名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

狩野秀頼「観楓図屏風」 蛇による食人・増産、こんな風にしか見えない

台風のせいでまた被害が出、収入が落ちそうだ。農業だけでは生活できず、年金を合わせてかろうじて食って行ける状態だが、めげずにやって行くしかない。

今回は狩野永徳と同じ時代の屏風絵。少し丁寧に細かい所から調べて行く事にした。

f:id:curlchigasaki:20191013183540p:plain

国宝 「観楓図屏風」(高雄観楓図) 狩野秀頼楓筆 16世紀 東京国立博物館

狩野永徳の叔父か従兄弟の「秀頼」と言う名の印が画中にある。永徳の「檜図」と同時代か少し前の作品と思われる。京都西北の高雄山にある楓の名所、清滝川のほとりで紅葉狩りをしながら宴会を開いている男女が描かれている。右上に高雄山神護寺があり、中央はその参道に架かる橋らしい。左上には雪を被った愛宕神社。鳥居や参拝する人々も描かれている。

地味な色合いで紅葉の赤はさほど多くない。土色の地面や霞が主で、人物の着物の鮮やかな色と愛宕山の雪の白、川の青色だけが目立っている。

f:id:curlchigasaki:20191013183637p:plain

画面右下の女たちの部分。赤ん坊に乳をやる女、それを見て微笑む女、歩き回る子供たち、皆笑顔で楽しそうだ。酒も入っているらしい。僕としては地面のところどころにある赤いシミのような陰が気になるが。

f:id:curlchigasaki:20191013183733p:plain

画面左下では男たちが宴会をしている。扇子を持っておどけて踊る者、鼓を打つ者、手を打つ者とこちらも楽しそうだ。柿のような食い物も置いてある。後ろの地面の赤いシミの付いた曲線的部分は大きな人体か。

f:id:curlchigasaki:20191013183824p:plain

画面中央一番下に見える岩は、苔むした岩ではなく、人間の身体の積み重なった物である。やはり一番目立つ所にこう言う物が配置される。それが見えると川の中にも、橋板にも何やら怪しげな人の形か蛇の形が見え出す。

f:id:curlchigasaki:20191013183923p:plain

右下隅の岩の部分。人間の形が見て採れる。別の人間に背後から覆いかぶさる人間は恐らく性交している。尻を向けその尻から何か丸い物を出している人間は出産しているのだろう。楽しげに遊んでいる子供たちの足元の赤いシミの中にも人間がいる。この部分図の右端の立ち上がった岩は女の尻であり、赤ん坊を産み落としている。またこの女の腹の部分に胎児が透けて見えている。

f:id:curlchigasaki:20191013184022p:plain

画面左下隅。ここにも人間の山積みがあり、尻から子供を産んでいる。上の楓の樹は人間の繋ぎ合わせで出来ているが、同時にそれは上から降りて来る蛇にもなっている。楓の樹の細かい枝の中にも人体が隠されている。枝を輪郭とした空間に尻を向けた人間が何人もいる。また上から岩の人間を喰いに来た巨大蛇の輪郭も徐々に見え始める。

f:id:curlchigasaki:20191013184114p:plain

画面左上の愛宕神社参道。白い雪は大きな人体であり、神社の樹々は大きな蛇である。大きな蛇神に喰われるために人間たちが参道を登って行く。神社の樹の赤い幹は今喰われている人間である。

f:id:curlchigasaki:20191013184214p:plain

画面右上の高雄山神護寺空海最澄の名が関連付けられて説明される由緒正しい寺であるらしい。この絵をトレースして見ると、この寺には空から来る巨大蛇が人間を喰っている様子が見える。露出した山や木々の中には交接している男女の人間がおり、それらが蛇に喰われている。また雲の中の微妙な陰影の中にも人間や蛇の形が見える。

f:id:curlchigasaki:20191013184344p:plain

画面中央の橋の架かる川の部分は最も重要な部分と思える。対岸の岩は人間が積み重なっており、川の中にも人間がうじゃうじゃといる。あたかもクローン培養液の中のようにも見える。遺伝子を組み替えて人間と言う生命体を創っている現場の光景?

f:id:curlchigasaki:20191013184504p:plain

今まで見て来た部分図を合わせて全体図にした。空白部分も繋ぎ合わせて見ると、至る所で大蛇が人間を襲っており、人間は襲われながらも交尾し出産していると言う図である。

f:id:curlchigasaki:20191013184629p:plain

空からやって来た巨大蛇が人間を襲い喰うと言う事を念頭に置いてイラスト化するとこうなる。画面いっぱいを埋め尽くす巨大蛇ども、その口先には餌となる人間の山(イラストでは黄色くした)がある。

f:id:curlchigasaki:20191013184752p:plain

人間の増産と言う事を念頭に置いてイラスト化。

上図上は交接図。小さな交接図もたくさん受けられるがこれが一番大きく見える。青い男の巨大な性器が女の身体を貫いている。杯型の川は男性器であると共に女の子宮を表しているのかもしれない。また男の尻から赤ん坊が生まれている(女=イブが創られる前は男=アダムにも出産能力があったのか)。

上図下は出産図。こんな風に見えた。

f:id:curlchigasaki:20191013184922p:plain

またこんな風にも見えた。画面全体に大きく見て採れるのは生まれ出る赤ん坊の図である。その両腕を蛇に噛み付かれている。この匍匐前進の形で這い出る赤ん坊はこの絵の中にも所々見えるが、大抵後ろ向きの女の尻の間に描かれている。だからここでも尻が見えるはずなのだが、その形が捉えられない。作者に聞いてみたいところだがそれは叶わない。東博学芸員でも答えられない(そもそもこんな風には見えないと言われてしまうだろう)。自分一人の眼で見続けてより認識を深めて行く他無いだろう。