名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ドラクロワ 「民衆を導く自由の女神」 支配者の真の姿

誰でもが知っている有名な絵画作品を調べたいが、そういう作品に限って高画質な画像が手に入らない。十分な検討が出来るかどうか分からないが挑戦してみたい。

f:id:curlchigasaki:20200411203115j:plain

ウジェーヌ・ドラクロワ 「民衆を導く自由の女神」 1830年 ルーブル美術館

縦260cm×横325cmの大作である。教科書で見たのかもしれない。昔から知っている作品で、フランス革命時、民衆の象徴である女神が三色旗を持って人々を先導している姿を描いている。女神自身も民衆も、子供までもが銃を手にし、その足元には王族方の兵隊だろうか、倒れて死んでいる。背後の空には硝煙だろうか、火災による煙だろうか、白い煙が漂い、女神たちを引き立たせている。画面右手の奥に見えるのは王宮だろうか・・・・。フランス革命とは、封建的な王侯貴族を倒し、資本主義が打ち立てられた物とされるようだ。

f:id:curlchigasaki:20200411203136j:plain

女神は何故か半身をあらわにし、豊満な乳房を見せている。なりふり構わず必死に民衆を先導する姿だろうか。

顔を拡大すると、細かい部分はこの画像ではとらえられないが、表情が非常に硬く冷たい。ぎょろ目で民衆を見下している感じがする。唇は真っ赤で、下顎が割れているように見える。この下顎の割れが僕には小さな人間の尻に見える。

f:id:curlchigasaki:20200411203153j:plain

画面左に立つ紳士はドラクロワ自身とも言われるが、目を見開いて驚いたような顔をしている。そして背後の、振り向く男の顔、何かいわくありげにこちらを睨んでいる。この男、何かを口に咥えている。

女神の右にいる少年、目をこれ以上ないくらいに見開いている。口も開けてまるで断末魔の表情である。

f:id:curlchigasaki:20200411203211j:plain

左側にいる人々の顔。皆目がおかしい。瞳孔が開いているのではないかと思える目である。または頭に黄色い布を巻いた男には目が無いようにも見える。

f:id:curlchigasaki:20200411203231j:plain

画面左下のこの男が目立つ。シャツと右足のソックスだけで後は裸である。金目の衣類を剥がされた兵隊だろうか、民衆側の犠牲者だろうか。この下半身裸の男が何故画面の一番目立つ所に描かれているのか。革命の犠牲者を何もこんな恥ずかしい格好で、しかも目立つ場所にわざと描かなくても良いだろうに。革命には思いもかけない形の犠牲が付き物だと作者は言いたいのか。趣旨が分からない。

f:id:curlchigasaki:20200411203250j:plain

女神の身体。高画質で無くとも何とかこんな隠し絵を見つけられた(上図右イラスト)。女神は小さな人間の組み立てで出来ている。一番下に這い出る様な形の人間がいる。その上に重なる男女の交接図、その上にももっと大きな男女交接図がある。女神の口の下、胸元には数体の人間がおり、これらの人間の尻が女神の肩・乳房を形作っている。

三色旗の中にも人間に喰い付く大蛇の画像が見える。

f:id:curlchigasaki:20200411203324j:plain

左下のフルチンで横たわる男は、上のイラストのように分解できた(非常に見難く間違っているかもしれない)。上半身と下半身が逆さまになった人間が見える。

f:id:curlchigasaki:20200411203345j:plain

画面右下の横たわる二人の男。兵隊らしいが武器は見当たらない。民衆に既に奪われたのか。彼らは女神と子供が持っている銃の持ち主だったのかもしれない。彼らの身体も小さな人間の組み立てで、周りの瓦礫も小さな人間で出来ている。その小さな人間たちは至る所で大蛇に襲われている。画面中どこもかしこも蛇が人間を喰う姿を描き表している。

f:id:curlchigasaki:20200411203416j:plain

画面全体をイラストにするとこうなる。どこも蛇に襲われる人間だらけであり、背景の不明確な雲の中にも人間の形が見えて来た。

f:id:curlchigasaki:20200411203439j:plain

元絵。写真のように人間の形が、手足が、雲がその物を表していると思って見るとそうとしか見えない。別の物を隠し込んでいると思って見ると別の物に見えて来る。疑って観る事が大事である。

f:id:curlchigasaki:20200411203458j:plain

じっくり時間を掛けて見続けた結果、こんな絵が見えて来た。巨大な蛇に襲われて喰われる人間たちの図である。普段全く見えない神(悪魔)の真の姿がこんな風に隠れている。奴らの食糧は人間であり、人間は奴らの家畜であると事実が絵の中に隠し込まれている。

我々は生まれた時からこの事を知らされて無いので、誰に言っても信じてくれないだろう。しかし絵の中にこんな隠し絵があるのが僕には見えるのだ。奴らは自らの存在を徹底して人間に知らせない。ただこんな所に真実解明のヒントを置いている。奴らが人間にとって悪魔であり、同時に神である所以であろう。

奴らが有機生命体を摂取しなければ生命を保てないのならば、それも自然の摂理の一つであるかもしれない。人間が牛・豚・鶏の有機生命体を喰って生命を保っているのだから文句は言えない。牛・豚・鶏たち家畜が喰われる瞬間まで自分たちが家畜である事を知らされないのと同様に、人間も地球と言う牧舎の中で思考を眠らされているらしい。

f:id:curlchigasaki:20200411203515j:plain

こんな隠し絵も見えた。人間家畜を増産させる目的でこういう男女交合図を人間に見せている。

背景の空の左端、剣を持つ男の上に人間の二つの眼と頭が見えないだろうか。そして空の雲全体が女の尻、女神のスカートの皺が女性器になっている。画面下方の二人の男の死体は女の足である。女(赤の輪郭)は画面全体に大きく描かれ、四つん這いになって尻をこちらに向けている。

右手奥の王宮らしき所が男の顔である。画面下半分を占める瓦礫・立っている民衆全ての黒っぽい所が男の身体で、男(青)は後ろ向きに横たわっている。左下隅に尻がある。女神の下半身、先ほど女性器と見える部分と男性器が重なっている。つまり男性器が女性器に挿入されている。男の左手は男性器の根元に添えられている。(男の右手は少年の身体で表されているかもしれない。イラストでは描かなかったが、今気付いた。)そして女性器から女神の上半身が出て来ている。出産を表しているのだろう。女神が半身裸なのは生まれ出た子供であるからだろう。

フランス革命は結局、王侯貴族の奴隷であった民衆が資本主義つまり金の奴隷に移っただけなのかもしれない。家畜として生命を消費させられるのには変わりが無い。金の為に働かされ、繁殖を促され、真実は何も教えられない。

本当の意味での革命が起こらなければいけないのだろう。その為の第一歩としてはこの地球の支配者の姿を白日の下にさらす事ではないか。