名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

ゴーギャン 「我々は・・」 追加

前回のゴーギャンの絵の中で、気になる部分がいくらかあるので付け加えたい。

f:id:curlchigasaki:20191002183853p:plain

画面中央下部、一番目立つ所にこんな光景がある。物を食べる子供の右側、何かを空に捧げる青年の左側である。猫が二匹いる。この猫の後ろに赤味がかった肌色の物が転がっている。

この肌色の物体は人体の一部ではないか。頭や胴体が切断されてバラバラに置かれた人肉ではないか。他の部分の隠し絵の中の人体は人の形を保っているが、これは切断され血の色をも見せている。イラストにすると上図右のようになった。猫が人肉を喰っている。

猫の身体は人間を喰っているから人間の形で構成されている。

地面の青い部分・灰色の部分にも人体が転がっているが、この肌色の部分はそう言う隠し絵では無く実物が存在する。明らかに果物では無い。すると右の青年が高く掲げているのはこの人体からもぎ取った心臓であるか。

f:id:curlchigasaki:20191002183950p:plain

残酷な表現が画面の一番手前に描かれていたが、他に気になる部分がある。

画面向かって左奥の神の像の左側に、ホタテ貝のような物に包まれた女がいる。これは何か? 肌色の大蛇が大口を開けて女を呑み込もうとしている様に見える。またこのホタテ貝は女性器であり、女が生まれ出る瞬間にも見える。

ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」をも彷彿とさせる。

f:id:curlchigasaki:20191002184032p:plain

拡大し、イラスト化して見るとこんな風になった。肌色部分は二人の人間である。

聖書の記述では「アダムのあばら骨からイヴが生まれた・・・。」とかあったがそのイヴ誕生の瞬間にも見える。

僕が一番強く思ったのは以下の光景である。その周りは人食い大蛇で一杯である。一人の女を大柄な男が身体を丸めて蛇から守っている。男の背や足には蛇が取り付き、上からくる大蛇に今にも喰われそうになっているが、少しでも女の死を遅らせようと身を挺してかばっている。

f:id:curlchigasaki:20191002184125p:plain

この絵はゴーギャンの「 Upa Upa(The Fire Dance)」1891年(イスラエル美術館)の部分図である。女を抱きかかえる男・肩を寄せ合う男女が描かれている。

右の仰向けになった女は腰から下が既に大蛇に呑まれている。男はその女にキスをするかの如く顔を近づけている。

この絵は「我々は・・」より6年ほど前に描かれた物だが、ホタテ貝の男女と共通するものを感じる。「愛情」・「哀しみ」と言った物が表現されているのではないか。

 

同じ蛇型生命体仲間でも色んな性格の持ち主がいるらしい。自分たちには無い「愛情」とかに特に興味を示し、悲しい運命の弱い人間たちを憐れみ、畏敬の念すら持つ個体もいるのかもしれない。