名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ルノワール「プロムナード」 人間を拉致、解体、そして食い物へ

 子供を誘拐し、神への生贄として捧げる役目の者がいる。この作品に描かれた姉妹を引き連れる女がそれだろう。

f:id:curlchigasaki:20200813113636j:plain

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「プロムナード(散歩道)」 1874~76年 ザ・フリック・コレクション(アメリカ・ニューヨーク)

この作品を観るのは2回目で、前回は2年前、蛇に絡められて拉致される少女たちの姿に気が付いた。今回はさらに詳しく調べたい。この2年間で自分の目がより良く見えるようになっただろうか。

公園の散歩道を姉が妹たちを連れて歩いている。妹たちはお揃いの暖かそうなフリル付きのコートに身を包み、姉も厚手のコートに毛皮のマフラーのような物を身に付けている。寒い時期なのだろう、皆大きめの帽子もかぶっている。画面右手奥には散歩道上で談笑する人々、赤ん坊・女の子・犬などが固まって描かれている。

疑問点としては、紺のコートの姉が異様ななで肩で、腕も長すぎる事である。スカートの裾も野外で履くには長すぎ、地面を擦っているのも変だ。3人の帽子がケーキのような形であり、少女たちの手の付け根が髪の毛やマフラーに隠れてよく見えない。右に見える少女の前に出した左足は右足と色が違う・・・・等である。右奥の群衆も、3人を引き立たせる為とはいえ、こんなにぼやかせて固めて描かなくても良いのではないか。右端真ん中のピンクっぽいのは岩か? 姉の背後の景色は低木か? 何であるかが分からい表現になっている。 

f:id:curlchigasaki:20200813113653j:plain

姉の口から何かが出ている。イカゲソを喰っているのか。頬が赤く少し膨らんでいる。

f:id:curlchigasaki:20200813113714j:plain

二人の少女の顔。おしゃれ着を着て取り澄ましているようにも見えるが、何かを頬張っているようにも見える。左の少女の目が茶色っぽく、右の子の目と微妙に違う。髪の色の明るさも違うし、ひょっとして姉妹では無いのかもしれない。

f:id:curlchigasaki:20200813113734j:plain

右の子の手に持つ人形、全く可愛くない。乱暴に扱って壊れかけた人形? 首の位置も少しずれている気がする。この部分図では見えないが全体図で見るこの人形の足はかなり下にずれていて、足が胴体と繋がっているのかどうか分からない。

f:id:curlchigasaki:20200813113800j:plain

少女二人を部分図にしてトレースしながら詳細に見てみた。まず人形の足の位置が下すぎるのが見える。二人のドレスの縁の飾りは蛇であるのも見えて来る。蛇の身体の所々にが呑まれた人間が透けて見えている。姉の袖口の毛皮もマフラーも蛇である。つまりこの二人は蛇によって首・手・胴体を絡められ縛られた状態になっている。また二人とも右腕の位置が下にずれており、肩の所を姉の手が抑えた形になっている。

f:id:curlchigasaki:20200813113845j:plain

姉の濃紺のコートは大蛇で出来ているらしい。大蛇が絡み合うようにして形作っているからこんななで肩に、また長い腕になっているのだ。やはり呑み込んだ人間が透けている。肩や首元に見える大蛇の頭が人間の足を咥えている。髪の毛やマフラーではない。恐らく切断された少女たちの足を咥えているのだろう。時間的にこの後の少女たちの運命をこうして示しているらしい。姉の首元のリボンのような物が大蛇の頭の一つであり、その上に横に流れる茶色っぽい物は少女の手かもしれない。

誘拐された少女たちはこの後首・手・足をバラバラにされて蛇神に供物として捧げられる。その手助けをしているのが、この絵では姉に見えるこの女である。いや女と言うよりも蛇の化身と言った方が良い。

f:id:curlchigasaki:20200813113904j:plain

少女たちの下半身。コントラストを強めにすると、血の赤色が浮かび上がる。ここに見える3本の足は噛み千切られ、神に喰われる。

f:id:curlchigasaki:20200813113933j:plain

画面右奥の群衆は大蛇に襲われ混乱している様子を表しているようである。同じルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」(ほぼ同年の1876年作)の奥の描写と同様人々が喰われている。散歩道上に髪の長い女性が後ろ向きに横たわり(犬ではなく)、道の隅には小麦色の裸の人間が横たわっている。上方から来た巨大な蛇がそれらを口にしている。

f:id:curlchigasaki:20200813113953j:plain

全体図にしてみると、蛇で絡め捕った少女二人を蛇の化身の女が手で押しながら神の下に導く様子が見て採れる。蛇の化身の女の下半身は無数の蛇が下に向かってぶら下がっており、地面の中の人間に喰い付いているらしい。蛇神は二人の少女の左右におり、また化身の女の背後にも女に喰い付く形で正面顔を見せている。蛇の化身の女もいずれ共食いのようにして喰われるのだろう。

少女たち自身も手に小さな人間を捕まえて持っている事に気付いた。右の少女の持つ人形のスカート部分も小さな人間である。太古の時代、人間が創造された頃の世界をこう言う絵画で隠し込んである。少女たちも巨人族である。

f:id:curlchigasaki:20200813114013j:plain

最も大きく描かれた巨大蛇神の中の蛇神はこれだろうか(イラスト中青い輪郭で表した)。少女二人を口に当て、喰っている最中である事を表し、化身の女は聖母マリアのように蛇神の鼻先に乗っている。

冬の日の好日、お散歩をする姉妹を描いた絵の中に世の中に真実を隠し込んである。宇宙から来た蛇型生命体が地球上に自らの遺伝子を使った巨人を創り、さらにより地球に順応した小さな人間を創り、それらを食糧としている。この真実を何故絵画芸術の中に隠し込んであるのか、その理由はいまだに不明である。

現在この国で行方不明になっている人の数は8万人ほどだと言う。その内発見される人の数を引いても、毎年数百~数千人がいまだに見つからないと言う。そう言った失踪者の中にはこの少女たちのような形で拉致されて神への生贄にされている者がいるに違いない。