名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

ゴーギャン「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」 再考

 ゴーギャンの代表作を再び調べる事にする。今回はより細かく丁寧に見た。この絵の題はこのブログの趣旨と一致し、僕の残りの人生で解明したい事柄である。

f:id:curlchigasaki:20190929193642p:plain

ポール・ゴーギャン 「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこに行くのか」 1897~98年 ボストン美術館

ゴーギャンはこの絵を描き終えたのち自殺を図ったと言う(Wikipedia)。絵の中にそれほどの何かを込めてあるのだろう。何が描かれているのだろう。ゴーギャン自身が言うように「人生のはじまり・成年期・老年期」を表しており、左端の鳥は「言葉は無力である」事を表しているという通り一遍の説明で解説で済むのだろうか。もっと別の意味が隠されていると思う。

前回調べた時に、この絵が蛇で満ちている事を知った。蛇が人間を襲っている事を知った。絵の中の人物10人ほどのポーズがそれぞれインパクトがありすぎて意味深であるが、それを考えていると本筋を見失うので注意しなければいけない。

f:id:curlchigasaki:20190929193730p:plain

一番目立つ中央の青年。顔がでかい。肩幅が狭い。左目の下にあざのように見える物がある。口が斜めに曲がっている。何を手にしているのか。そもそも何をしているのか。疑問点がいっぱいである。おそらくマンゴーのような果物を収穫しているのだろうが、樹そのものが描かれていない。

精査して見ると体の中に小さな人間が入っている。その人間は同時に蛇にも見えるように描いてある。例の「人間を喰った、蛇の遺伝子を強く持った巨人」であるようだ。顔も小さな人間と蛇で描かれている。両手で掴んでいるのは、大きく見れば蛇の頭である(赤っぽいから心臓の可能性も捨てきれないが)。その蛇の頭の中でもより小さな蛇が人間を襲っている。この巨人の青年は蛇に小さな人間を喰わせているらしい。いわば蛇神に生贄の人間を捧げていると言って間違いないだろう。

f:id:curlchigasaki:20190929193817p:plain

画面中央手前の子供。この子の食べているのは人間である。この子の身体自体も人間の形の集合体で、食べた物が透けて見えていると言った描き方である。

子供の服の中・後ろのヤギの胴体・その後ろの地面には人間の交接図が隠れていた。

f:id:curlchigasaki:20190929193914p:plain

右端の赤ん坊は寝ている? いやよく見ると白目をむいていて、死んでいるのではないか。この子の身体も大小の人間(同時に蛇)の組み立てで出来ている。

f:id:curlchigasaki:20190929193957p:plain

画面右半分。中央の青年の身体に隠された人間は、逆立ちをしている。太い両腕を地面に着け、頭は右太ももの所に隠れている。両足を高く上に上げている。鎖骨の辺りが尻である(この表現はゴヤの「我が子を喰らうサトゥルヌス」の子供の身体でも見られた)。でかい頭が尻から出ているが、これは出産を意味しているらしい。他の人物も上下逆さまの人体が隠れているかまたは人体が数体集まった物である。皆上になった尻から頭を出産している。

人物の背後には蛇どもがたくさんいて人間に喰い付いている。中央の青年やその右に立つ二人の女は背後から大きな蛇に呑まれそうだし、右奥の遠景では人間が数匹の蛇に寄ってたかって喰われている。カラフルな地面には人間の身体が幾つも横たわっているようだ。

f:id:curlchigasaki:20190929194045p:plain

画面左側。左端の老女(逆さになった人間が隠されている)は単に死の恐怖に怯えているのではない。神への生贄の人間が目の前で残酷に喰われている事に恐怖しているのだ。青い神の像の足元の台は人間で出来ている。左右のくねくねした木の枝は空から降りて来た蛇たちであり、人間に喰らい付いている(拡大してトレースしたらイラストのようになる)。手前の子供の後ろにいる猫が喰っているのも人間であるが、もうここでは赤い切断面が見えている。右の猫の喰い付いているのは首の切断された人間かもしれない。その他地面の赤っぽい所は血がしみている所であろう。この老女のように顔をそむけたくなるような凄惨な現場である。

画面右でも左でも、手前に並んだ人物たちはグレイ色の所にいるが、これは生贄の祭壇の岩の色であるからこの人物たちもいずれ贄となる運命である。f:id:curlchigasaki:20190929194134p:plain

全体のイラスト。大量の人間が大量の蛇に襲われている。空から降りて来た蛇神に喰われるために我々は生れ、死す。喰われるために我々は存在すると言っているようである。空色の神の像は蛇神の擬人化でその正体はもちろん地球を支配する蛇型生命体である。

f:id:curlchigasaki:20190929194226p:plain

f:id:curlchigasaki:20190929194313p:plain

僕にはこの絵がこういう風にも見える。人間の交配図である。青い男が赤い女の背後から被さって交接している図が画面いっぱいに描かれている。男と女の身体は互いに透けており、その輪郭を辿る事が出来る。ちょうど女の性器の所に肩を寄せ合う女二人が生まれ出ている(小さく見て行けば男女交接図は至る所で見つかるが大きなところだけを見ている)。

f:id:curlchigasaki:20190929194358p:plain

またこんな風にも見えた。今度は頭が逆に右向きになっている。女の性器の所にはホタテガイのような絵があり、男の尻の所にも神の像がある。

子供をどんどん作れと言う命令が隠されている。こんな隠し絵のサブリミナル効果で鑑賞する人間を洗脳している。美術館で長い時間この絵に見とれている人々の脳内にはこういう絵がインプットされているのだ。

f:id:curlchigasaki:20190929194451p:plain

f:id:curlchigasaki:20190929194536p:plain

全てはこいつら蛇神の仕業である。

こいつらの手先として絵を描き続ける事に疑問を感じて抵抗するために、ゴーギャンは自殺を試みたのかもしれない。