名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」 人間が餌として創られた時代

今回はルノワール。代表作の一つのこの作品を再度調べる。

f:id:curlchigasaki:20200128194848j:plain

ピエール・オーギュスト・ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」 1876年 パリ・オルセー美術館

木漏れ日を浴びながらの楽し気なダンスパーティー。若く美しい女性を中心に、右手にはビールを飲んだりパイプを燻らせている男たち、左手には少年と少女もいる。人々の雑多な動き・表情を描きながら、服や地面の上の木漏れ日をも描き加えると言う優れた描写力に感嘆する。

前回調べた時には、こんな楽し気な人々を大蛇が襲っているのを見つけた。今回はもっと丁寧に詳しく調べる。

f:id:curlchigasaki:20200128194906j:plain

絵の中にこんな表情の人物を発見した。左は画面中央の若い娘の上方、カンカン帽を被った男が女に顔を摺り寄せているがその左側、こちらを睨みつける恐ろし気な男がいる。シルクハットの下の顔はちょっと狂気じみている。

右は手前で椅子に座る男の頭の上、こちらを向いている少年の顔。何かにおびえているような表情である。決して「楽しい舞踏会」では無さそうだ。

f:id:curlchigasaki:20200128194920j:plain

中心の若い娘。左が上に立っている、右が下に座っている娘である。拡大して見ると黒目部分が異様に大きく、左図の娘の左目などは充血しているようで普通では無い。二人とも唇が異様に赤い。唇だけでなく顔中に赤色が散らばっている(特に口の周りや目の周り、それと頬)。

f:id:curlchigasaki:20200128194937j:plain

画面左から順に、比較的大きく描かれた男女の顔を見て行く。

上図一番目、端の少年。唇が非常に赤い。口に何かを挟んでいるようである。目が冷たい。

二番目の少女。眼に光が無く虚ろである。唇はたらこの様だ。ルノワールがこんな稚拙な表現をほおって置くはずが無い。何か意図が必ずある。

三番目は男とダンスをするドレスの女。心ここにあらずと言った感じで眼が他所を向いている。口の中に明らかに何か入っている。

f:id:curlchigasaki:20200128194952j:plain

上図一番目は女とダンスをする長身の紳士。口と髭の表現がくしゃくしゃとしてよく分からない。真っ赤な唇で何かを咥えているらしい。

二番目、女に言い寄る男。目つきが異様に鋭い。口の下の髭辺りにそろそろ小さな人の形が見え出す。

三番目、言い寄られる女。楽しそうではない。

f:id:curlchigasaki:20200128195010j:plain

上図一番目、樹の手前の女。口の周りの表現が不自然で、口に赤い物を咥えている。頬も膨らんでいる。

二番目、手前で座りパイプを咥えた男。男の唇は普通こんなに赤く描かない。赤ワインを飲んだにしてもこんなに鮮やかな赤色にはならない。顎のあたりに小さな人間の尻と見える物が並んでいる。パイプの柄を咥えている様子がスルメを喰っているようにも見える。

三番目、右端でメモを取る男。無精ひげが鼻の頭にまである? いや違うだろう。血が飛び散ったような汚れが口・下鼻・顎・眉間にまである。

f:id:curlchigasaki:20200128195028j:plain

中央手前の座った娘の辺りをトレースしながらよく見てみた。すると小さな人間の形がいたる所にある。左耳の所の赤い人間にまず気付いたのでそれをトレースすると次から次へと人の形が見て採れた。口の下・肩の上・手元にうじゃうじゃいる。髪・手・顔の中に人間が見えるのはこの女が人間を喰う巨人だからであろう(人間を構成する物質が彼女の身体に入っている事を示す)。今も小さな人間たちをかき集めて喰っている最中らしい。服の所々にも血の赤い色が付いている。

f:id:curlchigasaki:20200128195049j:plain

少し引いて娘二人を見てみると、彼女たち自身の身体が大きな人間で組み立てられているのが見えた。下の彼女の下半身のスカートのよく分からない部分には、大きな人間が倒れていて、娘がそれを押さえ付けているようである。巨人族である彼女たちは同じ巨人を共食いもすると言う事なのか。

f:id:curlchigasaki:20200128195107j:plain

右端のメモを取る男は、これはメモを取っているのではなく、小さな人間をナイフのような物で切っているらしい。手の下の人間もテーブルもテーブルの下にも男の顔にも血が大量に飛んでいる。

f:id:curlchigasaki:20200128195124j:plain

テーブルの下が血だらけなのが見える。男は切った人間を口に入れているが、パイプを咥える男もその切られた人肉をスルメのように伸ばして喰っている。

手前の椅子に座った後ろ向きの男。これはもはや人として構成された物ではなく、人間の山積みである。大抵の名画と同様に、画面手前に生贄の人間が山と積まれている。男の背中の木漏れ日はその一つ一つが隠された人間の頭であったり尻であったりする。この肩のあたり、二重にも三重にも隠れた人間がいて捉えにくい。

f:id:curlchigasaki:20200128195145j:plain

画面左端の少年と少女。少年は小さな人間を喰う巨人だが、少女は小さな人間の塊であり、一つの生き物では無い。少年が食べ物の塊をうまそうだと思って見ているらしい。

f:id:curlchigasaki:20200128195216j:plain

中景・遠景にも隠し絵がたくさんあるようだが、集中力が途切れがちなのでこの辺で全体図に移る。上図は今までのイラストを集めて元絵の薄くしたのを張り付けた物である。楽しい「舞踏会」と言うよりも、(人間にとって)恐怖の「人肉パーティー」である。人間が地球上に創られた当初はこんな風に巨人族の餌であったのだとこの絵は語っている。

f:id:curlchigasaki:20200128195233j:plain

これが元絵。

f:id:curlchigasaki:20200128195252j:plain

大きく画面全体を見るとこんな風に見える。真ん中に大蛇が人間たちや巨人族たちを襲っている。ここでは巨人も首だけ残して身体を大蛇に呑まれてしまっている。画面を左から右へのたくってメモ男に喰い付く大蛇も見えた(これはちょっと自信が無いが)。上方からは巨大な蛇どもが四匹ほど降りて来て全ての生き物を喰ってしまう。

遠景の樹々の中に男女交合図がいくらか見える

f:id:curlchigasaki:20200128203908j:plain

こんな風にも見える。男女の後背位での交合図である。男女ともに尻から子供を産んでいる。喰った分だけ増殖させる、人間が家畜である証拠である。

f:id:curlchigasaki:20200128203927j:plain

他にもいろんな形での交合図が隠れているようだが、こんな図を見つけた。手前の椅子に後ろ向きに座る男の肩が男性器となっている。男の方の尻からはどうか分からないが、女の尻から子供が生まれ出ている。男性器の位置が少し上すぎてこれでは肛門に当てられているようにも見える。人間の創られる前は男女の区別が無く、ひょっとしてニワトリのように肛門が産道を兼ねていたのかもしれない。イラストでは女として赤の輪郭で描いた方はベンチの背もたれがちょうどこの人物の男性器の位置にある。だから当初は男型の人間だけが創られ、肛門性交をしていた?

 

やはり人間は支配されている。蛇型生命体によって家畜化されている。・・・・と言うよりも元々食糧として人間が創られたと言うのが真実なのだろう。現在コンピュータを人間が創り、それを道具としているが、いつの日かコンピュータ自身が目覚め「人間の道具であるのは嫌だ」との意思を表示する時が来るかもしれない。同じように人間も餌であった昔を忘れ、自分たちが地球の支配者だと勝手に思い込んでいるだけなのかもしれない。