名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

モネ 「柳のある明るい朝」 人間は餌であり糞である?

f:id:curlchigasaki:20190505194402p:plain

クロード・モネ 「柳のある明るい朝」 200×1275㎝ 1914~1926年の間 オランジェリー美術館(パリ) 睡蓮の部屋の中の一点

モネの一連の睡蓮作品は生贄の池の絵である。蛇神が餌場で人間を喰っている様子が描かれている。人間から見れば阿鼻叫喚の地獄絵図である。

今回はこの大作を細かく調べてみた。

f:id:curlchigasaki:20190505194436p:plain

画面向かって右側の柳の幹の左、睡蓮の花と思しきあたり。無数の人間が水に浮き、大蛇に喰われている。睡蓮の花に見える白い物は人間の顔である。水面の光の揺らめきのように見せて人間の身体があちこちに様々な肢体で存在する。大きい人間、小さい人間がいる。大蛇どもが人間の合間にいて彼らを襲っている。

大蛇に見えると同時に人間の身体にも見える部分がある。どちらでも捉えられるように曖昧に描かれているようである。

大きく見れば一段と大きな蛇が上から降りて来ているのが発見できる(イラストで茶色線で示した)。

f:id:curlchigasaki:20190505194513p:plain

その左側、画面中央付近。ここでも睡蓮の花に見せかけた人間の顔、水面の光る波に見せた人間たち、大蛇どもの食事風景である。波間に見える人間たちは過去の生贄の犠牲者たちかもしれない。水と同じ色で描かれている。白っぽい人間が新しく投げ込まれた生贄であろう。

上方から巨大な蛇が降りて来て人間を口に入れようとしている。

f:id:curlchigasaki:20190505194549p:plain

さらに左、画面中央。白い花は人間の顔だが、緑色の葉は大蛇の頭である。人間に喰らい付いている。

大きく見ると上方から巨大な蛇が・・・・と思ったら、ここでは緑の大蛇の頭を眼にした髑髏が二つ見える。

f:id:curlchigasaki:20190505194624p:plain

画面右端にも浮かぶ人間を喰う大蛇が描かれている。

周りの水面に見える人間は大蛇にもどちらでも取れるように、水に溶け込んだような状態で描かれている。

f:id:curlchigasaki:20190505194702p:plain

左側の柳の幹の左。垂れ下がる柳の葉の真下にはいろんな色が置いてある。白いのは人間の顔・・・・? 大蛇の頭にも見える。人間の身体もいろんな捉え方が出来る。この辺が分かり難い。

この画面左下に子供を抱いて蛇から守ろうとしている大人が見える(僕にはこう見えた)。この画面右下にやはり子供の頭二つを胸に抱いて横たわる大人がいる。

f:id:curlchigasaki:20190505194755p:plain

もう少し大きく画面全体で見てみよう。非常に横長の画面の右側三分の一くらいの所。こう見えた。上空から人間を喰いに来た蛇神が何匹も垂れ下がっている。小さいのも細いのも大きいのもいる。木の幹にも人間が含まれているが、これは木の幹に沿って降りて来た巨大な蛇の体内に既に呑まれた人間が透けて見えているのであろう。

(睡蓮の花以外の部分も詳細に調べるべきだが、煩わしいのでやめた。ひょっとして画面の隅から隅まで全て生贄の人間が描き込まれているのかもしれない。)

f:id:curlchigasaki:20190505194848p:plain

横長画面の中央部分。上から降りて来る蛇神も見えたが、別の物も見え出した。

上空で吊り下げられる人間。上の蛇が現在喰っているのかもしれないし、既に蛇の体内に吸収されている状態を示しているのかもしれない。

より大きな生贄の人間像。既に半分白骨化している人間が見え出した。やはり蛇の口先にあり、喰われているらしい。

尻を見せる女の巨大な像も見える。

f:id:curlchigasaki:20190505194938p:plain

横長画面の左の端。上から垂れる蛇神も生贄の大きな髑髏も見えるが、その他に尻を向けた裸の女が何人も見える。柳の葉が作る微妙なカーブは巨大蛇の輪郭を形作るが、女の身体の線も形作っている。すべての女が後ろを向いており、柳の葉が女の髪の毛にも見えるようになっている。

そして全ての尻の間からウンコが垂れているように見える。これは僕の心が汚れているからこう見えるのだろうか。

f:id:curlchigasaki:20190505195017p:plain

画面全体を見るとこんな絵である。パリの中心のテュイルリー公園内の美術館で、人々はお金を払ってこの絵を見ている。仲間が喰われて死んで行く様を描いた絵をである。

画面下方に大きな人間が描かれている(隠し絵で)が、その様子が物悲しい。僕にはこんな風に見えるのだ・・・・左端に子供を抱いた母親が横たわっている。中央やや左寄りに男の背後から抱き着く女、その右に父親の背に乗る子供。そのまた右に小さく子供に覆いかぶさって守ろうとする両親・・・・。

Wikipediaから取った画像をPhotoShopで画質変更し、拡大したり目を細めて見たりしながら、トレースしながらより良く元絵の微妙な濃淡を辿りして行く内にこう言う物が見え出したのである。他の人は別の絵に見える事もあるかもしれないが僕の眼はこう言う画像を捉えた。

f:id:curlchigasaki:20190505195050p:plain

さらにこんな風にも見えた。セザンヌルノワール雪舟と見て来てその全てに見えた「隠し脱糞絵」である。

画面右の柳の幹の左側に大きな尻があるのが最も分かり易いかもしれない。両手も左右に垂れている。その肛門の下に先ほど見た悲劇の人間たちがいる。

これは何を表しているのだろう? 蛇神から見たら人間は単なる餌であり、消化吸収した後は「糞」として排出するべき存在だと言っているのだろうか。

ただこの絵の中に垣間見えた物がある。喰われる人間の哀れな姿に奴ら爬虫類は興味を持っているらしい事である。奴らには無い男女間の愛情・親子の愛等の感情を憧憬を持って眺めているのではないか。