名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

ティントレット 「聖母子を崇める二人の伝道者」 マリアが人間を喰いに来た

f:id:curlchigasaki:20190529174820p:plain

ティントレット 「聖母子を崇める二人の伝道者」 1570年以前 ベルリン絵画館

Google Arts&Cultureから採った画像で解像度はあまりよくない。英語の翻訳には自信が無いので画題の訳がこれでよいのかどうか。

ティントレットの宗教画である。イエス・キリストを抱く聖母マリアが空中に現れ出ている。ライオンを背後に従えた伝道者、雄牛を従えた伝道者はそれぞれマルコ・ルカだろうか(人物を特定する象徴としてこれらの動物が添えられているのだがあまり詳しくは知らない)。伝道者たちは本(聖書)を広げ現出した聖母子を仰ぎ見ている。マリアの横には二人の天使が飛んでおり、彼女に星の冠を被せようとしている。

今まで見て来た所の聖母マリアは下半身が大蛇の蛇神の使いであり、人間を喰う。特に幼児が好きで幼子イエスが傍らに描かれる事が多い。その幼児はイエスではなく喰うための人間である。この絵でもそういう真の趣旨は全く変わらない。

f:id:curlchigasaki:20190529174946p:plain

マリアが星の冠をいだき、鎌形月の上にあるのは「反宗教改革」の象徴だと解説されるが僕にはよく分からない。この絵を見て思ったのはマリアが円盤状UFOの昇降口から降りようと一歩足を踏み出しているように見える事である。マリアとUFOの関係は今後勉強して行きたい。

マリアの纏った衣装は全て食糧の人間で出来ている。またはマリアが過去呑み込んだ人間が見えている。化け物蛇のマリア本体は頭と赤い布の衣部分であり、青い衣は餌の人間を纏ってそれに見せている。マリアの赤い蛇の胴体は後方左右に少しだけ見えているがおそらく右後方に長く続いているのだろう。

エスの身体は蛇に巻き付かれ、所々切断されている。上方の二人の天使も同じで蛇に巻き付かれ、手足頭が千切られている。イエスを含めた三人の幼児はマリアの新鮮な餌である。

f:id:curlchigasaki:20190529175123p:plain

マリアの顔のアップ。ベールが蛇である。眼は蛇の開いた口の暗い部分がそれになっていると思える。また口を尖らせ気味でまるで何かを喰っているかのようである。

f:id:curlchigasaki:20190529175236p:plain

画面の下半分。伝道者の身体も人間で組み立てられている。例えば左の伝道者の右足は、地面に座った人間の右腕である。右の伝道者の右足は地面にうつぶせた人間の左腕である。ルノワールの「舟遊びの人々の昼食」で見られたように、人の足を腕で表す逆さまな表現方法がこの時期からあった事になる。

彼らの手先足先は小さな人間たちである。雄牛もライオンも小さな人間が集まって出来ている(解像度の関係で細かくは見れなかったが)。

二人の伝道者は生贄の人間の山のようである。また彼らキリスト教の普及を心掛ける者たちは人間を喰っているからその身体も人間で作られているーーーーと言う事をもこの絵では語っているのだろう。

f:id:curlchigasaki:20190529175407p:plain

全体のイラスト化。半身大蛇のマリアが巨人族の伝道者によって集められた小さな人間たちを喰いに来ている。

背景の空や雲にも人間の身体らしきものが幾つも見られる。「森羅万象生命ならざる物は無し」と言う仏教思想を表しているかのようである。人間死んだらその身体は有機物に分解され、地面や空中に浮遊する。或いは他の生命を構成する部品になる。

f:id:curlchigasaki:20190529175544p:plain

左上の天使と二人の伝道者の顔。天使の眼には隈がありあまり楽しくなさそうだ。伝道者も無表情で何を思っているのか分からない。ただ三人とも口に何か入れてモグモグしているような感じで、男二人の口は赤っぽく見える。この三人とも巨人なので、小さな人間をつまみ食いしているのかもしれない。

f:id:curlchigasaki:20190529175719p:plain

左元絵、右が僕が見た蛇神のイラスト。蛇神は半透明で描かれその事は次元の違う世界からやって来る事を示している。名画では微妙な陰影で画面いっぱいに大きく描かれる。ここではマリアの背後にいる。マリアの肩から足先までに巨大な顔があり、彼女の尻の辺りで大きく口を開けている。その口の中からマリアが出て来ているのかよく分からない。マリアの巨大な蛇の胴体は蛇神を突き抜けて後方に流れているようでもある。

とにかくこのマリアと言う生き物と蛇神の違いはどうなんだろう? マリアは仏教の観音菩薩と同じ物であり、太古のヴィーナスとも共通する。蛇神の化身と言う事なのだろうか? その辺は誰も教えてくれない。学校で教わった歴史や理科などは全く役に立たない。自分の眼で見て名画の中に込められたヒントを頼りに謎を解いて行くしかない。