名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ドガ 「読書する女」 神による人肉食の絵

まるで悪魔の化身が描かれているようだ。

ドガのこの絵、どう見まわしても人間の女が描かれている様には見えない。

f:id:curlchigasaki:20220327200817j:plain

エドガー・ドガ 「読書する女」 1885年 ワシントン・ナショナル・ギャラリー

原題は「Liseuse」とあり、フランス語で「読書灯」または「ベッドで読書する時に羽織る婦人用部屋着」の意味もある。何だかひじ掛け付きソファーの上に行儀悪く裸で後ろ向きに座って、光る手紙のような巻物を読んでいるように見える。しかしこの腕の太さはどうだ。下半身の形はどうなっているのか、捉えどころがない。上半身と下半身がねじれすぎてうまく繋がってない。壁に掛かった額縁も、下のソファーのひじ掛けだかベッドの縁だか分からない部分もとても理解しがたい表現である。

f:id:curlchigasaki:20220327200829j:plain

上左側、ジャン・オノレ・フラゴナール「読書する娘」1775年 ワシントン・ナショナル・ギャラリー

「読書する女」と言えばドガの絵の100年前のこの絵が思い浮かぶ。しかも所蔵場所も同じである。フラゴナールの絵は縦82センチ、それに比べてドガの絵は縦38センチ。油絵と銅版画と言う違いもある。フラゴナールの静かな読書風景に比べてドガのこの女が素っ裸であり、動きも下品な感じがする。

ドガと言う画家は、You Tube動画で山田五郎が言っていたように、変態男なのだろうか。

f:id:curlchigasaki:20220327200843j:plain

この絵は一度調べた事がある。それに少し手を加えて新しい解釈を加えてイラストを描き直してみた。「読書する娘」は人肉の寄せ集めで形作られている。上方から降りて来る蛇型生命体の餌になるべく、用意された生贄である。

娘の背後の壁に、吊るされた女の身体があるようだ。しかしこの肉体は巨大蛇の胴体の中に含まれ、娘自身の黄色い服の部分も同じ巨大蛇の頭部分に呑み込まれ含まれる。どうも説明が難しいが、娘の胸のリボンと背中のクッションの突起を両目玉とする巨大蛇の顔、娘の肘のくしゃくしゃした部分が口になる。

つまりこの絵の真の主題は、神に捧げられた人肉をその神が喰っている図となる。娘は上半身・下半身が分離して置かれている。

f:id:curlchigasaki:20220327200859j:plain

女の頭と耳? 光っているのは本? なんか違うのではないか。背中の筋肉の盛り上がり方も、手のゴツさも違和感しか無い。

f:id:curlchigasaki:20220327201217j:plain

尻の下に何か分からない物をたくさん置いている? 随分デッサンが下手だ。足先を犬か何かが噛んでないか。こんな状態で読書など出来るものか。

f:id:curlchigasaki:20220327200924j:plain

尻の辺りにこんな物が見えて来た。人間の頭か。

f:id:curlchigasaki:20220327200937j:plain

足先の辺りもイラストにすると何やら訳が分からない。

f:id:curlchigasaki:20220327200951j:plain

全体図をイラスト化した。

読書する女は上半身・下半身別々の人間の身体を繋げられている。その周りのソファーの肘当てもベッドの側板らしき物も、全て人間の身体である。画面右下のソファーの肘当てと見えた部分は人間の足か何かの切断された物であるらしい。生贄の捧げものがここに集められ、積み重ねられている。壁(向かって左側)には吊り下げられた人間の背中が見えている。

f:id:curlchigasaki:20220327201003j:plain

巨大な蛇神が見えて来ないが恐らくこうであろう。イラストで緑色で表した部分が蛇神の姿。左上上空から降りて来て読書する女をその顔の中に摂り込んでしまっている。こいつはさらに口先にある人間の胴体と手等を喰っている。

フラゴナールもドガも全く正反対の絵に見えるが、実際の真意は同じ(蛇神の人肉食)となっている。

全体図にぼかしを入れて見ると、壁の額縁の中にこんなドクロが見えて来た。窓から覗き見する悪霊だろうか。

 

ドガは絵の中に千切れた人肉のパーツを置いたり、胴体の切断された人間を見せたりと残酷な表現を好んで使う(ドガだけに限らないのかもしれないが・・・・。他の画家たちにも同じ表現があるのにまだよく見えてないだけなのかもしれないが・・・・。)。絵を見る人に恐怖を与えたいのかもしれない。

恐怖心を与える事は人間をコントロールする上では必須の事であるらしい。恐怖心を与えると人は思い通りに動きやすい。例えば現代ではテレビ等のコマーシャル・・・・「あなた、まだこれを使ってないんですか!」と煽って買わせる。「子に多額な葬儀費用を払わせたくないでしょう!」と言って保険に入らされる・・・・とかいくらでも例を挙げられる。「コロナに罹って人や会社に迷惑がかかる・・・・」だからワクチンを接種しなさい、と言うのもある。大多数の人が言っている事であってももし人間の恐怖心に訴えるのであればそれを疑った方が良い。