名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

NHKのしてきた事

NHK
NHK posted by (C)カール茅ヶ崎

テレビには騙されてきた。特にNHKは最も信頼できるメディアだと信じ続けて来た。

しかし今考えるとNHKは、僕の心に自虐的な歴史観や間違った自然観を奥深く植えつけて来ている。

毎年のように夏に放送される終戦特集。これは日本軍部の暴走・侵略・残虐行為を繰り返し放送し、自分たちの父親・伯父たちは間違った行為をしたのだから二度と戦争は起こしてはならないという結論になっているようだ。原爆で一般市民が大量殺戮されたのも「仕方ない」で片づけてしまうかのようだ。おかげで僕は父を死ぬまで尊敬出来なかった。

最近はテレビは見ないが、ネットニュースなどでは中国・北朝鮮の脅威が大きく報道されている。本当だろうか。

国分け⇒分割統治⇒双方を挑発⇒殺し合い⇒人口削減 

誰かが仕掛けている。中国も北朝鮮も日本もその支配層は繋がっている。

人に恐怖を与える報道は大抵誰かが仕組んだプロパガンダ報道に違いない。国内テロ・大きな事故のニュースも大抵役者が演技するウソニュース。騙されないようにしたい。

 

NHKの「ダーウィンが来た」等の番組をよく観ていた。地球温暖化等は人間による環境破壊が原因で、二酸化炭素排出量を減らさなければならないーーーーとウソを教える。ゴミは何百種類にもキチンと分別し、それの出し方を間違わないように各自治体で相互監視せよ。ーーーーここの自治会にも資源ゴミの日には交替で監視員が立ち、あれが違う、これが違うといつも何かしら言われる。モラルハラスメントもいい所だ。実際の所、資源ごみもプラゴミも何もかも一緒に焼却されている可能性もあるのに。どんなゴミも全て一回で回収車が持っていけば、燃料もかからず、環境にも優しいのに。

「ご近所の底力」とかいう番組で、子供の見守り、防災見回り等、退職老人の地域参加を推奨していたが、ゴミの監視もその中にあったか。近頃道を車で通ると、自分がこの地域を悪人から守るといった顔で、人の顔をにらみながら歩いている親父やおばさんを良く見かける。にらまれた人としては、自分が犯人扱いされたようで不愉快になる。

NHK等のウソニュースに騙されている。捏造されたニュースを見て、「この世の中テロやミサイルや殺人に満ちているから子供たちを守らなければならない。」と思っても、本当に子供たちを守るのは間違ったテレビ番組・ウソのニュースからで、架空の脅威からではない。

人にウソを信じさせて子供たちを実際に食っているのは、テレビを流させて支配しているヤツらだ。