名画の中の人喰い蛇

美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

ダヴィンチ・ヴェロッキオ 「キリストの洗礼」 イエスはUFOに乗って来て人肉を用意する

レオナルドダヴィンチ(ヴェロッキオとの合作) 「キリストの洗礼」 1472~1475年 フィレンツェウフィツィ美術館

f:id:curlchigasaki:20181122214523j:plain

この作品は以前も見たが、その時は部分だけを見て全体は見ていなかった。ダヴィンチはあまりにも謎が多くこの作品も検討するのに手強かったからである。今回は画面全体を見て分かった所を書く。

洗礼者ヨハネが川でイエスキリストに洗礼を授けている。イエスの傍らに彼の衣服を持った少年が二人控えている。

不思議に思うのはヨハネの硬い表情、鋭い視線、伸ばした右腕の変な形、左手に水かきがある事、上空の鳥がUFOっぽい事、画面左の樹が蛇っぽい事等である。川の中の表現も何か怪しい。

前回気付いたのは、少年二人が顔に殴られた跡があり、虐待されている事、手前の少年の足が切られていてその切断面が見えている事、奥の少年は体が無く、大蛇に喰われている事であった。またイエスはチンチン丸出しの変質者である事も発見した。

f:id:curlchigasaki:20181122214543j:plain

画質を変えるとはっきり見える。イエスの腰布の上にチンチンが突き出ている。その影まで見える。キリスト教などインチキ宗教だと作者はこれで表しているのだろう。

f:id:curlchigasaki:20181122214557j:plain

少年二人の顔。左手前の少年がダヴィンチの描いた物で、右の顔がヴェロッキオの作とされる。左の少年は眼の上が腫れて殴られた形跡があり、右の少年も虐待されて顔が普通ではない。絵の技量の差ではなく、どちらも実際の顔を忠実に描いてあるという点では変わり無い。

f:id:curlchigasaki:20181122214616j:plain

手前の少年の左足は膝から先が無く、切断面が出ている。筋肉の筋が草の様になってはいるが赤い血が流れているのでそれが分かる。

前回見えなかった川の中、切断された手足がバラバラと置いてあるのを今回発見した。少年たちの手足だろう。画面の一番手前に生贄の人肉を配置するのはフェルメール等後世の画家たちと同じである。散らばった手足に大小さまざまな蛇どもが喰い付いている。

f:id:curlchigasaki:20181122214632j:plain

ヨハネの腕が前々から変だと思っていた。画面上で上腕部を切り取り上下さかさまにし、角度を調節してはめ込んだら割としっくりくる絵になった。

作者は何故腕を逆さにして描いたのか分からない。イエスは悪魔であり善と悪が逆だと言いたいのか。

f:id:curlchigasaki:20181122214651j:plain

洗礼者ヨハネとして描かれているこの人物もどうやら食糧となるべき人肉であるらしい。全身が大蛇に巻き付かれ、喰われている。白い衣は後ろの岩場から回って彼の体に取り付いているらしく、黒い皮の服になっている大蛇も下から這い上がっているようだし、青い衣も左下の水面から登って来ているようである(僕にはそう見える)。

左手があまりにも筋張っていて指の間に水かきがあるように見えるが、これは恐らく皮が剥がれているからだろう。左手先から字の書いてあるリボンが出ているがこれが剥がれた皮ではないか。左手の肘から指先にかけて皮膚が無く肉の筋が露出しているようである。大蛇に剥がされたらしい。左足も同様である。

f:id:curlchigasaki:20181122214709j:plain

空にUFOが飛んでいる。鳥の様な形になっているのは後世の加筆か(上図右)。

画面右上にある森はUFOの着陸場である。画質を変えるとヨハネの持つ十字架の後ろに大きな円盤型UFOが着陸しているのが見える。その岩場は射出しやすいような形で、日本の清水寺の舞台を思わせる。日本古代の長い階段を持った神殿の造りも思い起こさせる形である。岩場の下の方には洞窟の穴が開いていて(ドルメン)、恐らく食糧としての人間を保管しておいたのだろう。日本ではここは鳥居の有る神社と言う事になるか。UFOの空港兼食堂である。

画面左の変なヤシの木に似た物は蛇の横顔が葉になっている。そこにもUFOが飛んでいる。向こうに山にもUFOが着陸しているようだ(上図左)。

f:id:curlchigasaki:20181123192522j:plain

全体を目を細めて見るとこんなのが見えて来た。

空には巨大な蛇の顔がたくさん並んでいる。上から伸びた手と鳩でも蛇の顔を作っている。空から降りてきた巨大蛇である。イエスの頭を咥えるやつ、イエスの左右にいるさらに大きなやつも見える。イエスの背中後ろにいるのは空から降りてきたやつに咥えられている。その巨大な蛇は岩や川の形を借りている。イエスの足の後ろにもいる。だから巨大な蛇は後ろの蛇が前の蛇を咥え、何段にも上下に重なってお供え餅の様になっている。

そして画面全体にわたって最も大きな蛇の頭がある。上空から降りて来て川の中の人肉を口にしているのは最上階級の蛇神だろう。

こんな風に小さく見ても大きく見ても捉える事が出来る絵を描けるのは作者が人間では無い証拠だろう。または爬虫類遺伝子が強い人間が蛇型宇宙人の技術を借用してプリントアウトしたに違いない。

エスの体は腰から下が大蛇になっている(多くの聖母像の様に半人半蛇になっている)可能性があるので辿って見ると、イラストの様にちょうど少年たちの体を呑み込むように通っているように見えた。これはフェルメールの「取り持ち女」で蛇女の胴体の中に人間の手足が呑まれたように描かれているのと同様な表現となる。

すなわちUFOに乗って食糧貯蔵庫に降りてきた蛇型宇宙人が巨大蛇神の為に生贄の人肉を用意している。イエスは蛇型宇宙人であり、左右にいる洗礼者ヨハネや少年たちが食糧となる人肉そのもの。そんな絵である。

まだまだ疑問点が残るが、今の所の解釈はこんな所である。