名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

ボッティチェリ「プリマヴェーラ」 やはり巨大蛇の食人図

サンドロ・ボッティチェリ 「プリマヴェーラ(春)」 1477~1478年 ウフィツィ美術館フィレンツェ

f:id:curlchigasaki:20181209205415p:plain

名画と言えばこの絵か、同じ作者の「ヴィーナスの誕生」を思う。横幅3メートル以上の作品である。煤で汚れていたのが、近年の修復でその色彩がよみがえったらしい。

オレンジ園の中央にいるのがヴィーナス、右の花柄の衣装の人物が春の象徴のプリマベーラ、その右がゼピロス(西風)とクローリスとされるが別の説もある。作品名自体も作者ではなく、別の人間が付けたものだと言う。左に三美神、左端の男はマーキュリーまたはマルスだと言う。ヴィーナスの頭上のキューピットの矢は三美神に向けられている。

ギリシャ神話を画題にしたこの絵はトスカーナ地方の大公の宮殿に飾ってあったそうだ。暗い背景に明るく描かれた人物が横に並び、演劇の舞台のようである。風の象徴の起こすものか、人物の衣装が風に吹かれている。ある者のそれは右にまたある者の服は左にたなびく。春の女神が花をばらまき風が吹く春の情景を描いた物なのだろうか。

左端のマルスは荒天をもたらす雲から果樹園を守るためにその雲を棒でつついているそうだ。

f:id:curlchigasaki:20181209205503p:plain

不自然に思えるのは左の三美神より、右の三人の女の方が大きいと言う事である。ここで画面の右半分を縮めてみた。右の三人は左の三人より1.2倍くらい大きかったようだ。大事な人物は絵画芸術上大きく描いたと言う事なのか。

f:id:curlchigasaki:20181209205604p:plain

右の女たちのお腹が皆膨らんでいる。まるで妊娠しているかのようである。

ヴィーナスの右手に掛かった蛇の様な柄の布やプリマヴェーラの両腕の蛇の鱗のような柄が気になる。

三人とも股間に男性器を付けているようにも見える(詳細な画像が手に入らないので確認できないが)。プリマヴェーラは胸も小さく顔も男っぽい。

f:id:curlchigasaki:20181209205654p:plain

左の女たちも同様に腹が膨らんでいる。キューピットの矢の先は左端の女神の腹に向かっている。この絵は妊娠した女たちを描き、人間の増産を図っているのだろうか。

f:id:curlchigasaki:20181209205746p:plain

キューピットは何故か目隠しをしている。

手にする弓は明らかに蛇である。上の蛇・下の蛇の二匹で出来ている。蛇の横顔の眼や口が見える。矢の先に付いている火のような物も蛇である。翼は白い蛇であり、上から肩を咥えている。

f:id:curlchigasaki:20181209205833p:plain

風の精霊ゼピュロスとされる人物はデカい蛇に咥えられて瀕死の状態である。既に血の気が無い。細かく見れば胸・肩の部分や左足も蛇に成り代わられており、人間の部分は顔と両手だけである。空中を飛んでいるのではなく、大蛇に咥えられて持ち上がっているだけである。

f:id:curlchigasaki:20181209205925p:plain

春の訪れを告げるにしてはこの三美神、無表情である。皆口角が下がってとても楽しそうには見えない。

f:id:curlchigasaki:20181209210016p:plain

中央のヴィーナスも冷たい表情である。プリマヴェーラは無表情で、しかも結構年を取っていると見える。ほうれい線が見える。春の象徴ならばもっと若い女を描いた方がよい。もしくは先ほども書いたが男の顔である。

右端の女だけは驚いた表情である。大蛇に喰われている男の手が体に触れていてそれで逃げているのだろう。

f:id:curlchigasaki:20181209210134p:plain

画面の上方を画質を変え、トレースしてみた。この作業をする事でより明細が見えて来る。上方のオレンジの樹は上から降りて来る巨大な蛇である。そいつらの口から小さめの蛇が出て来てそれが樹の幹に見えるように描いてある。その蛇どもは地上の全ての人物の頭に喰い付いている。

人物たちの身に着けている衣服もまた蛇である。体に巻き付いている。三美神の体にある薄い布も蛇である。また皮膚が露出していると見える部分も大抵蛇が張り付いている。なぜそう言えるかと言うとうっすらと蛇の眼と頭のふくらみが見えるからだ。人物たちの人間の部分は顔と両手両足だけ、例によって蛇による食人の図である。

f:id:curlchigasaki:20181209210237p:plain

画質をさらに変えてみた。合わせて眼を細めて画面全体を眺めてみるとまた別の物が見え出す。

f:id:curlchigasaki:20181209210322p:plain

暗い部分のわずかな濃淡の差を追って行く。人物や木々の形にこだわらず、二次元の画面に見える物をそのままイラスト化する。するとこんな絵になった。

上方の巨大な蛇はさらに大きな蛇の頭になる。ヴィーナスは聖母マリアと同じく下半身が大蛇の化け物に見え出した(イラストでは胴体が右下に繋がる形にしたが、女の頭の後ろにあるモヤッとした低木がこいつの胴体であるのかもしれない)。ヴィーナスの頭の後ろのアーチは巨大蛇の正面を向いた顔である。その上にも同じような顔が重なっている。後ろから噛み付いて繋がっているらしい。

マルスの右手あたりから画面中央、ヴィーナスの頭の上を通ってプリマヴェーラの頭に噛み付く巨大な蛇がいる。マルスが棒でつつく雲のあたりから画面を横切る半透明の巨大な蛇、次元を超えた存在なのだろうか。

地面にもデカいのがうじゃうじゃいる。小さく見れば人物の足に噛み付く蛇、大きく見れば後ろから迫り下向きの顔を覗かせた大蛇に見える。(ただ作品の汚れのせいか、修復の具合のせいか分からないが、はっきりとは見えない。)

何にしろこの絵も人間が巨大蛇の食糧になっている事を示している。

画面右の三人の女は人間では無く、蛇神の遺伝子を強く受けた生物だろう。蛇神がこの地球に人間を創る時、最初に創った類人猿と蛇型宇宙人のハイブリッドかもしれない。一代交配であり、体が大きく男女の区別は無かったのかもしれない。

左の三人の女と右端の風の精霊は人間だろう。ただ喰われているだけである。

左端の男の動作が良く分からない。雲の中から出て来る四次元の蛇神を棒でつつくと言うのは何を意味しているのか。ひょっとして日本神話のヤマトタケル的な存在なのか。オロチ(大蛇)に立ち向かい戦う者を表しているのか。