畑・生き物・美術

畑にある命・美術品が教えてくれる命の意味を農作業しながら考える。

アングル「奴隷のいるオダリスク」 冷血爬虫類の食人

台風24号のせいでビニールハウスが損壊したのでその補修に時間が掛かっている。風速40メートル近くの風にビニールは破れ、パイプも曲がったので、一部解体し、曲がりを直してから再び組み立てるつもりだ。気長にやって行こう。

 

ドミニク・アングル 「奴隷のいるオダリスク」1839~1840年 ハーバード美術館

f:id:curlchigasaki:20181004210057j:plain

ルーブルの有名な「グランド・オダリスク」ではないのは、こちらの方が面白そうだったから。(この絵とほとんど同じ題の絵が2年後くらいに再び描かれ、アメリカ・ウォルターズ美術館にある。)

イスラムの君主のハーレムに仕える寵姫。楽器演奏者と奴隷が描かれている。この絵にも不自然な所が多くある。

f:id:curlchigasaki:20181004210155j:plain

画面右下にあるのはアヘン・ヘロイン等の薬物吸引器だろうか。

f:id:curlchigasaki:20181004210208j:plain

女は薬物のおかげで別世界に憩っている。素っ裸でも平気である。目の周りが黒ずんでいるのは中毒になっているからか。

ただ気になるのは女の口。舌(?)を出しているが、上唇の下に見えるのは牙か?名画の中の人物は爬虫類人ばかりだからこの女もそれだろう。舌に見えるのは蛇の顔かも知れない。

f:id:curlchigasaki:20181004210225j:plain

見事なプロポーションのこの女、股間に異様な物が付いている。薄い布に透けて見えるのはオチンチンではないか。股の間から顔を出した蛇にではなく、見れば見るほどオチンチンである。この女は女ではなく、豊胸手術をしたニューハーフ? 訳が分からない。社会的な評価の高いアングルが密かにふざけて一人楽しんでいたのか。

f:id:curlchigasaki:20181004210244j:plain

前回「ドーソンヴィル伯爵夫人」で、腕を異常に下に下げて描かれていたのと同様、この楽器演奏者も手足の位置がおかしい。上図右に正しいと思われる位置に修正してみた。両腕は肩の所でずれているのでより近づけた。足は左足が長すぎる、または胴体と離れているので足首から下を右上に上げてみた.足はこれでもまだ違和感がある。この左足は切断されて床に転がされているかのようである。

f:id:curlchigasaki:20181004210311j:plain

この女(胸のふくらみがほとんどないので男かも知れないが)は、口からミミズのような物を垂らしている。絵の傷みによるヒビではない。よく見ると2~3匹の小蛇が口から飛び出ている。こいつも人間ではない。

f:id:curlchigasaki:20181004210331j:plain

奥の奴隷は自分のチンチンを握りしめている。真ん中で割れた着物の間から取り出し、左手の親指と人差し指の間に亀頭を見せて握っている。

ふざけた野郎だ。f:id:curlchigasaki:20181004210351j:plain

全体を見ると上図右のイラストのようになる。

楽器奏者は手足・頭を蛇に噛まれている。手足は噛み切られ、その切断面に蛇がいてそれを咥えて繋いでいる。右足は大蛇に取って代わられ何処か他所に行ってしまっているのか多分無い。画面左下の、何かの容器の手前にある茶色い物体がひょっとして切断された右足かも知れない。

横たわる女(チンチン付きの)は、髪の毛・薄い布等が全て蛇であり、それらに巻き付かれている。拡大してよく見ると体と手足の境目がはっきりしていて、蛇の食人を示唆しているしているかもしれない。

部屋の壁には上から下がってきた大きな蛇どもが例によって描かれている。右の赤いカーテンは分かりやすいが、真ん中のオレンジ色の柱も大蛇であるようだ。

f:id:curlchigasaki:20181004210415j:plain

奥の奴隷が顔を向けている方に何かある。モネの「昼食」では、メイドの目線の先にはパンに見せかけた子供の肉塊があった。ここでも何かあるはずだ。

画面左側には・・・・噴水? 部屋の中に噴水?

楽器奏者の右肩のすぐ後ろに何か人間の手のような物が2つか4つ見えている。その上の物は何か?f:id:curlchigasaki:20181004210433j:plain

人間の上半身に見える。大蛇たちに齧られ、しゃぶられ、半ば白骨化した人間がそこに立っているように見える。その頭と思える場所が赤い。血の流れのようである。頭の上に大蛇が喰い付いているようにも見える。

変わり果てた人間の右側には巨大な蛇が上から降りて来て喰い付いている。またさらに巨大な蛇が後ろににもいる。大口を開けている。その後ろにまた巨大な蛇が・・・・。これらの巨大蛇どもは楽器奏者の頭に喰い付いているようにも見える。オレンジ色の帽子も白いターバンも蛇で出来ているかたそれを咥え込んでいる。

 

なんて恐ろしい表現なんだろう。アングルは几帳面に丁寧に絵を仕上げる画家かと思っていたら、こんな残酷な、崩れた死体の表現をさりげなく入れ込むなんて、冷血爬虫類を恐れて従う事しかできなかったのか。