名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

フェルメール 「真珠の耳飾りの少女」 美少女の解体された姿 世にも残酷な表現

フェルメールの絵は日本では大変人気があるらしい。とりわけこの絵などは美少女のみずみずしさが感じられて好きな人が多いのではないか。かくいう僕もそんな一人だった。しかしGoogle Arts&Cultureで高画質な物を手に入れ、調べてみると全く違う印象を持つに至った。この絵を調べるのは二度目で、以前見た絵を再び見る事でまた違った発見があると思ってやってみた。

f:id:curlchigasaki:20200311192655j:plain

ヨハネス・フェルメール 「真珠の耳飾りの少女」 1665年頃 マウリッツハイス美術館(オランダ・ハーグ)

大きな目を持つ美少女が唇を半ば開いている。その唇は濡れた様なみずみずしさを見せている。耳に大きな銀の耳飾り、頭に異国風のターバンを巻き、東洋風の着物を着ている。ターバンの青色は特に発色の良い高級な顔料を使っているらしい。成熟期を迎える前の初々しい少女の生き生きとした健康そうな姿が描かれている。ターバンの黄と青・地味な着物の黄土色・その襟の純白と相まって少女のつやつやした肌の色、それらの対比が真っ黒な背景の中で浮き出ている。

前回調べた時、ターバンの垂れ下がった部分に人間の形が見え、それが上方の大蛇に咥えられているのを見つけた。この絵も蛇で満ちている。着物の皺の中に何が隠れているのか、背景の黒の中に何があるのかも今回は調べてみた。

f:id:curlchigasaki:20200311192709j:plain

前回は唇の中に蛇がのたくっているのを見つけたが、今回はそれに加えて小さな人間の形が見えた。この少女は小さな人間を喰っている。みずみずしく見えるのは鮮血の赤色が付いているからである。付いた血の為に口の両端の口角が上がって少し微笑んでいるかのように見えている。

f:id:curlchigasaki:20200311192725j:plain

口を外した眼鼻の部分。顔全体で見るのとは違って意外と冷たい眼である。しっかりとこちらを見ている。何か意味ありげに、何かを訴えるような眼をこちらに向けている。

顔には蛇が人間を喰う場面を至る所で表されている。人間は身体を重ね合わせたり、子供を産んでいたりする。少女の黒眼の中でも黒い蛇が人間を喰っているように見える。

隠し絵の人間は大抵後ろ姿であり、尻を見せている。男女の区別も無い。人間が人間を絵にする場合、直立した正面の姿を描くのが普通ではないか。しかしながらこういう風に尻を見せる姿を人間として描くと言うのは、描く者が人間以外の存在である証拠かもしれない。例えば人間が豚肉を食べるとき、肉がオスであるかメスであるかを全く気にしないように、人間を家畜とする者が人間の男女を区別せずに描くと言うのは頷ける。人間に繁殖を促したいと思って性交と出産を同時に描きたいのなら、尻とそこから生まれる子供を描くのが手っ取り早い。

f:id:curlchigasaki:20200311192748j:plain

前回見た事であるが、繰り返すと、ターバンの黄いろい部分を縦に縮めて(上図右)見るとそこに歩くような形の人間が立っているのが見える。

f:id:curlchigasaki:20200311192807j:plain

顔とターバンの部分をイラスト化して見た。至る所に小さな人間が見つかり、大蛇が彼らに喰い付いている。(顔の部分の人間と蛇がまた違って見えたので少し描き直した。)

f:id:curlchigasaki:20200311192825j:plain

着物の部分。背景は黒一色にも見えたが、高画素の絵からソフトで暗い所を明るくしてコントラストを付けてみると、わずかな明暗がはっきりと見えて来た。少女の背はかなり猫背である。

イラスト化して見ると猫背の部分に人間が乗っている。肩の所で、どうやら人間が性交しているようである。皆尻から子供を産んでいる。

f:id:curlchigasaki:20200311192847j:plain

全体のイラストは上図右のようになった。背景の黒い所にバラバラ死体のような人間のパーツが散らばっていた。恐らくこの少女の見えて無い下半身・両手両足がここに置かれているのだろう。

フェルメールドガと共に残忍な表現を取る画家である。今までこんな惨殺死体のような隠し絵を彼の絵の中でよく見かけた。表面的には温和そうな画家の絵程隠し絵は残酷である場合が多い。

人間の眼は見えている範囲内で相互の比較によって色や形を判断している。同じような明度の二色には微妙な違いが際立って区別できるが、明度を極端に違えてこの絵のように明るい少女の顔の色と真っ黒な背景を並べて見せられた場合、この背景は黒一色にしか見えない。しかし画像ソフトで明度・コントラストを調整すると見え出して来る。

上図左の元絵(調整済みの物)を見ていただきたい。左側背景をじっと見続けて見ていただければ、少女の尻を向けた下半身が見えて来るはずである。(手と足に関しては僕の想像力が多少入ってしまっているかもしれない。)

従って、小さな人間を口にしているこの少女も、別の生き物によってバラバラにされているのである。少女の下半身を齧る大蛇が見えるがどうだろうか。

f:id:curlchigasaki:20200311192902j:plain

大きく見ればこの絵はこういう絵である(上図右イラスト)。少女の頭の向こうにいる巨大な蛇が少女の頭を呑み込もうとしている。この蛇は同時に少女の切断された下半身をも口に入れている(足先が切れているようにも見えた)。その他少女の顔の左側に一人、右側に二人の人間が同じ蛇に喰われている。少女の肩にも蛇が数匹いて、その内の一匹がこちらに顔を向けている。これも少女の眼と同じように何かを言いたげである・・・・「真実はこうなんだぞ。お前ら人間は喰われるために生まれて来たのだぞ。」とでも言っているのだろうか。