名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

Windows10 起動画面 は人食い蛇が表現されている

天気が悪いので畑仕事はお休み。

前々から気になっていた画像を自分なりに検証してみたので見ていただくことにする。

名画ではなくWindows10の起動画面である。

f:id:curlchigasaki:20190219210933j:plain

以前のWindows7でもブルーの起動画面に線でもって蛇っぽい隠し絵が入っていたが、Windows10になって一段と露骨に気味の悪い隠し絵が入っていて毎日気になって仕方がない。洞窟の中から見たその入り口の海辺の絵である。海や空の明るさが引き立っているが、右側の洞窟の壁が恐竜の顔に見える。

f:id:curlchigasaki:20190219210949j:plain

暗い部分を明るくしてみると恐竜の顔は蛇の連結したものであることが分かる。丹念にトレースして行くと上のイラストのようになった。前の蛇を後ろの蛇が呑むという蛇の連結で壁面が出来ている。上の方には心霊写真のように人の顔がいくつも見えてきた。蛇の口先にも何やら怪しげな形が見える。はっきりとは表現されてないが人間の顔や体がそこにあるのではないか(イラストでそれらしいところを黄色くした)。

砂の中にも蛇がいて、その口の先に人間の体が埋まっているようにも見える。

この部分図の中央の暗い影の所(三角形に窪んだ所)は少し赤みを帯びている。

f:id:curlchigasaki:20190219211004j:plain

その部分の拡大図。赤くなった部分に人の頭蓋骨が4個ほど見えてしまうのはゴッホの絵を検証したことによる思い込みだろうか。

f:id:curlchigasaki:20190219211023j:plain

二つの岩礁も蛇で形作られている。大小さまざまな蛇が寄り集まって岩になっている。

f:id:curlchigasaki:20190219211039j:plain

左側の真っ暗な部分は普通に見ている限りただの暗い影だが、画質を明るく調整すると何かが見えてくる。大きく見れば恐竜が大口を開けた横顔である。眼は左上隅にある。口の中から何か出てきている。あるいは口の中に何かを入れようとしている。それは蛇の横顔が二つ並んでいるようでもあるし、人間の横顔と切断されて断面を見せている足にも見える。また至る所に髑髏が散らばって置かれているようにも僕には見える。

f:id:curlchigasaki:20190219211058j:plain

f:id:curlchigasaki:20190219211115j:plain

全体図の画質変更したものと、イラスト化したものを上に掲げる。

左側に大口を開けた巨大蛇がいる。右側にも上から降りてきた巨大蛇がいる。また真ん中の海辺の見える空間もまた巨大な蛇が形作っている。左上から並んで降りてきた巨大な蛇である。その下の方の一匹は二つの岩礁を眼としているようにも見えるがどうだろう。

非常に分かりにくく、巧みに隠してあるがどう見てもこの写真は「名画の中の人食い蛇」と全く同じ手法で作られている。

絵画芸術だけでなく、大勢の人間が目にするもの全てにこう言った人食い蛇を隠しこんでおくことで人間たちを教育している。