎを削っている様子を宗達は教えている。

地球上の人間の支配をめぐって、人間を労働力・食糧として奪い合っている好戦的な爬虫類人たちが太古の昔から現在まで争っている。人間は何も出来ない。ただ人間は少しづつ気付いて来ている。

セザンヌは悪魔の手下

大水浴図
大水浴図 posted by (C)カール茅ヶ崎

セザンヌはやっぱりエロ画家だ。「大水浴図」1898~1905年 フィラデルフィア美術館 には男性器・女性器がそこかしこに隠し絵で描きこまれている。画面中央に巨大な女性器、その内外に多数の男性器がある。

Wikipediaによると・・・・(セザンヌが)述べた「自然を円筒、球、円錐によって扱う」という言葉は、後のキュビスムにも影響を与えた言葉として知られる。・・・・とある。

しかしそれは違う。セザンヌは「男性器、女性器の形によって扱う」と言うのが正しい。

 

カード遊びをする人々
カード遊びをする人々 posted by (C)カール茅ヶ崎

「カード遊びをする人々」1892~1893年 カタールが購入(2億5千万ドル超・美術史上最高値とされる)

これはバーンズコレクションの「休息する水浴者」やエルミタージュ美術館「男性水浴図」と同様レプティリアンが多数描きこまれている。

上の写真では分かりにくいだろうが、Wikipediaセザンヌの項の画像を拡大画像にしてみると(より詳細な画像が今は自宅に居ながらにして見れるので便利だ。)、男2人の後ろの暗い所によく観ると気味の悪い骸骨の様な顔が浮かび上がってくる。観れば観るほどそこかしこにそれはいる。両目の光さえ描かれている。また向かって左の男の耳の下辺りが何か変だなと思っているとそこにはカエルの顔の様な物が見えてくる。右の男の顔も宇宙人の顔が写っているように見える。さらに2人のワイシャツの襟が骸骨の手のようだ。今の所気付いたのはここまでだが、まだ隠れているのかも知れない。

暗闇から覗く爬虫類人レプティリアン)。奴らは常に人間を監視している。セザンヌは奴らに魂を売り、この世一代だけの名声を手に入れた。

 

この絵に描かれたレプティリアン達を見ていて、キャンディーズの歌を思い出した。

 

♪あの人は悪魔 わたしをとりこにする やさしい悪魔

♪レースのカーテンに あの人の影が映ったら わたしの心はもう動けない

♪ふたりの影は やがてひとつの 燃えるシルエット

・(中略)

♪あの人は悪魔 私を夢中にする やさしい悪魔

♪バラ色のぶどう酒に 花びら浮かべば あの人よ

♪ふるえる小指が そう教えるの

♪鏡に映る 長いまつ毛の 恋のエトランゼ

♪AH! AH! DEVIL

♪MY SYEET LITTLE DEVIL

♪Woo...やさしい悪魔

セザンヌもこんな風に現れ、甘い言葉で誘惑する悪魔と契約を交わしたのだろう。歌手のキャンディーズは時々悪魔サインをして、悪魔への感謝を表していたが、画家のセザンヌはその作品中に悪魔を隠し絵で描きこんだのだろう。

男性器・女性器を隠して描くのは、人間をそのサブリミナル効果によって低次元に留まらせようとしているのだろう。

 

 

半身半蛇のマリア

聖母子と聖ジョバンニーニ
聖母子と聖ジョバンニーニ posted by (C)カール茅ヶ崎

フィリッポ・リッピ 「聖母子と聖ジョバンニーニ(洗礼者ヨハネ)」15世紀

 

また半身半蛇の聖母画像を見つけた。しかも背景にUFOも描かれている。

円形画像の下の方に不自然な黒い帯があるので、よく観たらそれはボッティチェリの時と同じように蛇の胴体らしい。食糧としての子供を逃がさないように囲っているのだ。聖母マリアの下半身が長く太い蛇になっていて、2本の脚に見える様に曲がりくねった後、子供2人の外側をぐるりと廻って右後方に伸びている。

子供は生まれたばかりのイエスと洗礼者ヨハネという事になっているが、まずヨハネに生気が無い。イエスも聖母に何か訴えるような目とポーズをしている。洗礼者ヨハネは絵画上では細長い十字架を持つ事になっているらしいが、拡大画像を観るとその十字架が頭に刺さっている。頭を貫通してさらにその先がイエスの肩に突き刺さっている。(WIKIMEDIA COMMONSの画像でもわかる。)イエスの身体の下に血だまりが出来ていないか。聖母の胸から下へ長く垂れている赤い衣服はまるで血の流れの様だ。

右端の牛とロバみたいなのは、角を持った悪魔の化身だろう。

上空のUFOは聖母の右側の光を発するお釜型の物が目立つが、聖母の頭上にも大型の円盤状の物(たぶん小型お釜型を吐き出した母船?)が見える。さらに左の遠景に、丘に見える物もその後ろの山に見える物も着陸したUFOに見える。右の背景の中にUFOっぽい物もあるがこれはどうもはっきりしない。

この絵はマリアの食事風景だろう。UFOに乗って来て子供2人を串刺しにして、「いただきます。」している姿だろう。

現在でも爬虫類人のUFOは南極あたりの基地から発進すると聞いているが、他にも海底基地・火山噴火口基地など世界中にたくさんあるのかも知れない。

行方不明の子供などを集めて奴らに食べさせる仕事をしている人間もいるらしい。

ルネサンス期の画家たちは真実をよく教えてくれる。

セザンヌは近代絵画の父?

休息する水浴者
休息する水浴者 posted by (C)カール茅ヶ崎

 南光政圀さん 「超読み日記」と言うブログを見つけて示唆されることがあった。ポール・セザンヌの絵には隠し絵がある。その絵には男女の生殖器が多く描かれている。

生殖器の他にも僕は色々発見した。

「休息する水浴者」1876~1877年  バーンズコレクション

には、レプティリアンが描かれている。真ん中の雲の形、左下の樹の形、それと右下の岩陰から首を出しているかのような恐竜っぽい形はそれにしか見えない。法隆寺の釈迦涅槃塑像の中の異様な3体、これはどう見ても爬虫類頭のレプティリアンで、これがそっくりそのまま描かれている。彼らは人間が創造される前から地球にいて今でもいるから、最近のフランス人画家の頭に入っていても不思議はない。セザンヌは彼らと交信し、魂と引き換えに作画技術と名声を得たのか。

男性水浴図
男性水浴図 posted by (C)カール茅ヶ崎

次は「男性水浴図」1892から1894年  エルミタージュ美術館

この絵にはドクロが隠し絵でたくさん描かれていて不気味だ。セザンヌの人体はデッサンがまるで出来てなく、画面上の必要に応じて変形させられており、顔は判別出来ないだけでなく、醜くさえある。画面右から2番目の立っている男の顔は最早形を成して無く、まるで剥ぎ取られているようだ。この男の顔の所に大きなドクロの口が当たっている。まるで食べているようだ。と観ると顔の周りに血しぶきのような色が飛び散っている事に気付く。他のドクロも男たちを食べようと狙っている様に見える。やはり人間は彼らのエサである事をセザンヌは知ったのか。

サントヴィクトワール山
サントヴィクトワール山 posted by (C)カール茅ヶ崎

「サントヴィクトワール山」 1887年頃 コートールドギャラリー

この絵は「超読み日記」のブログ主が指摘したものを踏襲するが、この有名なセザンヌの代表作がこんなに卑猥なふざけた絵だとは今まで全く気が付かなかった。勃起した巨大な男性器がここにもあそこにも見て取れる。だいたい樹の枝の先端がこの絵の様にカールする事がおかしいのだ。枝の別れ方も自然の樹の様な規則性が全くない。作者が描きたいものの為に全ての物が自由に変形する。で作者セザンヌが描きたいものとは・・・・チンコか。こんな便所の落書きみたいな絵を有難がって金を払って観に行くなんて、自分も含めてなんてバカなんだろうか。セザンヌは愚鈍な人間達を見下してほくそ笑んでいたのだろうか。

悲母観音?

悲母観音
悲母観音 posted by (C)カール茅ヶ崎

狩野芳崖「悲母観音」明治21年作 東京芸術大学

この絵は人間の創造を表していると思える。

ルネサンス期の聖母子像によく似ているが、マリアに相当するこの観音さまはダヴィンチ・ボッティチェリ等のマリアと同様に隠し絵で半身半蛇になっている。向かって左手の空間におかしな縦線が見え、線をたどってみると、観音さまの身体に繋がってた大蛇が見え出した。右手のピペットから滴が落ち、丸いガラスケースの人間の上に注がれている。

これは人間を創造した神の姿では無いか。中国の言い伝えでは半身半蛇の「女媧・伏羲」が人間を創ったとか。西洋では半身半蛇の「ラミア」と言う魔物の伝説もあるらしい。聖書ではイブをそそのかして知恵の実を食べさせたのは蛇とあり、ミケランジェロシスティーナ礼拝堂天井画の「楽園追放」ではその蛇は半身半蛇で描かれている。

狩野芳崖はこの悲母観音のテーマを試行錯誤の上、死の四日前に完成した(Wikipedia)と言うから何かしらの示唆を誰かから(イギリス人画家フェノロッサか)得て、真実を見てしまったのかもしれない。

下方の赤ん坊は蛇のような紐に身体を締め付けられて苦しそうだ。

左下に岩があり、一部洞窟の入り口の様に開いている。これは「ドルメン」(食糧人間庫)ではないか。

観音さまの腹に奇妙な装飾品が掛かっているが、金色のこの装飾品の形が僕には宇宙人の姿に見えて仕方がない。頭に2本の角があり(日本の鬼として伝承されている宇宙人)。肩幅が広く、手が異様に長い(土偶の形を思い出す。土偶は宇宙人の像?)。

 

人間を創った宇宙人は度々地球を再訪し(観音さまの頭の後ろにある円盤型UFOに乗って)、保存庫の食糧を取り出して食べる。その場面にも見える。

 

ただ観音さまの帽子の形が気になる。はやし浩さんの説明をYou Tubeで観ているとこういう形は「ミトラ帽」と言って、キリスト教の基となったミトラ教信者独特の帽子らしい。キリスト教という悪魔教によってミトラ教は徹底的に駆逐されたが、こういう形で秘密裏に継承されているのかもしれない。日本には密教の弥勒(ミトラ)といて伝わり、この絵は蛇に締め付けられて苦しむ人間の救世主「弥勒」の姿でもあるのかもしれない。(人間創造時のとは別口の宇宙人)(救世主も見た目は爬虫類の蛇型なのか、鬼のような見た目なのか)

ただこの絵の全体を観るとどうしても、「人間は私たちが食糧として創ったのだ。」と作者が訴えているようにしか見えない。