名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

ムリーリョ「受胎告知」 蛇型生命体の食糧生産

「受胎告知」の絵には人間の誕生に関する真実が秘められている。その辺を探りたい。

f:id:curlchigasaki:20190624064406p:plain

ムリーリョ 「受胎告知」 1665~66年 セビリア美術館(スペイン)

17世紀、スペイン黄金時代の画家ムリーリョの描いた「受胎告知」はエルグレコのそれとよく似た構図である。右に天使がいて雲に乗っている。手前に針仕事の道具の入ったバスケットが置かれ、聖母は天使の出現に手だけで驚きを表し、比較的冷静である。この絵の特徴は小さな天使がたくさん描かれている事で、愛らしい子供の絵で有名なムリーリョらしい。鳩・ユリの花・書見台・聖書・裁縫道具は型どおり有るが花瓶や砂時計等の容器は無い。人間を製造する道具が見当たらない。

f:id:curlchigasaki:20190624064526p:plain

この絵を見て最初に違和感を抱いたのはこの天使の顔であった。マリアの頭上に浮かぶ首だけの天使たち、そのうちの一人の顔があまりにも邪悪そうなのである(上図右)。上向きの牙さえある悪魔のような天使である。他の天使の顔も死体の様で、目の光が無い。

f:id:curlchigasaki:20190624064647p:plain

右上空に浮かぶ天使は白い布を持って口に当てているが、これは小さな人間の塊を喰っている図である(上図右イラスト)。三本指の手で人間をまとめて掴み口の中に入れている。口の周りは人間の血で赤くなっている。

f:id:curlchigasaki:20190624064825p:plain

天使ガブリエルの身体は人間の身体の積み重ねで出来ている。下半身は後ろ向きの人間で頭がユリの花の奥にある。上半身も翼を含めて人間の身体が見付けられるが、二人の身体がガブリエルの胸で交差しているように見える。イラストで分けたように薄黄色の人と黄土色の人が重なっていると思える(確信は無いが)。

天使の乗る雲や煙の中に人体が見える。裸の人間が尻を向けて、その尻から小さい人間が出ている。出産シーンらしい。

f:id:curlchigasaki:20190624064948p:plain

男女の区別が付きにくい顔立ちの天使。右の頬が膨らんでいて何かを喰っているようである。

f:id:curlchigasaki:20190624065105p:plain

聖母マリアは例によって餌としての人間を体中に纏っている。両脇にも人間を挟んで逃さない。

青い外套が異様な形で、それはやはり裸の人間の尻であり、小さな人間を出産している。手前に這い出ているのは黒々とした悪魔の赤ちゃんの様である。

その横、書見台の足の所にうずくまる猿がいる。しゃがみこんで顔を横に出し、その尻からも子供が生まれている。

f:id:curlchigasaki:20190624065240p:plain

その部分の拡大図。分かり難いがじっと見続けると次第に見えて来ると思うがどうか。

f:id:curlchigasaki:20190624070703p:plain

若く美しく清らかな顔立ちの聖母だが、左目が少しキツい。ほんの少し開いた口の中に血が溜まっている。ガブリエル同様片頬(左頬)が膨らみ何かを喰っているように見える。

f:id:curlchigasaki:20190624070832p:plain

絵の一番下の真ん中に描いてあるこの裁縫道具は、作者が最も伝えたい真意を表しているはずである。そう思って画質を変えてよく見ると小さな人間がたくさん盛り上げてあるのが見える。上の方の四角い布の中には十何体もの人間がいるが、その縁は血の色で赤くなっている。このバスケットは蛇神への生贄または人間の製造を示す物ではないか。

f:id:curlchigasaki:20190624071006p:plain

画面下半分。あちこちに人間の尻が見つかる。そしてその尻の間から子供が生まれている。マリアが手を置いた書見台さえも人間の身体で出来ていて、その股の間から子供がれている。マリア自体も頭の後ろに尻があるからそこから生まれた事を示しているらしい。

f:id:curlchigasaki:20190624071155p:plain

上半分でも同じ、尻と生まれた子供たちがあちこちに描かれている。

f:id:curlchigasaki:20190624071331p:plain

左が元絵。右が全体のイラスト。

どこもかしこも出産シーンでいっぱいである。ガブリエルの乗った雲も人間の尻でそこから裁縫道具の人間の塊が生み出されている(イラストはこの辺りを描き直してある)。この絵は処女マリアに未来の出産を告げると言うよりも、既に生んでしまっている。時間的経緯を無視して未来をも同時に描き込んだのか。このマリアが全人類の母となる事を暗示しているのか。どうだろう?

f:id:curlchigasaki:20190624071508p:plain

全体図を遠目に見るとこんな絵が見えて来た。

左、より大きな出産シーン。ガブリエルの下には男性器がある。マリアの身体を包んでいるのは女性器らしい。男性器の先から小さな人間の塊が出ている。女性器からはマリアが生まれ出ている。

空には円盤型UFOがある。ガブリエルの上のUFOには窓まで描かれている。これに乗ってやってきた者が人間を創ったと説明しているかのようだ。

右、やってきた者は蛇型爬虫類の宇宙人である。画面全体を遠目にして目を薄く開いて見るとこの隠し絵が見えて来る。マリアを含めて全ての人間を喰いに来ている。喰う為の食糧として人間を創った事を示している。

この絵には人間の製造過程は描かれて無い。精子卵子の普通の授精でいきなり出産シーンにまで飛んでいる。しかし生まれる人間の元になる物が推測される。書見台の手前の猿、画面左上に浮かぶ猿っぽい人間とから僕はこう推測する。地球に元々いた猿のような生き物に宇宙からやってきた蛇型生命体が己の爬虫類遺伝子を掛け合わせて人間を創ったのであろうと。知能の無い猿に知恵の実を授けたと言うのは宇宙人の遺伝子を入れ込んだと言う事なのだろう。確かに現代医学でも人間の脳には爬虫類遺伝子がある事が分かっているし、言ってみれば人間は口から肛門まで繋がった蛇のような物である。蛇の消化器官に運動するための骨と肉その他を付ければ人間になる。その肉部分が蛇型生命体が欲しかった物であろう。