名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

重文 「大仏頂曼荼羅」 大日如来は地球の支配者、人間牧場の経営者

釈迦はイエス・キリストであるらしい。摩耶夫人は聖母マリアで、この関係は日本神話でもアマテラスとイザナミと同じであるらしい。父もあり、大日如来と呼ばれている者がそうらしい。キリスト教での神・日本神話でイザナギギリシャ神話ではゼウスと呼ばれる存在があり、全て同じ者を指しているのではないか。

大日如来と釈迦如来が並べて描かれている絵があった。

f:id:curlchigasaki:20190719191951p:plain

重要文化財 「大仏頂曼荼羅」 12世紀(平安時代) 奈良国立博物館

敬愛・息災・増益を願って拝むご本尊様だそうだ。上方の金輪の中に釈迦が胡坐をかいて座り、中央の大日金輪の中に大日如来も座る。その下には須弥山がある。下方、海から訪れるのは七頭竜・九頭竜を従えた四賢人で、如来の周りには七宝(転輪・馬・象・兵その他)が散りばめられている。

この絵もとんでもない隠し絵が仕込んであった。

f:id:curlchigasaki:20190719192155p:plain

中央の大日如来、すなわち釈迦の父。蛇の身体に人間たちをたくさん纏っている。両足も蓮の座も全て人間の形が見て取れる。肩と両手を形作っているのはどうやら首に巻き付くように乗った人間である。胸の部分のみが蛇の胴体で、それは背後に回り、八の字型にくねっているようである。この画像も大蛇が人間の身体を寄せ集めてそれらしく見せているだけのまがい物である。

左手人差し指を右手の指で握ると言うこの「智拳印」の形は性行為を連想させる。

f:id:curlchigasaki:20190719192316p:plain

顔のアップ。膨らんだ頬・顎、口の形から何かをモグモグと喰っている様子が見られる。

f:id:curlchigasaki:20190719192429p:plain

上方の釈迦如来。同様に人間の身体がたくさん見つかる。後方に回った蛇の胴体の中にも人間がいる。呑み込まれた人だろう。画面に向かって左下には肉を喰われた後の骸骨さえもが描かれている。この釈迦の絵では人間同士がセックスをしている所があちこちで見られる。胸のあたり、右足の所、後ろの八の字の胴体に中でも皆後背位でセックスをしている。また後背の金輪の中等に浮いている「車輪」の上には尻が見える。この「車輪」は女性器を表すのではないか。

f:id:curlchigasaki:20190719192617p:plain

顔アップ。絶対何か喰っている。唇も異様に赤い。

f:id:curlchigasaki:20190719192749p:plain

大日如来の下の須弥山(天国・極楽)の拡大図とイラスト(下)。大きい所を見れば二組の男女がセックスをしている図であろう。イラストでは緑の男が薄緑の女の背後から立ったまま交接している。男の身体と女の身体は重なる部分が透けている。その交接部分に「車輪」がある。黄色い男がうつぶせた薄黄色の女の後ろから接合している。

f:id:curlchigasaki:20190719192926p:plain

左が元絵、右が全体のイラスト。二人の如来の外側にある人・物は全て人間の身体で出来ている。竜にも牡丹の花にもさまざまなポーズをした人間が見える。二人の蛇の化身は生贄の人間を喰いに空から降りて来たようである。

この段階で背後の茶色い濃淡の中に色々な物が見えて来出す。下腹に気を込めてゆっくり時間を掛けて見ると次第に見えて来る。あれやこれや色々と見方を変えて画像を大きくしたり小さくしたり、暗い部分を明るくしたり、コントラストを付けて見たりしながら、さらにトレースしながら形を捉える。

f:id:curlchigasaki:20190719193043p:plain

トレースを何度も描き直しながら出来たのが上図である。こんな風に見えた。

左は女性器ご開帳図。下に赤い輪郭で、四つん這いの女の後ろ姿。性器の所に「大日如来」がいる。上は青い輪郭で上向きに大股開きをする女。性器の所に「釈迦如来」がいる。・・・・坊さんはこんな絵を拝みながら修業していたのか。

右は複雑である。まず赤い輪郭の女が仰向けになっていて身体を思いっきり丸めて尻を上げ、女性器を見せている。その中により小さな女が後ろ向きの四つん這いになっている。この人の女性器が先の赤い輪郭女の女性器と重なっている。その上に薄緑色の男が横向きになって(顔を向かって右にして)男性器を二人の女の女性器に突っ込んでいる。この男性器は「大日如来」そのものである。薄緑の人の上に大きな横向きの男(?)がいて薄緑の人に覆いかぶさっている。よく見えないが馬が男性器かも知れない。

セックスをしている人間を隠し込んでおり、この仏画を見る人に無意識のうちにそれをしたくなる気持ちにさせる効果を狙っているのだろう。

しかし男の背後から被さる男と言うのはどうだろう? これは下の二人の女に身体を重ねる二人の男と言う事で、これ以上絵を重ねて描くと見えにくくなるので上の男は離して描いたのだろう。

一つの絵の中に幾通りもの画像を見つけられる。これは作者が「モーフィング・ソフト」を使って描いている事が予想される。男の写真と女の写真を二つ使ってその中間の顔を画面上に創り出し、二人の間に生まれた子供の顔を予想する、こんなコンピュータソフトを使って作った絵ではないか。

f:id:curlchigasaki:20190719193207p:plain

左元絵。右はまた別の見方のイラスト。今度は「出産」シーンをこれだけ見つけ出した。「釈迦」も「大日」も須弥山も、その下でも、画面上のありとあらゆる場所で出産が行われている。馬や象、賢人たちも全て女の尻から生まれ出ている。セックスを励み、子供をたくさん産んで増やし、食糧を増産させようと言う魂胆である。

f:id:curlchigasaki:20190719193327p:plain

左、比較のために再び元絵。右は蛇神のイラスト。これも見える。こんな風に「大日如来」を中に含んだ青い輪郭の巨大蛇は、人間を咥えて喰っているように見えた。それら全てを呑み込む存在もいる。さらにイラストには描かなかったが、画面全体が巨大蛇の正面顔になっているようである。

蛇型生命体たちにも階級制があるらしい。まず人間がいて、その人間を神に捧げる者(この絵での賢人のような巫女的存在)、人間を喰う蛇の化身(釈迦のような)、その父(大日如来)、彼らをも喰う者、その彼らをもまた喰う存在と言った階層があるらしい。釈迦は地上で人間を導く(家畜となる事を強要する言わば羊飼い)で、その父「大日如来」は天界にあって地球を支配する、牧場の経営者だろう。