名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

アングル 「オダリスク」 人間を産み増やす事がテーマ

昔画集とかでよく見ていたこの絵、裸婦の身体が解剖学的に歪んでいる事で有名だそうだ。僕はうかつにも当時何の違和感も感じず、きめ細やかな肌や怪しげな眼差しに幻惑されていた。

f:id:curlchigasaki:20200211202544j:plain

ドミニク・アングル 「グランド・オダリスク」 1814年 ルーブル美術館

今見直してみると確かに腰が長すぎる・右腕も長すぎる・左足の裏の形が変だ・首もうなじも背中も全て人間とは思えないほどに長く変形している。左足などはそれを延長して見るとどこから生えているのか分からない。こんな人間の身体はあり得ない。

オダリスク」とはオスマン帝国のスルタンの女奴隷の事で、フランス人にとって魅力的な画題として流行ったらしい。「東洋の神秘」と言った魅力だろう。

こんなにはっきりと丹念に描かれた絵の中に、このブログのテーマの様な物が見えるのだろうか。挑戦してみる。

f:id:curlchigasaki:20200211202556j:plain

女の顔。この絵を見る人はこの魅惑的な、怪しげな魅力に満ちた目に釘付けになる。

唇もだが、頭の後ろのターバンの房が嫌に赤っぽい。

f:id:curlchigasaki:20200211202607j:plain

右端にあるのはアヘンの吸引気だろうか。背後のカーテンは高級そうで、金色の刺繍のような物があしらわれている。

f:id:curlchigasaki:20200211202622j:plain

女の尻の下あたり。この部分がこの絵で最も肝心な所だと推測して調べると、こんなイラストになった。どこもかしこも人間の形で出来ている。白布や毛皮の敷物の中、孔雀の羽の団扇の中にも人間が隠されている。肌の中にも非常に微妙だが、こんな形が見えた。団扇の下方の丸い模様は人間の子宮内が透けて見えるようでもあるし、また上にある足の切られた断面でもあるように見える。あちこちで人間が出産している。

f:id:curlchigasaki:20200211202640j:plain

女の身体は何体かの人体で組み立てられている。左右の肩はその人体の尻である。尻から子供が産まれている。

左手の下の白布の中に人間の形(イラストでは水色)が見えたが、これは両足が切断されていて無い。

f:id:curlchigasaki:20200211202656j:plain

カーテンの中、微かな陰影を追ってみるとこんな形が隠れていた。4~5人の人間が尻をこちらに向けて出産している。一番下はセックスをしているのかもしれない。

f:id:curlchigasaki:20200211202712j:plain

背景の表現が非常に分かり難く、捉え難かった。壁には人間を口にする大蛇があちこちにいる。その手前の中国風つい立てのような物はこんな風に見えた。右側に性交する男女を背後から見た所。左側に手足を切断された人間が横たわっている。

f:id:curlchigasaki:20200211202726j:plain

女の顔の左後ろも同様に人間を口にする大蛇が描かれている。頭のターバンは張り付いた人間であり、両足が切断されそこから血が大量に流れ出ている。

f:id:curlchigasaki:20200211202740j:plain

元絵。明るくしてある。

f:id:curlchigasaki:20200211202800j:plain

今まで見たイラストを組み立て、補筆し、さらに見直して修正したのがこのイラストである。女の尻にはこんな姿勢で出産している人間がいた。手先足先には別の人間がくっ付いている。孔雀の団扇は蛇に咥えられた人間であり、その手足が切られている。

女の尻の下の毛皮や白布は生まれ出た子供である。

やたら出産シーンが多く隠れているのはこの絵の題「オダリスク」の故だろう。王の性奴隷であり、王の子を産む事を強要される女が描かれている。またあちこち細かい所に手足の切れた人間がいるのは、この絵の女の手足も切れている事を示唆している。子供産ませて終いには蛇の化身である王様に喰われるのだろうか。

f:id:curlchigasaki:20200211202818j:plain

蛇を中心にイラスト化した。女の長い背中は蛇の胴体である。左手右手は繋がった蛇であるから腕が異常に長く見える。両足も蛇でその口先に人間を咥えている。その他上方からも多くの大蛇が降りて来て小さな人間を喰っている。ベッドの背もたれも切断された人間の手か足のようである。

f:id:curlchigasaki:20200211202832j:plain

画面全体を大きく捉えると見えて来るのがこの巨大な蛇の頭である(青の輪郭)。多分これが人間が「神」と呼ぶ者の姿。女奴隷を足を残して全て呑み込んでしまっている。中が透けているので呑まれた部分も見える。

f:id:curlchigasaki:20200211202846j:plain

こんな風にも見えた。出産図である。M字開脚の赤い女が一番大きい。右手を右ひざに、左手を左尻に持ってきている。その尻の下には生まれた子供がたくさん這っている。背後にも青で描いた出産図、緑で描いた出産図がある。

とにかくこの絵は、食人の他にテーマが出産に絞られている。