名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

狩野永徳「檜図屏風」 生贄の仲間を眺める女?

 

誰にでもはっきりと見える物、と言う事でやっている。

この絵の中のある部分がとてもリアルに見えるのだがどうだろうか。

f:id:curlchigasaki:20201124204101j:plain

「檜図屏風」狩野永徳筆 安土桃山時代・16世紀 東京国立博物館 国宝

f:id:curlchigasaki:20201124204140j:plain

向かって左側の双を明るくし、コントラストを強めた。ここの左下隅に髪の長い女が背中を向けて座っているように見える。単に池の中に岩の塊が描かれているとは思えない。

f:id:curlchigasaki:20201124204211j:plain

さらに画質を変えてそれをイラスト化した。岩は全て人間の身体で出来ている。人間が山のように積み重ねられている。左下隅の女はそれらを見ながら座っている。この女の肩等には蛇が這っている。池の中の大蛇たちが岩に見える人間の山に喰い付いている・・・・と僕にはこんな風に見える。生贄の現場で唯一目覚めた女が一人、その凄惨な光景を眺めて呆然としている。

f:id:curlchigasaki:20201124204233j:plain

への字型に積み重ねられた人間たちとそれを見つめる女。

f:id:curlchigasaki:20201124204303j:plain

拡大するとまた別の物が見えて来る。一つの画像で複数の物を同時に描いているらしい。この部分は岩であり、女の背中であり、複数の大蛇であり、積み重なった人間でもあるようだ。

f:id:curlchigasaki:20201124204320j:plain

女の顔辺りに並んだ白い点が目なのだろうか。

f:id:curlchigasaki:20201124204342j:plain

イラスト化するとこうなった。遠目には女の後ろ姿が把握できたが、拡大すると別の色々な要素が重なっていて分かり難い。

頭の上に蛇が乗っているがこれが写真のようにリアルである。アオダイショウか。

f:id:curlchigasaki:20201124204404j:plain

詳細に見れば見るほど判別しがたくなる。女の後ろ姿にも見えるし、人間が積み重なっているようにも見えるし・・・・、頭が混乱する。

f:id:curlchigasaki:20201124204424j:plain

人間の山積みと見た場合のイラスト。奥の方の人間も透けて見えている。何やら繁殖行為をしているような・・・・。