名画の中の人喰い蛇

美術館にある名画には蛇の隠し絵がある。その蛇は人間を喰っている。

ミケランジェロ 「聖家族」 幼児を喰う大蛇の化け物二匹

自分の感じた事を他人に伝えるのは難しい。絵の中に人間を喰っている化け物のように大きい蛇が自分には見えているのだけれども、他人の目に同じ映像を見させるのは至難の業である。言葉で表現しようとしても正確には出来ない。イラストにして「このように見える」と説明しても画力不足の為うまく伝わらない。もどかしい。

ミケランジェロ・ブオナローティ 「聖家族」 1507年頃 ウフィツィ美術館(フィレンツェ) 91×80センチ

聖母子と義父ヨセフが合わせて描かれて「聖家族」と言う画題になっている。後方に裸の男性5人がおり、洗礼者ヨハネらしき幼児もいる。

聖母マリアは地面に素足で座っており、その夫ヨセフが後ろで足を大きく広げて何かに腰掛けているらしい。しかしこの足の広げようは普通では無い。聖母の肩の上にイエスがいるのだが、マリアがヨセフに赤ん坊を肩越しに預けようとしているのか、逆にヨセフから赤ん坊を受け取ろうとしているのか。不思議な瞬間が切り取られている。

母子と義父が仲睦まじくしている様子が描かれているのでは無いようだ。三人の顔にはひとかけらの愛情も感じられない。

聖母はシスティーナ礼拝堂の巫女と同様に男っぽい。筋肉隆々としている。髪を短めにして丸めて他の聖母像とは一風違った髪型にしている。

義父ヨセフはこの絵では60歳くらいの爺さんに見える。頭が剥げ、白髪のヨセフなどどこかおかしい。額にしわを寄せた厳しい表情である。

イエスは良く肥え、元気そうだが、どうもこの二人から逃げようとして手を突っ張っているように見える。これは少なくとも「家族」ではないだろう。

左はサン・ピエトロ大聖堂「ピエタ」の聖母(1498~1500年)。右はシスティーナ礼拝堂「最後の審判」の聖母(1541~1547年)。

「聖家族」の聖母は、同じ作者の物とは思えないほど違っている。どの聖母も肩幅が広く男っぽいのは同じだが、見た目の印象がまるで違う。

イエスの目を見ると、嫌な物を見るような横目になっている。

聖母の左手の指の間に何か黒っぽい物が見えるだろう。人差し指と中指の間から何か肉片のような物が見えていて、そこから聖母の頬まで赤い糸のような線が見えるだろう。生肉を手に掴んで齧っているのではないか。赤い糸は血の筋ではないか。

幼児イエスの左足は聖母の肩に隠れて途中から見えなくなっている。見えなくなっている・・・・のではなくそこから先は無いのではないか。幼児の足先は聖母の手に掴まれて喰われているのではないか。

聖母の肩に幼児の足の切断面の皮が少し被っているし、衣服が血で赤く染まっている。

イラスト化して見ると、イエスの手足・首はバラバラで、胴体と繋がってないようなのが分かってくる。イエスの足元にはさらに小さな人間が二人ほど踏みつけられて捕まっている。聖母が喰っているのはこの小さい人間であって、幼児の身体では無いかもしれない。巨人族の幼児は神への捧げものとして、手足をバラバラにして喰いやすくして巨大な「天の神様」の為に喰わせるために確保して置き、今喰っているのは小さい別の人間の肉かもしれない。イエスと見える幼児はここではヨセフと一緒にくっつけて生きているように見せているだけのかもしれない。

もう一度、何かを手にして喰っている聖母。血が頬を伝わり、顎にまで垂れている。

ヨセフの口は幼児の肘に当たっている。齧ってないか。幼児の皮膚が剥けてジジイの口の中に入ってないか。幼児の肘にも、ジジイの髭にも血が付いているようだ。

イラスト化するとこう。

聖母の髪の中に人の手のような物、顔のような物が見えるのだが気のせいか。

画面のど真ん中、この辺りがどうも分かりにくい。

聖母の腰の後ろにある緑色の屏風のような物は何か。コルセット? 

聖母の左足の上の黄緑色の布はヨセフの衣の色だと思うが、どうなっているのか?

聖母の腹にこんもりとしたふくらみが見えるのだがこれは何か?

どうもこの絵には謎が多い。

手前の白い足が聖母の足・後ろの少し黒っぽいのが義父ヨセフの足なのだろうが、どうだろう? 白髪の禿げおやじの足にしては異様に綺麗ではないか。どうなっているのだ。

全体図にして三人を見ると・・・・二匹の大蛇が絡みつきながら人間を喰っている図であるらしい。はっきりとは掴みにくいが、あちこちにバラバラの手足が散らばっているし、蛇の頭が小さな人間を喰っている様子が見えて来る。二匹の大蛇は地面でとぐろを巻いているのか?

聖母の両手さえも切断されている・・・・と言うよりも、大蛇ヨセフが大蛇のマリアの背後にいて、マリアの肩にそれらしく人間の手足を取って付けているらしい。マリアの胴体は画面向かって左下に流れてから地面でとぐろを巻いているようだ。

ヨセフの大きく開かれた足は別の巨人であり、生贄の供物であろう。ヨセフの蛇の胴体はマリアの両足になり、地面に続いているのか。

背後の青年たち(ヨハネに見える幼児も含めて)は、いずれこの二匹の大蛇に喰われる運命にある生贄たちである。石で出来た囲いの中に閉じ込められ、順番を待っている。

円形の青い山はUFOで、マリアとヨセフがそれに乗って空から降りて来たのだろう。

 

ダヴィンチ 「岩窟の聖母」ロンドン版 マリアはUFO に乗って人間を喰いに来る。

レオナルド・ダ・ヴィンチを続ける。今回は次の作品、ロンドン版の「岩窟の聖母」である。ジメジメした薄暗い岩場にいるマリアと言う事で、蛇の遺伝子を強く受け継いでいる者の絵としてはふさわしい場面だ。

ルーブルに同画題の作品があって、先にそれを調べたが、マリア以外の人物は全て生贄の肉体であって、マリアが肉を喰らいに空からやって来ている図であった。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「岩窟の聖母」 1495年~1508年 ロンドン・ナショナル・ギャラリー

ルーブル美術館の物が1483年~1486年とされているから、それが正しいとすればルーヴル版から22年ほど後に描かれた物と言う事になる。

左がルーヴル版・右がロンドン版である。違いはロンドン版の方で人物の色がやたら白っぽく、陽に当たらない生物のような感じがする事であるが、これは写真の撮り方で多少色が変わってしまう事があるので、ここではあまり問わない事にする。

コピーしたような全く同じ絵では無く、全ての個所で微妙な違いがある。どちらが先に描かれたのか分からないが、前の作品を思い出しながら二度目の作画をしたと言うのではない。全く最初から別作品として描き始めていると思う。

大きな違いは、イエスの背に手を当てる天使ガブリエルが洗礼者ヨハネを指ささず、その代わりに視線をその方に向けている事・ヨハネに十字架と毛皮の衣を身に付けさせてより分かり易くしている事である。

ルーヴル版ではマリアの手の下の幼児がイエスかヨハネかよく分からなかったが、右の子が祝福のサインを与え、左の子が感謝のポーズを取る事でヨハネと分からせたかったのだろう。

マリアの顔の白さ、黒目の不明確さから、この人は血が通った人間なのかどうか疑う。可愛らしい幼児を見てもこの無表情さ、冷たい女だ。いや女とは限らない。男にも見える顔である。頬が微かに膨らんでいるように見えないだろうか。何かを口に含んでいるように見えるのだが・・・・。

ルーヴル版を調べたのと同様にしてマリアの身体をイラスト化してみた。両足の所に大蛇の頭がある。その胴体は背後の岩に繋がっているようだ。やはりこいつは蛇の化け物である。蛇型生命体が地球に来て比較的初期に創られた猿人とのハイブリット生命体であろう。巨大な蛇型生命体が地上の人間を喰いに来る時、生贄たちを集めて喰いやすくしておく係である。洗脳しておとなしくさせ、手足を切断して呑み込みやすくしている。

膝の下にこの大蛇に喰われている青い人間が二体ほどいる。腹の所(大蛇の頭の所)にもどこかで捕まえて来た小さな人間を乗せている。

目がうつろな洗礼者ヨハネ。ぷくぷくと良く肥えた子だ。餌をたっぷりやった豚のようだ。

十字架を手と肩の間に挟んでいるように見せているが、よく見ると腕の所で棒が喰い込みすぎている。焼き鳥の串のように腕を串刺しにしている(ラファエロの絵だったか、同じように洗礼者ヨハネの頭を十字架が貫通している絵があった)。

左手の形が崩れて良く分からない。

このヨハネ、上半身と下半身の大きさがアンバランスである。下半身だけこちら側に飛び出ているように大きい。腹の所で切断されているのではないか。頭も上の方が欠けている。マリアに捕まった巨人の子供であり、手・足・首・胴が既に切られて蛇神がすぐに呑み込めるようになっている。

手に持っているのは小さい人間か? 血だらけになった自分の左手か?

イエスの身体も肥えてぶよぶよである。特に下半身はチャーシューかチラガー(沖縄の豚の顔皮)のようである。天使の手がこのぶよぶよの下半身肉襦袢を履かせて支えているように見える。

イエスの手足・首・胴は寸断されているようだ。天使が捕まえて来た生贄だろう。

整った顔立ちの天使ガブリエル。ヨハネを見ているのだろうか。しかしあまり興味が無さそうだ。頬が下の方で少し膨らんでいるので、こいつもマリアの仲間であり、人間を喰う存在であろう。

天使はイエスの身体がばらけないように両手で支えている。ルーヴル版のようにイエスの頭に右手を置き、その手で頭を支えるよりもこっちの方が自然だろう。

こういう片膝を突いたポーズは、「キリストの洗礼」の左側の少年・「受胎告知」の天使と全く同じで、やはり奥側の足が無い。切られて足元に転がっている。天使の翼も良く見れば大蛇であり、天使に噛み付いている。蛇神に食事を用意した彼女(彼?)も結局蛇どもに喰われる運命にある事を説明している。

画面一番下は、岩窟の水たまりの描写らしい。「キリストの洗礼」と同じように水の中に生贄の人間の残骸が溜まっているようだ。それらを喰っている大蛇もたくさんいる。

人間たちを幼児イエスやヨハネや天使がその身体の下に押さえ付けている様子が見られる。まるで食物連鎖のようだ。小さな人間を巨人族が捕まえて喰い、その巨人族も巨大な蛇神に喰われる。

全体図。

マリアは右上に着陸しているUFOから降りて来たものらしい。天使によって用意された生贄の祭壇上ではマリアを始め大蛇たちが小さな人間たちを喰っている。

処女懐胎をしたと言うマリアだが、この絵ではマリアの背後に巨大な男性器が屹立しているように見える。レオナルドはキリスト教その物がまがい物である事を知っていたらしい。

画面を大きく見ると、巨大な蛇神が見えて来る。人物の輪郭・岩の境目・何も考えずに色や線を繋いで行くと、画面上に大きく巨大蛇の姿が見え始める。ただこの「岩窟の聖母」では見えにくい。もう少し研究を深めてからもう一度チャレンジしてみたい。何度も挑戦していればその内突然別の見え方が出来るかもしれない。僕の人生もあと残りがあまりないと思うが少しでも真実を深く探れれば良い。

 

ダヴィンチ 「受胎告知」 人間創生の場面 壺の上で精子と卵子を掛け合わせる。

「受胎告知」と言う画題の絵には、人間が人間として創生される場面が描かれている。エル・グレコにしろ、ロレンツォ・ロットにしろ、有名画家たちの「受胎告知」にはそれなりの場面が含まれていた。ガラス瓶の中の精子と卵子の融合、遺伝子の螺旋構造、子宮の中と思える画像が隠されていた。おそらく蛇型生命体の放出する精子が、地球固有種の類人猿メスの子宮内に入り、混ぜ合わせて今の人間を創られる様子が隠されていた。

ただこのダヴィンチの「受胎告知」に関してはなかなか見えて来ない。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「受胎告知」 1472~75年 ウフィツィ美術館(フィレンツェ)

高画質な画像が手に入らないので、濃い影の部分が今一つ見えて来ない。しかし普通に見て、変に思えるところから攻めて行こう。

聖母マリアの脚が3本あるように見える。腰掛けた椅子のひじ掛けに衣を掛けているのだろうが普通こんな形に掛けるのか。マリアの右手が長すぎる。馬小屋でイエスを産む事になるはずの女がこんな見晴らしの良い裕福そうな家で立派な書見台でもって優雅に聖書を読んでいるのがおかしい。庭には花が咲き乱れ、遠くに港が見える丘の上の邸宅である。

天使ガブリエルの翼が変にリアルで、他の画家が描く天使の翼とは全く違う。跪いてはいるが彼はマリアを真っ直ぐに睨むように見つめている。祝福しているとは思えない。

マリアは左手を上げて驚きを表してはいるが、無表情である。

マリアの後ろの部屋はまるで倉庫のようであり、何故か扉が開いている。

この天使のポーズ、ウクライナ兵士が対戦車用ロケット・ランチャーを肩に担いで前方の敵ロシア軍に発射しているように見えるのが面白い。

マリアの高解像度画像(上図左)だと、意外と目つきが悪い女だと言うのが分かる。今回初めてこれを発見して、今まで低解像度(右のような)画像しか見せられてない自分は騙されていた。

肌が張っていて若い女ではあるが、目つきが悪く性格が良くなさそうである。天使に神の子を身ごもる事を告げられても何の感情も湧かないのか。

良く見ると他のダヴィンチの絵のように口の周りや顔に血が付いているらしい事が見えて来る(コントラストを強めると、陰は濃い赤色で描かれているのが分かる)。口の右端に白い何かが垂れているのが見えるだろうか。

以前見た時は、マリアの脚は大蛇がのたくる様子に見えたが、今回は生贄の人間が三人ほど跪いているのが見えて来た。その他にも、腹や肩・手の辺り、足元にも小さな人間がたくさんいる。

天使はマリアを睨んでいると言ったが、拡大して良く見ると彼は怯えた目をしているらしい。それに目の周りにクマがあるようだ。この絵はヴェロッキョ工房においてレオナルドと師匠の合作であると言われるが、この天使はレオナルドが描いたと説明される。ちょうど顔もポーズも、「キリストの洗礼」の左側にいる少年の一人とよく似ている。少年はイエスの衣服を手に持ち跪いていたが、この天使はマリアの処女性の象徴としての百合の花を持って跪いている。ちなみに普通の画家は百合のおしべは描かないそうだが、レオナルドは描いている(マリアの処女懐胎を否定?)。それとこの天使、口から血を垂れ流しているらしい。やはり虐待されているのだろうか。

天使の左足は切られていて、地面に転がっている。左手も切れて胴体とはまともに繋がってないようだ。左足のあった場所に巻き付いて身体を支えているのは黒い大蛇である。腰や翼にも小さい人間が張り付いていて、これは天使の姿と言うよりも生贄の人間の山盛りされた物である。

「受胎告知」の秘密はこの辺りにあると思う。マリアの手の後ろにある聖書は男性器だと思う(そう見えない人もいるだろうが)。その先から金色の精液が大量に流れ出ている。真下に流れ落ちる物、聖書の下を書見台の板に沿って斜めに流れる物もある。マリアは聖書をめくりあげてうまく下の壺に精液が流れるようにしている。書見台の下に弓なりに張られた透明の布は人間ではないか。蛇(マリア)の精子と類人猿のメスの卵子とがここで結合しているのではないのか。

まだよく分からない所がある。マリアの蛇っぽい手指の下に何か黒い物がいる。小さな人間だろうか?

手の下と壺の間にある半透明の部分。

分からない謎もまだまだ残っている。書見台の脚の右側とマリアのスカートに右足下の赤い部分である。

書見台右側の猫脚の上に乗っているのは何? ケダモノの足先? それとも小さな人間が二人ほど重なっている?

マロアの右足下にあるのは、血だらけの人間の手足? 頭蓋骨もある?

これらの物はマリアが喰った肉の喰い残し、または飛び散った肉塊なのか。

この絵には遠景に円盤型UFOがたくさんある。飛んでいる物もあるし、駐機して樹のように見える物もある。

マリアが描かれる絵によくUFOが描かれるのは、UFOと言うのは蛇神の乗り物だと言う事なのだろうか。

 

ダヴィンチ 「聖アンナと聖母子と洗礼者ヨハネ」 人間創世記の単一生殖? 神への生贄準備をする巨人たち

ルーブルの{聖アンナと聖母子」の10年ほど前に、それの習作として描かれた物がある。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「聖アンナと聖母子と聖ヨハネ」1498年 ロンドン・ナショナル・ギャラリー

ルーブルの板に油絵が168×130センチ、ロンドンの紙にドローイングのこの作品が141.5×104.6センチと大きさはたいして変わらない。

背後の聖アンナの左手が天を指さし、恐らくそこが描き込まれて無いので未完成だと言われる。レオナルドはこの作品を終生手放さなかったそうである。何を思ってこの作品を描いたのか、また10年後に本格的に油絵にしたのは何故か解き明かしたい。

結論を先に言えば、この作品は同性愛者を絵にした物で、同時に人間を喰う巨人族をも表している。同性愛者の二人は背後にいる巨大な蛇神に捧げる生贄の人間を膝の上等に置いている。レオナルドが同性愛者であるからこんな絵を描いたと単純に考えられるが、どうもそれだけでは無いように僕には思える。

神が人間を最初に創った当初は、彼と同じように巨大な姿であったらしい。しかも男女の区別が無く、肛門・直腸が生殖機能を併せ持っていたのかもしれない。この作品はその辺の事情を説明しているのだと思える。

ルーブルの油絵作品同様、右側の聖アンナの表情はいやらしい。何か良からぬことを考えている下品な表情である。この顔は男にも女にも見える。

一方聖母マリアは肌も白いし、女っぽい表情である。額から鼻・唇と繋がる縦線は紙の折った跡とも思えるが、油絵作品を見た後ではこれも血の流れた跡に見える。油絵では板のひび割れを縦線にしている。口から顎の下あたりにうっすらと何かが描かれているような、描かれて無いような・・・・。

アンナとマリアの脚が計4本並んでいるが、普通に見ると向かって左2本がマリアの脚、右2本がアンナの脚と見えるようになっている。しかしもしそうだとするとマリアの腹はよじれてなければならないはずだがそこははっきりとは描かれていない。胴体の側面も隠されて見えてない。マリアは実際には身体をねじらずにアンナの脚の上に座っているのではないか。

するとアンナの脚は左から1番目・3番目と言う事になる。アンナの右足の上には何か分からない長い物が乗っていて実際にはイラストのような位置にある。アンナの股間にマリアの尻(肛門)がピッタリ当たるような形で重なっている。

マリアの右腕を見ていただきたい。女とは思えないほど逞しい。胸も平たいし、それに何よりその手は股間の男性器を握っている。つまりマリアは男性器を持っているし、アンナもそれを恐らく持っている。

幼児イエスを支えるマリアの右手。人差し指と親指の間に大人の男の生殖器の頭が見えている。手の甲の下には睾丸らしき物も見える。そこだけ着物をはだけて露出させて自ら握っている。

二人は同性愛セックスをしているだけではなく、イエス・ヨハネの2幼児を捕まえており、他の人間も腰の上に乗せているようだ。イエスの下半身からアンナの右足にかけての蛇のような曲線形がその生贄の人間だと思うのだがどうだろうか。ルーブルの油絵作品も膝の絵に人間を乗せていたからと言う理由でそう思う。

幼児イエスの下半身に齧り付いた大蛇の身体の中に、この蛇が過去に呑み込んだ人間が透けて見えているとも思える。

マリアの右手の辺り。一度そう見るともうそれにしか見えない。股間の一物を握りしめる聖母マリア。

全体図。蛇神への生贄の祭壇の絵と言う事には変わりはない。上空から巨大な蛇神が降りて来て絵の人物たちに口を付ける。最下端に石つくりの生贄の祭壇があり、その上に生贄の生肉がたくさん重ねられている。アンナとマリアが生贄の人間たちを用意する係でイエス・ヨハネその他が生贄の生肉である。アンナが天を指さすのは「この肉は神への捧げものだからつまみ食いしちゃだめよ!」とマリアに言っているのだろうか。

アンナはマリア以上に蛇遺伝子が強く、右手が蛇のままのように見える。

 

ダヴィンチ 「聖アンナと聖母子」 人喰い巨人族と同性愛者

ダヴィンチのこの絵の修復に関して、2011年ごろに論争があったそうだ。過度な洗浄により色が強調されすぎ、作者の意図とは違う作品になってしまっていると言う物である。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「聖アンナと聖母子」 1508年頃 ルーブル美術館

左が修復前、右が修復後。色の違いは歴然としているが、人物の表面に付いた赤いシミまでをもきれいに取ってしまったようである。

これは修復の失敗であり、人物の肌に付いたシミが作者がわざと付けた物であった事を知らない人がやってしまったミスである。

修復前の聖母マリアの顔。額や頬、顎に赤い絵の具が付いている。絵具の経年劣化とも見えるし、誰かが誤って汚してしまったようにも見える。

聖母の口の拡大写真を見ると、そこに蛇の牙のような不思議なものが映っている。その横には赤い血だまりなのか、赤い肉片なのか分からない物が飛び出ている。この聖母は生肉を喰っているので顔中に血が飛び散って付いていると考えれば、赤いシミの意味が分かる。これは元々描き込まれた汚れなのだ。

修復前の聖アンナ(聖母の母)の顔。板に油絵の具で描かれた物なので、アンナの顔を通って縦に板割れの線が出来てしまっている。そこが赤い色の汚れになって口の端を通っている・・・・と見えるが、これも作者が意図した作為だと思われる。口の右側にも赤いシミが下に垂れるようにして付いている。

口を拡大して見ると、少し開いていて口の間に何かが挟まっている。目つきの悪さと相まってこいつも生肉を喰っていると思われる。

聖アンナと聖母が見ている先には幼子イエスがいる。しかしこの幼児の顔を拡大して良く見るとこんなである。目が恐怖で見開かれているし、瞳孔が開いており既に死にかけているのかもしれない。アンナとマリアに喰われる恐怖を感じているに違いない。幼児はイエスでは無く、喰われるべき生贄である。

幼児の身体を良く見ると、首、手が胴体と繋がってないように見える。さらに足も上半身と繋がってはいないだろう。

左手は羊の耳を掴んでいるのではなく、ナイフを突き立てているのではないか。

子羊自体も人間の身体で構成されている。二人の人間が折り重なっている。二人の脚は肉がそぎ落とされて骨がむき出しになっている。頭も皮がはがされて白骨化している。

幼児の手元で折り重なっている人間を分かり易くしてみた。彼らは幼児にナイフを突き立てられ血を大量に流して、地面が血だらけになっている。その血の中にまた別の人間が横たわっている。

幼児も子羊も共に生贄である。その下の血だらけの岩も過去生贄にされた人間の姿の残像を残している。

精神分析学者フロイトによると、この絵の聖母の衣に「ハゲワシ」がおり、これがレオナルドの同性愛者である事のサインだとか言っている。

そんな学説はともかく、この絵の聖アンナも聖母も変に男性っぽいのは確かだ。顔の作りも男っぽいし、肩幅も広そうだ。

以前も調べたが、この二人の体勢がどうもおかしい。聖母が年老いた母親の膝の上に尻を乗せたまま幼児をあやすのか?

イラストのように男二人が性行為(肛門性交)をしている図としか見えない。

聖母の脚は水色の部分ではなく濃い茶色の部分。 

聖母の膝の上にもう一人人間が横たわっている。仰向けかうつ伏せか分からないがとにかく生贄の、食糧としての人間がマリアの脚の上にいる。

全体的に見るとこうも見える。人により多少見え方は違うかもしれない。左下隅に向けて大口を開けた化け物蛇が見えた。

Wikipediaの修復前の画像は、板絵の額縁に隠れた部分をも見せてくれる。イラスト化している内によく分からなくなってきたが、ここにはとぐろを巻くようにして複数の大蛇が絡みついている図であるらしい。蛇の交尾は二匹が縄のごとく絡み合う形になるようだが、それっぽくなっているのか。

もっと単純化させて考えた方が良いらしい。空からやって来た巨大蛇が、地上の石で出来た生贄の祭壇上の人間の肉を喰っている図であろう。

背景にある木は重なって駐機するUFOのようだ。聖アンナと聖母がそこから降りて来て巨大蛇の食事を手伝っているらしい。