名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

マネ 「草上の昼食」 人間を喰いに空から降りて来た蛇神

人間は他の生命体に喰われるために創られた・・・・と言っても誰も信じてくれないだろう。絵の中にそんな様子が隠れているのが自分には見える・・・・と言っても、信じたくない人(自分が過去教育されて来た事と全く違う為に受け入れられない人)の目には見えても見えないのだろう。目に映っていても脳で受け付けないのだろう。

僕は単に、名画の中に人間を喰う巨大な蛇が隠れているのが見えると真実を言っているだけで、その理由としてその巨大な蛇が人間の創生者であり支配者であるとすると全て納得できると言っているのだ。蛇の姿をした神など気持ち悪くて認めたくは無いが、実際にその姿が絵の中に必ず隠されているのを見ると認めざるを得なくなってくる。

f:id:curlchigasaki:20211129161223j:plain

エドゥアール・マネ 「草上の昼食」 1862~63年 オルセー美術館(パリ)

何度も調べている絵である。しかし何度も見返す事で新たな発見がある。

f:id:curlchigasaki:20211129161244j:plain

画面左下の散乱したバスケットの辺り、人体のパーツが積み重ねられている事を以前に発見した。これらは中央の男女の手足であるに違いない。この男女はピクニックに来て昼食を採っていると見せて、実は生贄の現場で神への捧げものとなっている図であった。奥の男女の見えてない部分(女の左手・左足、男の両手・両足)が手前に積み上げられている。

f:id:curlchigasaki:20211129161302j:plain

今回、画面を小さくして全体的に見てみると、上から降りて来ている蛇神の姿が見え始めた。

上図上段左が色を無くした物。右が明るくしてコントラストを強めた物。真ん中の男女に齧り付く巨大な蛇の頭が見えないだろうか。森の奥に向かって凹んでいる所を逆に凸部として捉えるのだ。すると画面右上・左上に目らしき物が見える。人物たちの後ろに開かれた大きな口らしきものが見えて来る。人間を喰う巨大蛇である。

上図下段左は思いっきり明るくした物。左上から降りて来る巨大蛇の頭が画面いっぱいに隠れているのが分かるだろうか。このくらい明るい方が蛇の輪郭が捉え易いかもしれない。

下段右はぼかしを入れて人物も森も区別できなくしてみた。ただ色と明暗だけで捉えると、何となく蛇が正面を向いているように見えないだろうか。しかも口に何かを咥えている。

f:id:curlchigasaki:20211129161321j:plain

最も大きく画面いっぱいに隠された蛇神のイラスト。僕にはこんなにはっきりと見えているのに、信じたくない人には全く見えないのだろうな・・・・。

f:id:curlchigasaki:20211129161338j:plain

別の見方をするとこんな風に見えた。今度は3~4匹の蛇である。

右上から男女を喰いに来た巨大蛇。

左に蛇腹を見せながら鎌首をもたげている巨大蛇。こいつは既に人間の身体のパーツを口に咥えている。

画面下端に鑑賞者を見つめる巨大蛇。

画面左下隅に積み上げられた人体パーツを後ろから口に入れる大蛇。

f:id:curlchigasaki:20211129161350j:plain

ぼかしを入れた図にはこんなイラストが描けた。こんな形も重ね合わせられているかもしれない。