名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

フラゴナール 「読書する娘」 蛇神の示す生命の真理

この絵は僕にとって非常に懐かしい絵である。椅子に座って静かに読書をする若い娘、その雰囲気と共にふくよかな乳房に憧れたものである。高校時代が思い出される。

しかし高画質の画像がネットを通して手に入るようになった現在、物事を皮相だけにこだわらずにより深く疑いを持って見るようになったので、若い頃の感想とは大分違って見える。この絵も他の名画と同様に食糧としての人間の繁殖のために作り出された物であった。

f:id:curlchigasaki:20190813144506p:plain

ジャン・オノレ・フラゴナール 「読書する娘」 1775年頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー

静かに読書する少女を写生的した絵に見えるが、不可思議な部分がいくつもある。左腕の肘の辺りの洋服はどうしてこんなにシワクチャなのか。背もたれのクッションの陰の色はどうしてこんなに赤いのか。右手小指が蛇のような曲線を持つのは何故か。

f:id:curlchigasaki:20190813144625p:plain

顔の拡大図を見ると膨らんだ頬が赤らみ、唇が異様に赤い。眼はこうして拡大して見るとさほど魅力的ではない。黒目部分が大きすぎ若い娘の眼にしては暗い。

f:id:curlchigasaki:20190813144756p:plain

赤い下唇はまるで口から這い出る小さな人間の頭のようである。その両手もうっすらと見える。鼻の下が赤いのはどう考えても異常である。鼻自体が小さな人間の尻であり、そこから頭から生まれ出る人間が描かれているかもしれない。

f:id:curlchigasaki:20190813144944p:plain

画面の下3分の1には小さな人間の塊が描かれている。大小まちまちの人間がいる。所々に蛇がいて人間に喰い付いている。

f:id:curlchigasaki:20190813145115p:plain

画面の上3分の2にも人間の形が見て取れる。この娘の髪や顔や首、手指も人間の形の組み立てで出来ている。細かい所から見て来て、この辺りになると次第により大きな隠し絵が見え出して来る。背景の壁の明暗も怪しい。

f:id:curlchigasaki:20190813145248p:plain

左が元絵。右が全体のイラスト。小さな人間が集まってその塊でより大きな別の人間の身体が見え出した。

これは自然の真理かもしれない。一つの生命体は小さな生命体の集合で出来ている。人間も一つ一つの細胞内の生命体ミトコンドリア等が集まって出来ているのだし、腸内細菌自体が実は人間を操っているのであり、人間に指令を出している本体なのかもしれない。さらにそれらの生命体の中にもさらに小さな無数の生命体が存在し・・・・と無限に極小世界に繋がるのか。

f:id:curlchigasaki:20190813145431p:plain

いろんな見方が出来るように描かれている。その一つが上図左のイラスト。僕にはこんな風にも見えた。娘の乳と左肩は合わせて人の尻である(黄色)。彼女の両手はこの人の足となる。この人の頭は右下にあり、ちょうどでんぐり返しのようなポーズをして両手を胸の前で組んでいる。その右には、立ったまま女を抱き上げて性交しているらしい男女がいる。読書する娘の髪には大きな尻をこちらに向けた女(青緑)を背後から交接している男(緑)がいる。この後ろの壁に四つん這いになった女(赤)がおり、この女の背後から男(青)が性交している。

セックスしているそれぞれの尻から子供が生まれ出ている。男女ともにである。

またこんな絵にも見えた(上図右)。大股開きのご開帳図である(赤)。女性器から真っ赤な頭の赤ん坊(イラストでは黄色)が生まれ出ている。また何故か男性器も描き込まれている。生まれる赤ん坊の頭が睾丸になる。やはり巨人たちは両性具有である事を知らせたいのか。

背景の壁には尻をこちらに向けて立つ女(青緑)がおり、読書する巨人の娘自身をも自分たちが産んだのだと(つまり創造したのだと)言いたいらしい。

f:id:curlchigasaki:20190813145618p:plain

左が元絵。右が蛇神イラスト。小さな蛇神まで拾って描いたので見にくくなってしまった。この地球上で食物連鎖の頂点に立つのはこの巨大な蛇型生命体。こいつらが太古の時代に地球に来て地上の生き物と自分たちの遺伝子を掛け合わせて、食糧として人間を創った。地球上に繁殖させて時々喰いに空から降りて来る。

現代においてAIとかの機械生命体が新たに誕生しようとしているが、有機生命体である人間はどうなってしまうのだろう。いつかは滅ぶのだろうがその先の事が知りたい。すなわち人間は死後どこへ行くのか。宇宙の中で唯一の生命の源のような物に吸収されるのだろうか。蛇神の描かせた名画の中にその答えはあるのだろうか。このブログでの研究もまだまだ先は長そうである。